博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

エリザベート(内野×鈴木×パク)【帝国劇場】

ミュージカルは好きでしたけど、ものすご~く好きな訳ではありませんでした。 が、それが“とっても好き”に変わったのは2001年10月の博多座で観た【エリザベート】がキッカケでした。
今年も10月に博多座で上演されますが、一足早く、お江戸で観劇できる機会に恵まれましたので、観て参りました♪
予想していたよりも演出はかなり変わってまして『感動のあの舞台との再会』への期待は軽く裏切られました。 エリザベートの登場は、なるほど上手い!と思いましたが、ラストは断然前の演出の方が好き…という具合に前回とことごとく比べての観劇で、前半はなかなか舞台に入り込めませんでした。 で、グッと入れたのは【ミルク】から。 やはり大勢で歌い上げるタイプのものに弱いようです、私。
聞いてはいたものの電光掲示板のセットや、やや目障りなくらい踊りながら、大道具さんと化すトートダンサーズなど「う~ん」な点は博多座公演の際には変わっているのでは?と期待しております。 しかし、真っ正面のみの演出ではなく、舞台を斜めにつかった…正面の方向を替えながら…という演出は面白かったです。 が!やはり回り舞台の方が何かとスムーズですね。
今回はエリザベートの衣装も変わり、彼女自身もより自我が強いちょっと傲慢な女性という感じが際立っていまして、共感を覚えず「この舞台は誰に感情移入して観たら良いのだろう?」と戸惑いました。 が、新曲も加わり、皇太后ゾフィのキャラクターや皇太子ルドルフの孤独が厚くなっていて良かったです。
内野さん@トート。 相変わらず色っぽいです。 今回はエリザベートが我がまま放題のちょっとギスギスした感じが際立った印象だったので、トートの艶かしさがより強調して感じられました。 トートのヅラは今回の方が内野さん似合ってます♪ そして…歌ですが失礼ながら「ビックリするほど上手くなってる!」「安心して聴ける!」 ご自分のアレンジも結構加えられて、聴かせていただきましたよ~。 ただ、結婚式の時の“大司教”やオペラの時の“マエストロ”は以前のような衣装替えを切に希望します。ラストは…真っ白な二人が昇天する感じが…いいので。
青い旗 キャスト
トート:内野聖陽/フランツ:鈴木綜馬/ルドルフ:パク・トンハ/エルマー:藤本隆宏

関連記事

ミュージカルおぼえ書き

ラ★カージュ・オ・フォール【北九州芸術劇場】

今公演が発表された時から『9年振りの再演』『市村ザザ☆ファイナル!』に加えて、相手役のジョルジュが鹿

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ラブ・ネバー・ダイ【日生劇場】

濱田さんがクリスティーヌ?!ってだけで遠征決定☆ 【オペラ座の怪人】は苦手演目なのですが、四季時代に

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ピーターパン【北九州芸術劇場】

これって“ブロードウェイミュージカル”なんですね…って事は会場に行って初めて知りました!(ホリプロの

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

サ・ビ・タ【大野城まどかぴあ】

2008年日本初演以来のオリジナルキャストでの再演。 今回の上演に先駆けて昨年11月に同会場にて行わ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

モーツァルト!(中川晃教)【帝国劇場】

2005年11月の博多座公演千穐楽以来の観劇。 考えると初演~再演~再々演と観続けてる作品って…私

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート【シャルロッテシアター】

韓国在住の妹のを訪問した際、私は【レベッカ】が観たかったのですが有名な俳優さんが出ていて人気公演らし

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

TOMMY【日生劇場】

英国のロックバンド、ザ・フーのアルバム【TOMMY】はロックオペラというスタイルで1969年にアルバ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ウーマン・イン・ホワイト【青山劇場】

2004年にロンドンで世界初演後、翌2005年にブロードウェイ、そして本年についに日本!となった作品

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

パイレート・クィーン【梅田芸術劇場】

上演が発表され、キャストを知った時【マリー・アントワネット】の二の舞になりそうな…何故かイヤ~な予感

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ジャージー・ボーイズ【久留米シティプラザ】

2016年4月27日、旧井筒屋跡にグランドオープンしたこの劇場に今更ながら初めて行ってきました! し

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 蜜蜂と遠雷(1〜3日)

    ●昼の部/12:00~14:50
    ●夜の部/17:00~19:50

    Après Toi(15・16日)

    ●昼の部/12:00~14:10
    ●夜の部/16:30~18:40

    VOICARION(22・23日)

    ●昼の部/
     22日=13:30~16:20
     23日=11:00~13:50
    ●夜の部/18:30~21:20

    北島三郎(28〜30日)

    ●開演/14:00~

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑