博多ざ・んまい博多ざ・んまい

ライオンキング【福岡シティ劇場】

2005年5月に秋劇場で観劇して以来の【ライオンキング】です。 福岡バージョンとなると…一体どのくらい振りの観劇になるんだろう?
ちなみに初めて観たのは、ここ福岡シティ劇場にて2001年5月19日ソワレ。 その時のキャストは…
ラフィキ:青山弥生/ムファサ:ひのあらた/ザズ:伊藤謙吉/スカー野中万寿夫ヤング・シンバ:池松壮亮/ヤング・ナラ:西山瑛里/シェンジ:高島田 薫/バンザイ:大塚道人/エド:中條郁司郎/ティモン:安福 毅/プンバァ川原洋一郎シンバ:坂本健児/ナラ:濱田めぐみ/サラビ:森 以鶴美
男性アンサンブルには、今公演と唯一同じ阿川健一郎さんもご出演でした。
約7年の時を経て、野中スカーと川原プンバァに再会出来た懐かしさと…そして今となってはもう観る事が叶わない良キャスに涙悲しい ヤング・シンバ役の池松壮亮くんに至っては今や俳優さんになっちゃってハリウッド映画【ラストサムライ】にまで出演してるんだから驚きです!

見る リハーサル見学会
まず客席に入る前にロビーで役者の小林英恵さんから“リハーサル見学会とは”というような説明があり一同中へ。 リハーサルの様子を小林さんが参加者に時折解説を加える…という初体験のスタイルでした(非会員でも参加可)
リハは…シンバがムファサに付いて猟りの練習(影絵)~草むら隊+パペットの親子ライオンの猟り~雌ライオンの猟り…という各シーン、だったかな? 影絵も役者さんが動かしているとは驚きました。 そう言えばスカーとの最後の対決シーンでも動く巻き幕の中で役者さんが操作してましたね。 この作品でのリハーサル見学会には初めての参加でしたが、すっごく面白かったです! 今まで参加したリハ見の中で一番見応えがあった!というと語弊がありますが(これはご贔屓役者が居ないので全体がよく観れた…という要素が強い)本篇では皆パペットを身につけているので、どういう表情や体勢を取って演じているのか?というのが「なるほど!ガッテン!」な所が多々ありました。
質疑応答参加者は小林英恵さん田中彰孝さん野中万寿夫さん遠藤珠生さん阿川健一郎さん。 印象的だったのは『四季を目指したキッカケは?』で、野中さんは大学生の時JCSを観て、田中さんは福岡シティ劇場開場公演のオペラ座の怪人を観て。 田中さんは「この辺の席に座って観てたんですよね~」って、1階席上手前方席を指してました♪

鉛筆 それでは以下、本篇の感想をば…

改めて「良く出来た作品だなぁ」とまたしても思わされました。 今回は“ファミリーゾーン”という席種も設けられている上、作品としてもお子様率がビジョ~に高い客席ですが…幼稚園児団体に遭遇したこの日も子供達の上演中の舞台観劇の集中力は素晴らしく、それだけ惹き付けて飽きさせない魅力に溢れているんでしょうね。 やっぱりこ~ゆ~タイプの作品が福岡には似合っているのかも…と開幕して数ヶ月経った平日なのにそこそこ埋まっている客席を観てそう思いました。
前回、秋劇場で観劇した時に感じた物足りなさは…やっぱりティモン&プンバァの方言による所が大きいんだなぁ、と今公演で確信。 江上健二さん@ティモンネイティブの博多弁(九州弁)だから、微塵の違和感もなくポンポンポン機関銃のように繰り出すセリフは耳に小気味良く痛快に笑えます! と~っても聞きたかった「シンバァ~、助けちゃれぇ~」を久々に聞けて嬉々♪ プンバァも博多弁だとよりお~っとりした感じが出て二人のキャラ対比が際立つような気がするのは…気のせいでしょうか?
四宮なぎさちゃん@ヤング・ナラが美人さんでビックリ! 未来の王妃たる風格がある…と言いますか? 子供ながらに“凛とした気品”がありました。
(追記:7/3マチネの保坂朱乃ちゃんもこれまた美人ナラでした☆)
特筆すべきは全体コーラスの迫力! “出演者一丸となって渾身のハーモニー”ってな感じの熱さが沸き上がってくる感じ(ソロ…となると弱いのですが) ロングラン公演にあってあの水準を保つには、あの日々の練習とリハーサルにあるんだなぁ…と思った次第です。
さて今回のロングラン公演はどのくらい続くのでしょうか? 今のところ手元にチケットはありませんが…また行く事があれば書き留めたいと思います♪

劇場 以下、今公演期間中観劇したキャストを追記予定↓
01. 月 2008.6.17(火)リハーサル見学会
ラフィキ:鄭 雅美/ムファサ:内海雅智/ザズ:岡崎克哉/スカー:野中万寿夫/ヤング・シンバ:平山 祥/ヤング・ナラ:四宮なぎさ/シェンジ:松本昌子/バンザイ:本城裕二/エド:キム リュンホ/ティモン:江上健二/プンバァ:川原洋一郎/シンバ:田中彰孝/ナラ:熊本亜記
02. 晴れ 2008.7.3(木)
ラフィキ:鄭 雅美/ムファサ:内海雅智/ザズ:岡崎克哉/スカー:野中万寿夫/ヤング・シンバ:福島滉史郎/ヤング・ナラ:保坂朱乃/シェンジ:松本昌子/バンザイ:本城裕二/エド:キム リュンホ/ティモン:江上健二/プンバァ:荒木 勝/シンバ:飯村和也/ナラ:熊本亜記

関連記事

劇団四季おぼえ書き

クレイジー・フォー・ユー【四季劇場・秋】

昨年の10月・広島公演以来の観劇。 今回は、荒川務さん@ボビー×木村不時子さん@お母さんでしたので

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アラジン【四季劇場・海】

劇団四季ディズニー第5弾として2015年5月24日(日)開幕後も、その人気は全く衰えることなく大人気

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

人間になりたがった猫【宗像ユリックス】

福岡シティ劇場にて2004年夏に観て以来の観劇です。 ファミリーミュージカルの中でも一番好きな作品な

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(4)リハ見+西ベルデビュー【広島・ALSOKホール】

今回は唯一、発売日に確保していたチケットでの遠征観劇。 吉谷コッグスワース&道口ルミエールは「東京ユ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【福岡シティ劇場】

『日本のミュージカルはこんなに面白いものだったのか。』というキャッチフレーズと、怪しげなポスターで「

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・リトルブリンセス&プリンス特別カーテンコール【福岡シティ劇場】

え~、白状しますと…本日で福岡公演8回目の観劇となります 初日開幕からチョコチョコ配役の変更はあって

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アイ-ダ【大阪MBS劇場】

【Song&Dance2】で照明に感動していたら「だったら是非【アイ-ダ】を観てみて」と薦め

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・千穐楽【福岡シティ劇場】

昨年2005年5月8日に開幕しロングラン公演を続けていた【美女と野獣】が通算公演回数238回をもって

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

夢から醒めた夢【四季劇場・秋】

他キャストについては昨日ソワレで語ったので、今日のレポートは今公演でま・さ・か!のデビューとなった“

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

壁抜け男【自由劇場】

1999年の福岡初演時に1度見ただけで、今回はそれ以来の観劇。 その時のパンフレットを引っぱり出す

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 氷川きよし劇場コンサートツアー2021(6・7日)

    ●昼の部/13:00~15:00
    ●夜の部/17:00~19:00

    林家木久扇芸能生活60周年記念落語会in博多座(10日)

    ●昼の部/11:00~13:30
    ●夜の部/15:00~17:30

    羽世保スウィングボーイズ(16〜27日)

    ●昼の部/11:00~14:00
    ●夜の部/16:00~19:00

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑