博多ざ・んまい博多ざ・んまい

美女と野獣(7)千穐楽【広島・ALSOKホール】

今年2月17日開幕から約4ヶ月間、総公演回数105回で12万人もの動員達成したそうで、本日【美女と野獣】広島公演千穐楽を迎えました。
私的には3月中旬から思いがけずの広島通いで、よ~やく本日にて解放。 近隣(←もはやこの感覚が怖い~)での公演が終わってしまって寂しいけれど…財政が破綻しかけていたので、ホッとした…というのが正直なところ汗
結局、終わってみれば、危惧していた通り福岡BB時投資金額を軽~くオーバー冷や汗 総決算は怖すぎるのでヤメておきます汗 10回観劇。
広島BB千穐楽
前回観劇時には「あら~」な寂しい客席でしたが、ロビーには真っ赤なバラが沢山に飾られていて千穐楽独特の熱気を帯びた華やかで満席の客席は、ひとつひとつが打てば響くような反応で熱い!重厚! 大半が熱心なリピーターでしょうけど、初見の方もいらっしゃるのか?新鮮な素直な反応もあり、ひとつひとつのナンバーへの拍手が大きくて長い! この空間で一緒に観劇していて「楽しい♪」「嬉しい☆」  舞台って、演じ手と観客が一体となって作り出す空間なんだなぁ…と改めて思った次第。 客席の熱さが明らかに演じ手をノセて…の相乗効果が本当にスゴかったもの!
福岡BB千穐楽ではアクシデント続発でしたが汗(これはこれで思い出深いものが~)、本日は田島ガストンがちょこっとセリフを噛んだくらいで、他は目立ったミスもなく~♪

この広島公演、プリンシパルの柳瀬大輔さん@ビースト織笠里佳子さん@ミセス・ポット、そしてアンサンブルさんも何人か完投されたようで…お疲れさまでした。 柳瀬ビーストは、期間後半は歌が残念な事になってましたが、演技が素晴らしく更に深~くなり、織笠ポットは福岡BBのタンス夫人デビュー時の「硬っ汗」が嘘のような、自然な演技の成長ぶりは(何様発言失礼!)目を見張るものがありました。 織笠さん、若いのにすっかり母親路線ですが…もはや貴重な存在に成長されたかと。 ただ最後まで「どうしたらイイか分からん!」というビーストに駆け寄る時の歩みが高速ダッシュ!の機敏さで若者ぶりを隠せませんでしたけど~。
今公演でデビューされた方で唯一、小川美緒さん@バベットが拝見出来なかったのが残念でしたが(中島徹さん@ルフウも今期デビュー?だったらこちらも拝見叶わず~)、他のキャストは全て観劇叶いまして様々なバリエーションで楽しめました♪ 夏の静岡~秋の仙台公演では、皆さん更に進化されるでしょうし、新キャストデビューがあるでしょうから…気になる所ではありますが『広島公演、悔いなし!』なので、本日の千穐楽をもって私“2008年BB納め”となりました~。 道口瑞之さん@ルミエール×青羽剛さん@コッグスワースのコンビネーションがすっごく良くなっているので、その進化の過程を追いたい…のが本音ではありますが汗
通常カーテンコールの後、再び幕が上がると『ありがとう広島・千秋楽 2008.6.8』のパネルをセンターにして居並ぶキャスト。 割れるような拍手の中、道口さんが一歩前に進み出てご挨拶~、あ、ごあいさつ~♪ イベント満載だった福岡BBでは、司会&挨拶役=ルミエールが常だったので、人間ルミエール姿で話す道口さんは見慣れた光景でしたが、本公演では初遭遇だったので、私テンション↑(他に挨拶しそうなキャスト多数だったし) 途中、大きな拍手に「あっ、有り難うございます」と笑顔ペコリ…でしたが淀みなく述べる口上に更に感動~。 道口さん、遊佐さんはユタ千穐楽→広島BBと休みなく移動の~楽まで完投でしたから…本当にお疲れさまでした!
何度も続くカーテンコールではBOGもあり、本篇では観る事が出来ない王子やガストン&ルフウ、モリースが歌い踊る姿がなんとも可愛らしい♪ 最後のキメ☆のポーズで田島亨祐さん@ガストンは通常カテコのキメポーズ、遊佐真一さん@ルフウも両襟を左右に引っ張って寄り目~と、最後までキャラを演じていたのが印象的でした♪
作品としてやっぱり大好き【美女と野獣】

劇場 キャスト
ビースト:柳瀬大輔/ベル:坂本里咲/モリース:喜納兼徳/ガストン:田島亨祐/ルミエール:道口瑞之/ルフウ:遊佐真一/コッグスワース:青羽 剛/ミセス・ポット:織笠里佳子/タンス夫人:竹原久美子/バベット:有永美奈子/チップ:川良美由紀/ムッシュー・ダルク:田辺 容

関連記事

劇団四季おぼえ書き

ノートルダムの鐘【四季劇場・秋】

フィーバス以外は前観劇時と違うキャスト! 演じる役者さんによってフロローの印象は随分変わる作品である

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(2)【広島・ALSOKホール】

今回の速攻突発遠征の原因は【吉谷昭雄さん@コッグスワース×道口瑞之さん@ルミエール】という最高に好き

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

王様の耳はロバの耳【福岡シティ劇場】

この夏、福岡シティ劇場では“劇団四季のファミリーミュージカル”2作品が連続上演!…という事で観てきま

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

マンマ・ミーア!【大阪四季劇場】

お江戸遠征はいつもギリギリの日程しか組んでいないので、歌舞伎座と海劇場が徒歩移動も可能な距離と知りな

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

オンディーヌ【メルパルクFUKUOKA】 

昨年より『観たことがナイ四季作品は一度観てみよう』キャンペーン中の私は、とりあえず観た事がナイ作品が

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

魔法をすてたマジョリン【宗像ユリックス】

劇団四季のファミリーミュージカルは…以前、仕事でその設立の経緯や活動理念を伺う機会があり、その企業姿

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

CATS 【キャッツ・シアター】

前観劇から半分くらいキャストが入れ替わっていたようです(キャスト表を見ないと判らない私)。 今回は猫

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

マルシア@アイーダ【福岡シティ劇場】

この作品は、劇団以外からの外部出演が比較的多い作品との認識はありましたが、まさかタイトルロールの主役

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・千穐楽【キャナルシティ劇場】

キャナルシティ劇場で、3月13日に開幕した劇団四季【美女と野獣】、8月28日の千穐楽公演に行ってきま

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

エビータ【四季劇場・秋】

初観劇の演目でした。 「ストーリーも歌もセットも…とにかく内容盛り沢山だから予習して観劇した方がより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 氷川きよし劇場コンサートツアー2021(6・7日)

    ●昼の部/13:00~15:00
    ●夜の部/17:00~19:00

    林家木久扇芸能生活60周年記念落語会in博多座(10日)

    ●昼の部/11:00~13:30
    ●夜の部/15:00~17:30

    羽世保スウィングボーイズ(16〜27日)

    ●昼の部/11:00~14:00
    ●夜の部/16:00~19:00

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑