博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

美女と野獣(6)+リハ見【広島・ALSOKホール】

実は…すご~く待っていた田島ガストンの登場です! 田島ガストンアニメから抜け出てきたような“まんまガストン”は、一番回数観ているようで…そうでもなかった事に気付きました汗 京都BB時では長期登板でしたが、福岡BB時は前半途中の2ヶ月間くらい?もっと?で、一度抜けたら…二度と戻って来てくれなかったので「また田島ガストンが観たいっ!」という気持ちがすご~く強かったんです。
前観劇時から主要キャストも結構入れ替わっていたうえ、リハーサル見学会も開催されたので、千穐楽まで我慢するつもりが…突発しちゃいました汗(だってキャスト替わっちゃうかもしれないし~)
見る リハーサル見学会【Be Our Guest】
またしてもBOG(4/11=BOG、4/18=Human Again、4/25=Gaston、5/16=BOG)…って私は4/18しか参加していないけど~。 ほぼ全篇通しで、ダンスキャプテンの石野喜一さんの厳しい指導が飛んでました。 ベルとナプキン’Sのカンカンって、あのスカートがナイと「どんだけ足上がってんだよ!」とビックリするくらいの上がりっぷりと回転具合である事が判明。 ALSOKホールの舞台は奥行きがナイようで、ベルとルミエールを芯にしてナプキン’Sが連続ターンで回転するシーンでは円の中側に入りがちで位置キープが難しいようでした。 ルミエールが音に合わせて上手から下手へお皿の上をピョンピョン飛びながら下りてくるシーンでは、重装備衣装がナイ故にすっごい跳躍で「道口さん、超身軽~♪」 一番印象的だったのはショーを終えてベルの反応を伺う一同の表情についての指導。 「あ~、美味しかった~☆」というベルの一言を聞くまでの期待と不安が入り混じった表情と緊張感をきちんと表すように、と。 本篇ではその一言後の皆の爆発した喜びっぷりがすっごく良かったです♪
質疑応答は田島亨祐さん進行で、世登愛子さん細見佳代さん上出匡高さん
以下本篇の感想を各キャストごとに…

よつばのクローバー 喜納兼徳さん@モリース
この広島公演でデビュー☆ お目めパッチリで表情が大きいので感情が解りやすく、お腹ポッコリだけど全体的にスマートな印象のパパ。 手がスッとしていてその表情が奇麗です。 「世界的な発明家になるわ」とベルに言われた後の「本気かい?」は「だろ~?」的な言い回しで優勝する気マンマンです。 ベルがふと見せる寂しげな表情に曇るパパの表情も見所。 お守りのマフラーもすっごく嬉しそうです(優勝を確信したようです?!) お城でバベットに絡まれた時のデレデレっぷりがイイ♪ 歌は言わずもがな高安定。
よつばのクローバー 田島亨祐さん@ガストン
雅彦さんからお名前が変わっては初ガストンですよね☆ もう観てるだけで顔がほころんじゃう筋肉バカっぷりの憎めない愛嬌は田島ガストンならでは♪ ベルから取り上げた本を見て「絵がナイじゃ~ん!」で笑いが起こるのは「あ゛~、この男アホやな~」とガトストンのキャラを強烈に印象付ける大切なポイントだと思うんです(野中ガストンは全く笑いが起こらず) プロポーズでベルの声マネ「Oh~ Yes~♪」はホント笑える☆ スィリーガールズに言う「いつも“あいぶき”してやる」ってのは、ちょっと難しい言葉をカッコつけて言ってみた結果“逢い引き”を上手く言う事が出来なかった…というガストンのアホっぷりを表しているセリフなんだそうです(リハ見:田島談) 深いな~。 印象的だったのは、助けを求めてモリースが酒場にやって来た時「ベルが捕まった!」と聞いて最初は本気で心配して真剣に話を聞いている所。 「ガストンはガストンなりにベルが好きなんだな…」と思わされて新鮮(他のガストンは鼻っからモリースを相手にしていない感じなので) ラスト橋の上での対決で劣勢になった際「頼む引っ張ってぇ~」という情けない滑稽さに“ディズニーの敵役はどこまでも卑怯で悪”という明確な図式が見えます。 田島ガストン、好きだな~♪
よつばのクローバー 青羽剛さん@コッグスワース
こちらもこの広島公演でデビュー☆ 私、WSSで拝見しているようですが…青羽さんと認識して拝見するのはこれが初めて。 道口ルミエールとほぼ同じ背丈で、織笠ポット、有永バベットと居並ぶと…めちゃくちゃ迫力ある召使い’Sです。 今のキャストとの年齢のバランスで言えばとてもしっくり来る感じですが、“召使いの長”としての威厳は厳しい。 ラスト、王子様から「嗚呼、愛しいコッグスワーズ」とハグされる特別感は「ん?なんでコッグスワースだけ?」とちょっと違和感を覚えます。 セリフ回しは爽やかなのでもっと堅物~な感じが出ればイイなぁ…と思うのですが、セリフの言葉をジェスチャーも併せて表現するのがとても解りやすくて◎ お城の案内役を頼むベルが「あなたなら全てお分かりでしょう?」としなだれかかる時の嬉しそうな事といったら! コッグスワースのお笑いポイントはすでにクリアされていて驚きました。 人間に戻ったコッグスワース…でかっ汗 ブーツの新調っぷりがやたら浮いてました~。
よつばのクローバー 他のキャストについて…
広島公演では「もう二度と会えない…」と思っていた坂本里咲さん@ベルは予想外の復帰で、特筆すべきこともなく高安定。 でも~、やっぱりラストが泣けないベルなんだなぁ~。 柳瀬大輔さん@ビーストは一幕ラストの【愛せぬならば】が…ブツ切りでヒドイ事になってました汗 ここまで来たら楽まて完走して欲しい! あんな状態なら寂しいけれど交替を!…と思っていらっしゃる方は多いかと。 道口瑞之さん@ルミエール、本日のBOGは客席の手拍子が大きく、ピンスポが当たる前は大拍手~。 …だもんで、いつもは照明さんを指して「有り難う」と艶をつけて言う所が、「おっ?」と、ちょっと驚いて感激したように客席に向かって「(あら~)ありがと~う♪」ペコリ、となりました。 笑えた~♪ コッグスワースの背中のネジ回しを取ろうと試みて「取れナイなぁ~」というセリフは、福岡BB時の軽~い口調に戻ってました! 有永美奈子さん@バベット、ルミエールと連携ブレーで敵をやっつけるシーンではお互いに投げキッスするようになってました☆ 竹原久美子さん@タンス夫人はかなり改善されてきてますが「さ、どうぞ」とベルにドレスを差し出す際にそっぽを向く表情は悲しんでいるべきかと思うのですが~汗 遊佐真一さん@ルフウは、もうホント何も特筆すべき事がなく安定。
実は…この日の客席は「こんなにガラガラでヤバいんじゃ~冷や汗」というような入り具合で(と言ってもALSOKホールは大きすぎ)心配したのですが、この日は私が観た広島公演の中で一番盛り上がった舞台でした。 劇中の拍手やBOGでの手拍子も熱く、客席で観ていて…ウキウキした気分♪(byチップ) カーテンコールは途中からスタンディングオベーションになり、回数も今までで最多でした。 「あ~、楽しかったぁ~」と心から思った観劇でした拍手

劇場 キャスト
ビースト:柳瀬大輔/ベル:坂本里咲/モリース:喜納兼徳/ガストン:田島亨祐/ルミエール:道口瑞之/ルフウ:遊佐真一/コッグスワース:青羽 剛/ミセス・ポット:織笠里佳子/タンス夫人:竹原久美子/バベット:有永美奈子/チップ:川良美由紀/ムッシュー・ダルク:田辺 容

関連記事

劇団四季おぼえ書き

ウエストサイド物語【福岡シティ劇場】

劇団四季12年振りの再演!となった2007年9月以来の…私、ほぼ2年振りの観劇となった今作品。 ここ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

CATS 【キャッツ・シアター】

前観劇から半分くらいキャストが入れ替わっていたようです(キャスト表を見ないと判らない私)。 今回は猫

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

夢から醒めた夢【四季劇場・秋】

他キャストについては昨日ソワレで語ったので、今日のレポートは今公演でま・さ・か!のデビューとなった“

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣【四季劇場・夏】

初めての夏劇場観劇で、初めて大井町に降り立ちました。 劇場そのものは…昔あった大阪MBS劇場に似てい

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ウィキッド・千穐楽【キャナルシティ劇場】

4月に開幕以来、約5ヵ月間の公演期間を経て本日千穐楽を迎えました。 四季専用劇場の時は入り口からロビ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ライオンキング【キャナルシティ劇場】

「またライオンキング?」と思っていたら、10年振り3度目ですって! 時が経つのが早過ぎて恐ろしい…

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(4)リハ見+西ベルデビュー【広島・ALSOKホール】

今回は唯一、発売日に確保していたチケットでの遠征観劇。 吉谷コッグスワース&道口ルミエールは「東京ユ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・千穐楽【福岡シティ劇場】

昨年2005年5月8日に開幕しロングラン公演を続けていた【美女と野獣】が通算公演回数238回をもって

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【四季劇場・秋】

2009年?に一部新演出になって初観劇…って事は気が付けば3年振りのユタ観劇とは自分にビックリ! 今

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・初日【福岡シティ劇場】

長~い保守・点検期間を終え、今年はじめての…福岡シティ劇場で演目が開幕☆ 今年は“福岡シティ劇場1

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月(5〜19日)

    ●昼の部/公演内容毎に異なる
    ●夜の部/公演内容毎に異なる

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑