博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

屋根の上のヴァイオリン弾き【博多座】

2006年の観劇はじめ』はこの作品となりました。
昨年の年明けは…観劇後に気持ちがどよ~んと重くなるお芝居だったので“博多座の年明け一発目はミュージカル”での定着がイイと思います。 博多座さん!
私自身は今回がこの作品、初観劇。 断片的に知っていたシーンや歌の印象では「ユダヤ教徒の悲しいお話」というイメージが強く先行してしまっていたので、観劇を経てビックリ! 「こんなに笑える、楽しい作品だったんだ!」 テヴィエが市村正親さんだった…という事も大きく作用しているのかもしれません。
反省したのは、事前にユダヤ教徒の“しきたり”について、ちょっと頭に入れて観劇すれば良かったな、と。 劇中、宗教的な行為や儀式がいろいろと出てきて「?」な部分も多く、後に「なるほど~」と合点!な部分も多々ありましたので、知って観てみるとより深く楽しめるのではと思いました。 私はあまり予習?をして舞台観劇をしないのですが、演目によっては必要かな、と気付かされたかな。
市村正親さん@テヴィエは、ホントにチャーミング☆ 神様に日々語りかける敬虔な教徒、恐妻家の夫、優しい父親。 どれをとっても「市村さんって…ほんとスゴイ!」と失礼ながら改めてそう思った舞台でした。 この作品はきっと今後も彼のライフワークとして演じ続けられていく事でしょうね。
個人的に好きだったテヴィエのシーンは“夢のお告げ”という事で妻を上手く説き伏せ「めでたい めでたい」と喜ぶ様と、長女の夫・モーテルの“新しい中古のミシン”をチラリと見るシーン。 どちらもその恐妻家ぶりに笑えました
今公演で一番の私的ヒットは駒田一さん@モーテル。 駒田さんは…床屋@ラ・マンチャの男のあの能天気ぶりがすごく好きなのですが、他の作品でのその化けっぷりに要注意役者さん! で、今回、気弱な仕立て屋のモーテルで更にガツン!と衝撃を受けました☆ 「す、すごいよ駒田さん!!
長女ツァイテルとの結婚を許されて喜び爆発で唄う【奇蹟の中の奇蹟】は「歌、ウマ~」と大感動☆ 駒田さんが唄ってるんじゃなくて、モーテルが唄ってるんですよ、モーテルという人が! これからも違ったお役で拝見する楽しみが増えました。
ツァイテルとモーテルの結婚式で踊られる“ボトル・ダンス” あれって本当に頭に載せているだけなんですね! ボトルを落としそうになった時、落ちる前にサッと手に取って踊りの輪をはずれ、新郎新婦に一礼して見物客の輪に加わりました。 「あ、落とした時はそういう対処なんだ…」と判明。 ロシア人チームのダンスは…太ももが鍛えられそうです。
どの曲も、他のミュージカル作品ではあまり耳にしない民族的かつ独特な旋律で心に響く名曲揃いなんですね。 長く愛されている作品であるか事が解ったような気がします。

関連記事

姪っ子・七五三撮影☆

この夏、姪っ子が無事6才になりまして、せっかく今冬帰国してきたので七五三の撮影をしました。 着

記事を読む

久々に小倉に行って来た♪

とある展覧会を観たくて、久々に小倉に行って来ました♪ 小倉駅周辺って殆ど変わりはナイですね〜。

記事を読む

ようやく初詣

ようやく体調も…完全ではナイものの復活☆ で、ゴホゴホと咳き込みながらも、ようやっと初詣。 地元の

記事を読む

蘇ってたHTB

母の誕生日祝いに家族でハウステンボスに1泊旅行に行ってきました♪ 5年前に行った時は天気に恵ま

記事を読む

快晴の夕刻は

“天高く馬肥ゆる秋”とは、この事だ!…というような秋晴れが続いている福岡。 一番快適なこの季節が一

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

CATS【キャナルシティ劇場】

福岡キャッツは1990年4月から約7か月にわたりシーサイドももちにテント式仮設劇場を建設して上演し

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・夜の部【博多座】

文楽を楽しもう 昼の部と同じでしたので省略 絵本太功記 ・夕顔棚の段 ・尼ヶ崎の段(○○さん)

記事を読む

大豊作☆

緑のカーテンとして、我が家は今年もゴーヤを植えたところ大豊作☆ 収穫が追いつかず、気がついたらオレ

記事を読む

今度は夕焼け

冬至を過ぎるとホントに陽が長くなってきたなぁ〜、と油断していたらアッという間に暗くなってしまう夕暮れ

記事を読む

今年も宜しくおねがいします

明けましておめでとうございます 今年、博多座は開場15周年。 豪華ラインナップでちょっと遠ざか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月(5〜19日)

    ●昼の部/公演内容毎に異なる
    ●夜の部/公演内容毎に異なる

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑