博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

ライオンキング【四季劇場・春】 

福岡公演以来の観劇だったので…かれこれ何年ぶりなんでしょうか? シティ劇場は奈落が低いため、他の劇場とは違うセットだったり、演出だったりしたそうで「いつか本家本元?!を一度観なくては」と思っていたのがようやく実現
総括的に言いますと…自分の中ではティモンとプンバァの福岡弁はかなり大きなウェイトを占めていたんだなぁ、と思いました。 江戸弁?は標準語に近くて私的にはパンチがなくってひどく物足りなくって。 福岡バージョンがものすご~く観たくなりました。
ティモンが川で木につかまっている時の「シンバぁ~! 助けちゃれぇ~!」ってセリフが大好きだったんです。
演出的には忘れている部分も結構あったとして、大きく気がついたところでは…
(1) プライドロックがスライドIN・OUT→回転セリ上がり
(2) 雌ライオンの狩りの獲物が解体→セリで下りる
(3) ムファサの死体は皆で担いで運ぶ→セリで下りる(教えてもらった)
…ってところでしょうか? 大セリを使った演出がシティ劇場は難しいようですね?
役者さんでは、小林あずみちゃん@ヤング・ナラ、踊りが上手い~! 雌ライオンの群舞の中にあってもひけをとらず、シャープな動きで凄い!
吉原光夫さん@ムファサは、若いパパだけど息子をとても愛してる様が強く伝わってきて、頼れる兄貴のような素敵なパパぶりで好演でした。
宇都宮直高さん@シンバは、ちょっと母性本能をくすぐるような感じのかわいらさ ヤングからの移行がまったく違和感なし!
熊本亜記さん@ナラは、演技が…ビビるほど力強いのですが、歌が◎ 私が一番最後に観た時、大好きな【シャドウ・ランド】があまりもひどくて、「こんな歌じゃない!」とひどく不完全燃焼で終わっていたので、本日の熊本さんのを聴いて「これよ!これ!」と大満足でした
やっぱり改めて、良く出来た作品だなぁ…と思った次第でございます。

青い旗キャスト
ラフィキ:原田真理/ムファサ:吉原光夫/ザズ:井上隆司/スカー:渋谷智也/ヤング・シンバ:高畑 岬/ヤング・ナラ:小林あずみ/シェンジ:菅原こずゑ/バンザイ:畠山典之/エド:古野 健/ティモン:藤川和彦/プンバァ:イ ムヒョン/シンバ:宇都宮直高/ナラ:熊本亜記

関連記事

劇団四季おぼえ書き

夢から醒めた夢【四季劇場・秋】

他キャストについては昨日ソワレで語ったので、今日のレポートは今公演でま・さ・か!のデビューとなった“

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【四季劇場・秋】

「同じ作品でも、観る度毎にこんなに感動を新たに出来るもんなんだ…」と“舞台は生もの”という事を改めて

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ノートルダムの鐘【四季劇場・秋】

フィーバス以外は前観劇時と違うキャスト! 演じる役者さんによってフロローの印象は随分変わる作品である

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ウィキッド【大阪四季劇場】

東京開幕直後一度観て以来の…二回目のウィキッドです。 でもって大阪四季劇場も開場直後のマンマ観劇以

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

【ユタと不思議な仲間たち】原作・TVドラマ・ミュージカルの比較

これは自分の“おぼえ書き”として…【原作】・【TVドラマ】・【ミュージカル】の比較を書き留めてみます

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ブラックコメディ【福岡シティ劇場】

ストレートプレイはどうも苦手意識がありまして…“劇団四季の”は、なおさら構えてしまう傾向がありまして

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

人間になりたがった猫【宗像ユリックス】

福岡シティ劇場にて2004年夏に観て以来の観劇です。 ファミリーミュージカルの中でも一番好きな作品な

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(7)千穐楽【広島・ALSOKホール】

今年2月17日開幕から約4ヶ月間、総公演回数105回で12万人もの動員達成したそうで、本日【美女と野

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

クレイジー・フォー・ユー【福岡シティ劇場】

今年2月に発表した福岡シティ劇場公演中止の見直し、今後の存続に関してのお試し公演…っていうのでしょう

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

王様の耳はロバの耳【福岡シティ劇場】

この夏、福岡シティ劇場では“劇団四季のファミリーミュージカル”2作品が連続上演!…という事で観てきま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 蜜蜂と遠雷(1〜3日)

    ●昼の部/12:00~14:50
    ●夜の部/17:00~19:50

    Après Toi(15・16日)

    ●昼の部/12:00~14:10
    ●夜の部/16:30~18:40

    VOICARION(22・23日)

    ●昼の部/
     22日=13:30~16:20
     23日=11:00~13:50
    ●夜の部/18:30~21:20

    北島三郎(28〜30日)

    ●開演/14:00~

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑