エビータ【四季劇場・秋】

初観劇の演目でした。 「ストーリーも歌もセットも…とにかく内容盛り沢山だから予習して観劇した方がより楽しめるかも」というアドバイスをいただきまして、未だに観たことがなかったマドンナ主演の映画を事前に観て観劇に臨みました。
井上智恵さん@エビータ初役との事で、今まで井上さんに私が勝手に持っていたイメージの中にはナイお役だったので、まず「どんなエビータ像なのか?」というのが楽しみでした。
終始“野望を持った強い女”というイメージが強く、都会に憧れる若い田舎娘の持つ純な可愛さや国民の心を捉えてから“聖母”とまで崇められるまでになった時の風格というか気品ある威厳というか…その変化がちょっと薄かったような印象を受けました。 ですが、次々に変わる華やかな衣装を着こなし、難し~い旋律のメロディをさすがの歌唱力で聴かせてくれるし…で素敵なエビータでした。
セットは、円形で…ちょっと土俵のようなイメージ? 周囲にライトが配され、上からみるとその場面場面の情景を醸し出していてとても効果的。 中心部分のセリ上がりや、舞台のスライド…何処かで観た手法だわ、と思いつつも…時代や土地、場所が目まぐるしく変わって行く物語の進行がとてもスムーズに観る事が出来、感動しきりでした。
私的ツボは…かねてから「濃い役者さんだな」と思っていた佐野正幸さん@マガルディ。 濃い人が濃いキャラで登場で、もう登場しただけであまりのハマりっぷりに…肩が震えてしまいました いや~、佐野さん@マガルディ、いいなぁ(床屋さんよりよっぽどニンだ)
しかし…難しい曲が多いですね。 曲はどれも魅力的で好きなのですが、歌詞を覚えて一緒に気軽に口ずさめませんね~。 さすがプロ!な歌を堪能できた演目でした。

青い旗キャスト
エビータ:井上智恵 /チェ:芝 清道/ペロン:下村尊則 /マガルディ:佐野正幸 /ミストレス:久居史子