エリザベート(祐一郎&禅=千穐楽 )【博多座】

平日の夜…にも関わらず【満員御礼】☆ 立見も3階はバルコニー席まで立つほどで、どうやら2階席にも立見席が設けられていたようです。
やっぱりスゴイですね“エリザベート人気”。 私は、と言いますと仕事を抜け出して観劇て、終演後また職場に戻りひたすら残業だったのですが「千穐楽ってやっぱり楽しい!」という舞台でした。
肝心の舞台は…
山口さん@トートはちょっと抑え気味の印象。 【私が踊る時】が一番力強く「さすが祐一郎さん♪」という印象。
そして今回私がハマった禅さん@フランツ。 実は、今回は禅さんがご出演じゃなかったら、開幕当初確保したチケットは手放す勢いでしたから…「禅さんのキャスティング、有難う!」という感じの私 掲示板でも再三「禅さん@フランツ、イイ!」と言っていましたが、本日もグッと、クグッと気持ちに迫ってくるものがありました
最初の登場シーンで“もう一人の母親”が訴えるシーンでの戸惑いの表情や、お見合いでシシィに首飾りを付けてあげる、本当に嬉しそうで優しそうな笑顔がステキで、ニッコリ。
【夜のボート】~【悪夢】は私的には圧巻でした! 「今でも愛しているよ」という言葉に対して♪二つのボートよ~♪と言われて、悲しげにシシィを見る表情。 ♪解って無理よ 私には~♪の言葉に寂しそうに頷く表情は涙目でウルウルされてて、もう泣いてしまいました。 そして【悪夢】では髪を振り乱しながら、激しい語気でトートに立ち向かい「やめろぉ~ッ!」と絶叫する様に、拒絶されてもなおシシィを愛している心情が感じられて…泣けました
禅さん、良かった…。

特別カーテンコール

一路さんから「本日は山口トートと石川フランツが千穐楽」と前置きがあり…「ではダーリン」と、即された禅さんは…
よつばのクローバー 禅さん
「えっ?私? ちょいと、ごめんなすって。どもども」って感じで列より前に出て…「博多の皆様初めまして、石川禅と申します。 初めて博多座の舞台に立たせて頂き、エリザベートという素敵な作品でで皆様と共に過ごせて感謝です。 以後どうぞよろしゅう」
な~んか、たどたどしい視線が定まらない禅さんでしたが凛とした皇帝との落差が激しいうえ、ナイスキャラなお人柄が全開の雰囲気で好感度アップ☆ そして列に「いや~、マイッタ、マイッタ」って感じで並んでました。
よつばのクローバー 山口さん
手を腰に当ててふんぞり返りの仁王立ち 待ってましたの拍手の嵐を手で制し、一言一言まるで“選手宣誓”のような感じでコメント。 以下、一言毎に大きな拍手とそれを一本〆する山口さん。
「本日はぁ~、ミュージカルエリザベートにぃ~、多数ご来場いただきましてぇ~、誠に有難うございましたぁ~」
「博多座は世界で一番ステキな劇場でぇ~す」
「博多の人間は~、最高に魅力的でぇ~す」
「食べ物が美味しぃ~っ。 おかげで、おなかがちょっと膨らんだぁ~」
「明日はエリザベート千穐楽ですが、私は一人でホテルでぇ~、トートを歌っておりまぁ~す」
一路さんも一緒に…と二人で誘うも断られ、ひしっと抱き合う山口さんと禅さんに大爆笑でした。 禅さん、キュートです。
何度かのカーテンコールの後、一路さんと山口さんと手を繋いで、私服に着替えたこの日の少年ルドルフ、光平崇弘くん登場。 「夜の遅い時間にイイのかなぁ…」という無粋な考えがちょいよぎりましたが~。
ラストは一路さんと山口さんが手をつないで舞台上手から登場し、センターに立った途端、山口さん一人を残して、一路さんがあのドレスのままダッシュで下手にはけて行きました 一人残された山口さん「マイッタなぁ…」とニコニコ手を振っていらっしゃいました 改めて“祐一郎さんの人気のスゴさ”を見たカーテンコールでした。

タイトルとURLをコピーしました