博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

壽初春大歌舞伎・昼の部【松竹座】

 💡 寿曽我対面
愛之助さん@曽我五郎時致+扇雀さん@曽我十郎祐成の兄弟。 キビキビと小気味良い動きと、耳に心地よい台詞回し、歌舞伎の様式美溢れる目に鮮やかな演目で襲名披露公演の幕開きに相応しい祝祭劇♪ 橋之助さん@工藤左衛門祐経が、なかなかの大物振り。

 💡 吉田屋
鴈治郎さん@伊左衛門は初役ですって! もう何回もされている印象だったので驚きと同時に、初役で拝見できる嬉しさひとしお♪ 藤十郎さん@扇屋夕霧秀太郎さん@吉田屋女房おきさ、という最強の布陣。 いそいそと夕霧との再会を待つ愛らしさ、嫉妬ですねる様、どちらも可愛らしくあるものの(←贔屓目入ってます)、ブラス色気が欲しいなぁ…と思いました。 ただの“駄々っ子”ですもの。 あまりにも夕霧に辛く当たるので、ホントに彼女が可哀想になるし、勘当が溶けてめでたしめでたし…は『こんな大人子供を甘やかしてハッピーエンドな訳なかろう!』と思ってしまう、いつもの感想。

 💡 河内山
多分、河内山宗俊は仁左衛門さんで一番回数拝見してるかと〜。 仁左衛門さん@河内山宗俊、対するは梅玉さん@松江出雲守。 悪巧みに長けたお数寄屋坊主ですから、“ああ言えばこう言う”という具合に出雲守をやり込める様は、出雲守と一緒にギリギリと言い分を聞く感じ。 亀蔵さん@北村大膳が正体を見破ってからの開き直りっぷりが鮮やか! 河竹黙阿弥の七五調の名ゼリフは本当に耳に心地よく、気が付けば節と一緒に首を振って口ずさんでいる事が多いなぁ。 「馬鹿ぁ〜めぇ〜!」 壱太郎さん@腰元浪路、可愛い!可憐だ!

関連記事

大阪松竹座おぼえ書き

阿修羅城の瞳【松竹座】

初演の時のビデオを観て思っていた事。 「これは…生の舞台で観たらもっとオモシロかったんだろうなぁ」 

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

第五回・浪花花形歌舞伎(第一部)【松竹座】

今年で5回目となる今公演。 私にとっては好きな役者さん大集合!なので『4月は松竹座遠征』が恒例となり

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

第五回・浪花花形歌舞伎(第二部)【松竹座】

 業平吾妻鑑 萩の花が一面に…というのは珍しいですよね。 日本の美男の代表・在原業平の東下りを題材

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

壽初春大歌舞伎・昼の部【大阪松竹座】

毎年恒例“歌舞伎はじめは松竹座”って事で2010年もやって参りました~♪ 演目が発表された時は「年

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

壽初春大歌舞伎・夜の部【松竹座】

一條大蔵譚 鴈治郎さん@一條大蔵長成は初役だそうで、これまた坂田藤十郎襲名対する意気込みが伺えます

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

浪花花形歌舞伎・第二部【松竹座】

雨の五郎 実は…この演目もなぜだか縁がなく、映像も含めて今回が初めて観たんです。 デフォルト拵え

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

初春大歌舞伎・夜の部【松竹座】

二代目中村魁春襲名披露! 2003年の“歌舞伎はじめ”は大阪松竹座への遠征でした♪ 翫雀さん、孝太

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

壽初春大歌舞伎・夜の部【大阪松竹座】

七段目【祇園一力茶屋の場】 秀太郎さん@遊女おかる。 上方式はお着物が胴抜きなんでそうで、ん~♪カ

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

浪花花形歌舞伎(Bプロ)【松竹座】

 河庄 翫雀さん@治兵衛 翫雀さん@治兵衛と鴈治郎さん@孫右衛門は…“双子の兄弟”と言っても過言

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

壽 初春大歌舞伎・夜の部【松竹座】

弁慶上使 なんだか…ここ最近、頻繁に観ている印象(苦手な演目なのでなおさらそう思うのか?) とにか

記事を読む

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 六月博多座大歌舞伎(5〜19日)

    ●昼の部/11:30~13:45
    ●夜の部/15:30~18:20

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑