博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

コーラスライン【京都劇場】

以下、あくまでも私個人の感想なので何卒ご了承ください汗
え~っと…正直な感想をひと言「こんなに面白くなかったっけ???」
一番最近では2004年末~2005年始の自由劇場での公演を観劇しているのですが、あの時「この演目、おもしろ~い」「通える環境だったら通っちゃうな」と思った興奮は…何処へ? 舞台が進行するにつれて、久し振り観る演目への記憶は鮮明に蘇ってくるんだけど「あれ?あれれれ~?」
寒い冬の京都にまで足を伸ばして楽しみに観た演目だったのに「何が原因なのか?」「どうしてそう思ったのか?」という事を終演後にかなり考え込んでしまいました。 今公演で初めてキャスティングされた役者さんや、前公演とは違ったお役を演じる方も多く、とても楽しみにしていたのですが…「ん?」
ダンスがメインの演目だろうけど「歌、それはあんまりなんじゃ…」ってな度合いが前公演よりも全体的に強く感じたし、一番の原因は『セリフ(歌)に対してその情景がイメージできなかった(湧いて来なかった)』って事だったみたい?
各々のキャラクターが、自分自身の生い立ちから今現在までの自身の事を、素晴らしくビックリなバリエーションで披露していく訳で、その語りにおいて「ウッソ~!」と思ったり「クスッ♪」と笑ったり、ちょっぴり同情したり…する訳です。 そして、その各々の語りにおいて「お金を握りしめて美容整形に駆け込む様子」だったり、「100cmのボインボイン」だったり、「教会で牧師に救いを求めて泣きそうにすがっている様子」だったり、「演技教室?でつまはじきにされている様子」だったり…と、その人物たちが置かれていた状況をクリアにイメージできたのですが、それが今回…殆ど出来なかった 私はソコにこの演目の最大の面白みを感じていたので、それが出来なかったのが「こんなに面白くなかったっけ???」という感想になったのかなぁ。
なんか歌と言葉としてスーッと耳に流れる感じで、ひっかかりがなかったというか。 小屋の規模や雰囲気の違いなのか? 観る側の私のその時の心境の違いなのか? キャスト全体のまとまりによるものなのか?…それは判りません。
ダンスや演出、曲はやはり「と~っても好き」だと感じました…が…でした。
また別のキャスティングで観てみたい、そう思いました。

青い旗キャスト
ザック:飯野おさみ/ラリー:中山大豪/ダン:朱 涛/マギー:真鍋奈津美/マイク:藤原大輔/コニー:高城信江/グレッグ:武藤 寛 /キャシー:坂田加奈子/シーラ:増本 藍/ボビー:道口瑞之/ビビ:荻原亮子/ジュディー:遠藤瑠美子/リチー:松島勇気/アル:川口雄二/クリスティン:村中ちえ/ヴァル:八田亜哉香/マーク:良知真次/ポール:望月龍平/ディアナ:吉沢梨絵

関連記事

劇団四季おぼえ書き

王様の耳はロバの耳【鳥栖市民文化会館】

この夏、福岡シティ劇場ではファミリーミュージカルが2作品連続で上演されまして、いずれも劇中の曲がいま

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・千穐楽【福岡シティ劇場】

昨年2005年5月8日に開幕しロングラン公演を続けていた【美女と野獣】が通算公演回数238回をもって

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ウエストサイド物語【福岡シティ劇場】

劇団四季12年振りの再演!となった2007年9月以来の…私、ほぼ2年振りの観劇となった今作品。 ここ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ウィキッド【キャナルシティ劇場】

福岡公演開幕以来2回目の観劇です♪ 「初日の客席の賑わいがこのまま続けばなぁ…」と危惧していたど、

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アラジン【四季劇場・海】

やっぱり最高に楽しい! 観劇後はスカッと爽快! 「あ〜、面白かった♪」と帰路に着ける作品。 ア

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

マルシア@アイーダ【福岡シティ劇場】

この作品は、劇団以外からの外部出演が比較的多い作品との認識はありましたが、まさかタイトルロールの主役

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

魔法をすてたマジョリン【宗像ユリックス】

劇団四季のファミリーミュージカルは…以前、仕事でその設立の経緯や活動理念を伺う機会があり、その企業姿

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アイーダ@MY千穐楽【福岡シティ劇場】

福岡シティ劇場にて昨年4月16日に開幕した【アイーダ】。 今年1月8日をもってそのロングラン公演千穐

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コーラスライン【四季劇場・秋】

もう…今回のACL東京凱旋公演は観ないつもりでした。 観ないつもりでした。 が、開幕キャストを観て

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アラジン【四季劇場・海】

チケット発売開始があまりにも先の先だったので…さっぱり予定は判らないものの「とりあえず早いトコ1回は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 蜜蜂と遠雷(1〜3日)

    ●昼の部/12:00~14:50
    ●夜の部/17:00~19:50

    Après Toi(15・16日)

    ●昼の部/12:00~14:10
    ●夜の部/16:30~18:40

    VOICARION(22・23日)

    ●昼の部/
     22日=13:30~16:20
     23日=11:00~13:50
    ●夜の部/18:30~21:20

    北島三郎(28〜30日)

    ●開演/14:00~

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑