博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

コーラスライン【京都劇場】

以下、あくまでも私個人の感想なので何卒ご了承ください汗
え~っと…正直な感想をひと言「こんなに面白くなかったっけ???」
一番最近では2004年末~2005年始の自由劇場での公演を観劇しているのですが、あの時「この演目、おもしろ~い」「通える環境だったら通っちゃうな」と思った興奮は…何処へ? 舞台が進行するにつれて、久し振り観る演目への記憶は鮮明に蘇ってくるんだけど「あれ?あれれれ~?」
寒い冬の京都にまで足を伸ばして楽しみに観た演目だったのに「何が原因なのか?」「どうしてそう思ったのか?」という事を終演後にかなり考え込んでしまいました。 今公演で初めてキャスティングされた役者さんや、前公演とは違ったお役を演じる方も多く、とても楽しみにしていたのですが…「ん?」
ダンスがメインの演目だろうけど「歌、それはあんまりなんじゃ…」ってな度合いが前公演よりも全体的に強く感じたし、一番の原因は『セリフ(歌)に対してその情景がイメージできなかった(湧いて来なかった)』って事だったみたい?
各々のキャラクターが、自分自身の生い立ちから今現在までの自身の事を、素晴らしくビックリなバリエーションで披露していく訳で、その語りにおいて「ウッソ~!」と思ったり「クスッ♪」と笑ったり、ちょっぴり同情したり…する訳です。 そして、その各々の語りにおいて「お金を握りしめて美容整形に駆け込む様子」だったり、「100cmのボインボイン」だったり、「教会で牧師に救いを求めて泣きそうにすがっている様子」だったり、「演技教室?でつまはじきにされている様子」だったり…と、その人物たちが置かれていた状況をクリアにイメージできたのですが、それが今回…殆ど出来なかった 私はソコにこの演目の最大の面白みを感じていたので、それが出来なかったのが「こんなに面白くなかったっけ???」という感想になったのかなぁ。
なんか歌と言葉としてスーッと耳に流れる感じで、ひっかかりがなかったというか。 小屋の規模や雰囲気の違いなのか? 観る側の私のその時の心境の違いなのか? キャスト全体のまとまりによるものなのか?…それは判りません。
ダンスや演出、曲はやはり「と~っても好き」だと感じました…が…でした。
また別のキャスティングで観てみたい、そう思いました。

青い旗キャスト
ザック:飯野おさみ/ラリー:中山大豪/ダン:朱 涛/マギー:真鍋奈津美/マイク:藤原大輔/コニー:高城信江/グレッグ:武藤 寛 /キャシー:坂田加奈子/シーラ:増本 藍/ボビー:道口瑞之/ビビ:荻原亮子/ジュディー:遠藤瑠美子/リチー:松島勇気/アル:川口雄二/クリスティン:村中ちえ/ヴァル:八田亜哉香/マーク:良知真次/ポール:望月龍平/ディアナ:吉沢梨絵

関連記事

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【九州厚生年金会館】

昨日の佐賀公演に続いてのミニ遠征。 そして以下、ヒノデロ語り~♪ 今公演の観劇目的は“道口ヒノ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コンタクト【四季劇場・秋】

2003年5月に福岡シティ劇場で上演された際には、どうしても都合がつかず末観で終わり…で、今公演が初

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

壁抜け男【自由劇場】

1999年の福岡初演時に1度見ただけで、今回はそれ以来の観劇。 その時のパンフレットを引っぱり出す

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

人間になりたがった猫(千穐楽)【福岡シティ劇場】

夏休み企画第2弾! 福岡シティ劇場では初登場のファミリーミュージカル。 劇団四季のファミリーミュー

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

夢から醒めた夢【四季劇場・秋】

他キャストについては昨日ソワレで語ったので、今日のレポートは今公演でま・さ・か!のデビューとなった“

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・日本公演10周年【福岡シティ劇場】 

1995年11月24日が日本における【美女と野獣】公演初演だそうで…本日は10周年! 当時は東京と大

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【佐賀市文化会館】

昨年に引き続いての全国巡業公演が、よ~やく九州に上陸です♪ 道口ヒノデロ目当で最前チケットを確保し

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ウィキッド【キャナルシティ劇場】

福岡公演開幕以来2回目の観劇です♪ 「初日の客席の賑わいがこのまま続けばなぁ…」と危惧していたど、

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

クレイジー・フォー・ユー【四季劇場・秋】

昨年の10月・広島公演以来の観劇。 今回は、荒川務さん@ボビー×木村不時子さん@お母さんでしたので

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

Song&Dance2 【福岡シティ劇場】

『ツアー最終地:福岡、ついに開幕!』という事で、いよいよスタート。 すでに開幕前から観劇の度にロビ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • 2017 (34)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 二月花形歌舞伎(2018.2.2〜25)
    ●【昼の部】11:00〜15:00
    ●【夜の部】16:00〜19:40

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑