博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

二月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

「【じいさんばあさん】がかかったら…配役がどうであろうと、とにかく一度生の舞台を観たい!」と兼ねてから思っていたのですが…ようやくその機会にめぐりあえました。 と、いう事で仕事で忙殺されている中「気分を切り替えないとやってられないわ!」と強引に自分の中で言い訳をして、強行極秘?歌舞伎座観劇をして参りました。

番町皿屋敷

梅玉さん@青山播磨は…セリフ回しや雰囲気はさすがの貴公子ぶりで素敵なのですが、喧嘩っ早い印象はなく、お菊から自分の気持ちを試された、と判ってからの若者の激昂ぶりが弱い印象。 セリフに抑揚はあるのですが、表情が終始あまり変わらずクールで、愛するお菊を斬ってしまうまでに至る様が「そんなに怒らんでも…」と思ってしまいました 上手く説明できませんが、愛する者から裏切られた、プライドを傷付けられた悔しさが伝わってこなかった、とでも言いますか。
時蔵さん@腰元お菊は、播磨の気持ちに確信が持てなくてボンヤリと心を痛めている所は、彼女の胸の内が伝わってきましたし、皿を割った事を播磨が安易に許してくれる事に安堵する…ちょっと“女のズルイ部分”が見えて、とても好きでした。 ただ、気持ちを試された事に激昂する播磨に対して怯える→斬られる、までがアッサリとした感じで…お話し的には面白いけれども“心に残る何か”がなかった…かな

義経腰越状 五斗三番叟

私、この演目は映像でも観たことがなく初めて。 吉右衛門さん@五斗兵衛の登場を今か今かと出を期待していたら、セットの屋敷廊下から、キョロキョロと辺りの様子を伺いながら出てきてビックリ! あまりにも意表をつかれたのと、恰幅がよく豪快なイメージの吉衛門さんが落ち着きがなく…笑えました☆
三津五郎さん@九郎判官義経に目通りするために登城した五斗兵衛盛次が、目的は果たすまでは…と歌昇さん@伊達次郎+松緑さん@亀井六郎から勧められる酒を我慢するくだりはジリジリとしていて、その我慢の表情が楽しい。 大の酒好きの五斗兵衛に酒を飲ませて、彼を義経に推挙した左團次さん@泉三郎忠衡を失脚させようと企む次郎と六郎の策略に結局は陥ってしまう意志の脆さが笑えます。
歌舞伎には酩酊状態でしでかす失敗談?が演目になっているものが結構ありますが…やっぱりそんなに美味しいものなんですね?(私は下戸)。

【阿古屋】にも出てくる“竹田奴”がズラリ登場は楽しい、楽しい♪ ユーモラスのセンス溢れる顔を作って、もはや本当の目や鼻、口の位置が判らないほど。 あれは…役者さんが自分の好きなように描けるんでしょうか? それとも決まった化粧なのかしら? ぴょんぴょんと飛びながら「イイイイイ」と叫びながら集団で出てくる様はショッカーを連想。 五斗兵衛との立ち廻りの中にはいろいろな楽しい工夫があり、と~っても楽しい。 ラスト、騎馬戦のように五斗兵衛が奴たちにまたがり、酒樽を馬の頭にみたてた引っ込みは愉快♪

隅田川

私は歌右衛門さんの映像でしか観た事がなかったので、鴈治郎さん@斑女の前梅玉さん@舟人で拝見できるのをとても楽しみにしていました。
が…半分以上気絶していました 何も感想を書けない自分が情けない。 やはり早朝1便でお江戸に上がって…昼夜一日通し観劇はあまりよろしくナイですね 特に、昼食後が危険なのは分かっちゃいるけど… なんの為に無理してお江戸に上がったんでしょう、私。

神楽諷雲井曲毬  どんつく

九世坂東三津五郎七回忌追善】という事で、歌舞伎座の正面玄関ロビーにはお写真が飾られていました。
荷持どんつくはもちろん三津五郎さん。 とにかく舞台にズラリと居並んだ役者陣が豪華豪華☆ 巳之助くん@子守を久々に拝見して「また随分と大きくなって…」と親戚のおばちゃん状態でその踊りっぷりを観劇。 三津五郎さん@どんつくは、ユーモラスでありながらさすがに達者な踊りで魅せられたのですが、今回私が特筆したいのは“時蔵さん@芸者” なんなんですか?!あの艶やかな色っぽさは?! もちろん時蔵さんがクール・ビューティーな事は認識していましたが、芸者の…あの黒いお着物と献上帯でキリリのお姿は、どうやら私、初めて拝見したようです。 踊りのしなやかさ、表情の艶っぽさ あまりの綺麗さにクラクラきて「“美しい”という事も芸のひとつだなぁ」と思った次第であります。

関連記事

歌舞伎座おぼえ書き

四月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

私は残念ながら歌右衛門さんの生の舞台を拝見する機会には間に合いませんでしたが、歌舞伎にスコーンとハマ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

芸術祭十月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

葛の葉 魁春さん@葛の葉は初役との事。 いつもの事ながら、姫と女房をクルクルと早替わる様に「舞台裏

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

秀山祭九月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

初代吉右衛門さんの俳名の“秀山”からその名を取った【秀山祭】。 昨年の9月に続いて今年で二回目となり

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

六月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

輝虎配膳 歌舞伎座では33年振りの上演で、梅玉さん@長尾輝虎、秀太郎さん@越路、時蔵さん@お勝はい

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

鳳凰祭四月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

壽春鳳凰祭 歌舞伎座を松竹が経営して百年、歌舞伎の発展に尽力された先人の功績を顕彰する“先人の碑”

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

四月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

「歌舞伎、長いよぉ…」と、久々にお尻の痛さと戦った夜の部。 どの演目も90分近くある為、芝居がはねた

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

團菊祭五月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

傾城反魂香 梅枝くん@土佐修理之助は生真面目で初々しい感じ。 私、修理之助と又平は同い年くらいの同

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

吉例顔見世大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

「マー君の初舞台の日の為に!」…と“マー君貯金”をして楽しみにその日を心待ちにしていましたが…思いの

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

壽初春大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

 :idea: 廓三番叟 三番叟で廓?…とは“廓の情趣に仕立てた三番叟”との事。 朝イチに華やかな

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

團菊祭五月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

襲名披露公演が続いたこともあり、三年ぶりの團菊祭になるとの事。 まずは何より、病気治療に専念されて

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2018 (8)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 博多座コンドルズ公演『FLY AGAIN』ほか(2018.8.2〜30)
    ●昼の部
    公演によって異なります
    ●夜の部
    公演によって異なります

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑