博多ざ・んまい博多ざ・んまい

TOMMY【日生劇場】

英国のロックバンド、ザ・フーのアルバム【TOMMY】はロックオペラというスタイルで1969年にアルバム発表→1975年に映画化→1993年にブロードウェイでミュージカル化(トニー賞5部門を受賞)という作品。 昨年にはブロードウェイ版の来日公演が行われました。
今公演は、ザ・フーを愛する劇団☆新感線の演出家いのうえひでのりさんが、主演に中川晃教さんを迎え『海外ミュージカルに初挑戦!』という事で日本版として演出する話題作
私、いのうえ×あっきー、というだけで遠征を決定してしまったほど期待大!(映画も舞台も末観なのに~)で観劇に臨みました♪
あらすじは…幼少期に両親の殺人現場を目撃してしまったショックから、三重苦に陥ってしまったトミーが成長と共に指先の感覚だけでピンボールの天才となり成功を納め、更には新興宗教の教祖として祀り上げられるというストーリーで、根底には幼児虐待や引きこもり、新興宗教などの心の闇が描かれています。
山崎ちか@TOMMY
いのうえ氏の「映画に込められた毒や、サイケデリックでポップな感じをぶち込み、スピーディーに見せたい。洋楽が好きな人たちを失望させたくないから」という言葉通りの演出は非常に実験的なものになっており、圧倒されました(され過ぎ…という気も)
セリフをほぼ入れず、セットは全て背後にあしらった巨大スクリーンで色彩洪水のCG映像を映写しての場面描写となり、その前でお芝居が繰り広げられる手法で…さながら登場人物はその映像の中から飛び出してくる!ってな感じ。 しかしながら…この映像のクオリティ…というかカラーというか、雰囲気がバラバラでチープ(室内とか街の描写とか)だったり、妙にPV的だったり、ファンシーだったり…で、ちぐはぐな印象(曲ごとのイメージに変化をもたせているのでしょうけど) 病院をあちこち渡り歩くトミー親子が映像に向かって足踏み(マーチ)する様にはひどく興ざめ~汗
しかしながら、ピンボール台のような装置を組んで、クレーン上で舞台空間や客席上空を浮遊する、あっきー@トミーのド迫力や、舞台両袖から繰り出される紙吹雪やテープ、1幕ラストに客席に放たれるピンボール…などの遊びの要素は「う~ん、やっばりいのうえさん!やるなぁ~」とも♪ 今回の演出を堪能するなら、舞台全体を見渡せる後方や上階席の方が絶対にイイですね~。
しかし、総体的な感想としては…難しかったな、と。 開幕間もない…という事も差し引いても、今後の進化を推し量ったとしても…かなりビミョ~な感想でした。
まず主題がクリアに解りずらく、かと言って歌を堪能できる…という訳でもなく、映像も供給過多で初見で1回のみの観劇では消化不良に陥るものでした。 アンコールでは舞台上からスタンディングを強制された為、立ちましたが(最前列だったので)正直、スタンディングオベーションには値しなかったです、私は。
…ですので【TOMMY】という作品自体に、ザ・フーというバンド自体に愛着がある方からすると、どのような感想だったのか?という事をすごく聞いてみたいです!!

中川晃教さん@トミー。 あっきーが出演できる事でこの上演が実現した…のではないかしら?とは思うのですが、残念ながらあっきーが活きていない印象。 だからと言って「じゃあ誰なら敵役なんだ?」というのは難しいのですが。 新興宗教の教祖として祀り上げられ、という部分から、どうしても『SHIROH』と比較してしまいますが…比較には~。
高岡早紀さん@トミー母+パク・トンハさん@トミー父。 物語の重要な部分を語る(歌う)ので…もっと歌える人が良かったかと。 パクさんは、イメージが…う~ん。
ともあれ、ROLLYさん@トミー従兄弟・ケヴィン(教祖等etc.)と右近健一さん@トミー叔父・アーニーを観れただけで実は多いに満足でございました。 期待を裏切らない強烈な個性とパフォーマンスに拍手~♪
あとソムン・タクさん@アジット・クィーンとそれに絡む山崎ちかさんの特濃の挑発的なパフォーマンスは圧巻すぎ~。 山崎ちかさん、ストレート黒髪を振り乱して…超ド迫力! カッコイイ! 足、長っ! 今作品でビジュアルショックが一番強かったキャラでした(右近さんのお腹よりも)
パソコン ROCK OPERA TOMMY Official Blog

関連記事

ミュージカルおぼえ書き

ヨセフ・アンド・ザ・アメージング・テクニカラー・ドリームコート【シャルロッテシアター】

韓国在住の妹のを訪問した際、私は【レベッカ】が観たかったのですが有名な俳優さんが出ていて人気公演らし

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ラブ・ネバー・ダイ【日生劇場】

濱田さんがクリスティーヌ?!ってだけで遠征決定☆ 【オペラ座の怪人】は苦手演目なのですが、四季時代に

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

エリザベート(武田トート)【日生劇場】

帝国劇場が改装中との事で、今回は日生劇場での公演。 …という事で、袖舞台がナイ為の、舞台規模に合せた

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ジャージー・ボーイズ【久留米シティプラザ】

2016年4月27日、旧井筒屋跡にグランドオープンしたこの劇場に今更ながら初めて行ってきました! し

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

フランケンシュタイン(中川×小西)【キャナルシティ劇場】

昨日に続いての観劇で、今ツアーにおいて中川×小西の組み合わせは本日が最後との事。 カーテーンコールで

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ドラキュラ伝説【福岡市民会館】

なんでも上様が本格的ミュージカルに主演するのは18年ぶりとの事。 私自身は近年も【暴れん坊将軍スペシ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ピーターパン【北九州芸術劇場】

これって“ブロードウェイミュージカル”なんですね…って事は会場に行って初めて知りました!(ホリプロの

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

王家の紋章(作品感想)【帝国劇場】

夏はダイビングに投資してしまう為『夏の観劇遠征は諦める』というモットーを初めて曲げて遠征決行☆ 「あ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

わたしは真悟【新国立劇場 中劇場】

私、今回のミュージカル舞台化になるまで楳図かずお先生の原作を知らなかった。 でもって観劇前に原作を読

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

サ・ビ・タ【大野城まどかぴあ】

2008年日本初演以来のオリジナルキャストでの再演。 今回の上演に先駆けて昨年11月に同会場にて行わ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2022 (15)
    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 超歌舞伎2022(4〜7日)

    ●公演時間
    〈昼の部〉11:00~13:45
    〈夜の部〉15:30~18:15

    新喜劇出前ツアー2022(10日)

    ●公演時間
    〈昼の部〉12:30~15:05
    〈夜の部〉17:00~19:35

    氷川きよし特別公演(15〜27日)

    ●公演時間
    〈昼の部〉11:00~14:45
    〈夜の部〉16:00~19:45

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑