博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

高野聖/将門【博多座】

高野聖

事前に原作を読んで観劇に臨んだ初観劇の演目。
個人的には劇中にスクリーン投影で情景を説明する手法は『せっかくの生モノの鮮度が落ちる』…と言いますか、ググッと物語に入り込んで観ていた気持ちがカクンと萎えると言いますか…苦手なんです。 ですが、今回は大拍手でした! すっごく上手い使い方で唸りました~!! 生の舞台と完璧に同化していて…シーンとシーンを上手く繋ぎながら、なおかつ観客をより深く物語の世界に誘う役割を果たしていたかと。 モノクロだったのも良かったのかな~。 唯一、皮膚に吸い付いた山ヒルをはがしても血が付いていないのが違和感、でしたが~(ちょっと映画【スタンド・バイ・ミー】を思い出した)
映像もですが、舞台美術や小道具も見所が多いですね! 蛇、馬、コウモリ、ムササビ、蛙、猿…って一つの歌舞伎演目でこんなに沢山の種類の動物が出て来た作品って初めて観ました! 差し金で操る方は新たにこれら動物の動きを研究されたのでしょうか? 険しい岩山の様子や山の渕の様子は回り舞台で仕切り方に変化をもたせながらスケール感を表現し、闇夜の中で青い照明が怪しく幻想的な世界を醸し出していてグイグイと引き込まれ…まるで映画を観ているような感じを受けました。

玉三郎さん@女は、今公演の演目中で一番色っぽく、艶っぽいかと。 ついと襖を開けて出たその姿だけで妖し気な色気を纏っていて、話し方が丁寧だけどあだっぽくて…獅童さん@宗朝と共についつい惹き付けられてしまう感じ。 當吉郎さん@次郎の存在も何やら不気味で、二人で暮らすこの館になにやら淫靡な雰囲気も漂っている不思議が。 次郎が食事の時に欲しがったものは…あれは何ですか?(後方席で確認出来ず~)
山の渕へ女と宗朝が二人連れ立って向かう時は客席下りがあり、二人を照らして付き添う青い照明係さんが大変そうでしたけど、闇夜に照らし出された二人の顔は大層不気味で…綺麗。 山の渕に二人して入り背中を流す場では、客席シーーーーーーン。 「玉さんが脱ぐなんて!」と、スミマセン!下世話な驚きが~(3階席から観てみたかったゾ!) なんとも官能的でした~。
“人間を獣に変える力を持つ妖女”であった…という事を翌朝旅経つ宗朝に語り聞かせる歌六さん@親仁。 ものすごい量のセリフなのに明瞭でホント聴きやすい。 今公演で改めて思った事「歌六さん、口跡鮮やか~!!」 最近は何故だか老け役が多い歌六さんですが、快活な壮年役も久々に拝見したいものです♪
いや~、ビックリ! 【高野聖】予想外に(失礼!)面白かった~☆

将 門

今公演で、初めてお囃子連中さんが舞台上に(下手に常磐津連中)
和蝋燭の灯りに照らされてすっぽんから玉三郎さん@滝夜叉姫。 客席が「ほぉ~っ」とため息をついて大拍手なのがよく判る。 「やっぱ玉三郎さん、綺麗だわ~」 クモの巣文様の打ち掛け素敵☆ 「覚悟しぃやぁ~!」との大立ち廻りでは「背筋+腹筋、すご~い!」とこれまた客席から感嘆の声が漏れ聞こえました。 玉三郎さんの紋のし菱紋を形作る所作も取り入れられ見応え充分。 ガマの造りがちょ~っとチープで(高野聖が秀逸だったので余計気になる)屋根上に姿を表した時は「よいっしょ、よいしょ」って感じで横から出て来たのに笑えた。 ラストは雷鳴が轟き大屋体崩しで大迫力☆

古典演目が1本あって良かった♪ しかし…笑三郎さん【海神別荘】だけの御出演ってもったいないなぁ~。

関連記事

博多座おぼえ書き

コロッケ錦秋喜劇公演【博多座】

博多座座長公演二度目のコロッケさんです。 私、今年の【博多どんたく前夜祭】で偶然にもコロッケさんの

記事を読む

博多座おぼえ書き

ミス・サイゴン【博多座】

『博多座は10年間この作品を待っていた!!』というキャッチコピーのもと、“博多座開場10周年第1弾!

記事を読む

博多座おぼえ書き

グレート・ギャツビー【博多座】

『全く好みではなかった』という、その一言に尽きる作品だった…。 小池修一郎さんが宝塚歌劇で世界初の

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・夜の部【博多座】

今月の博多座はかつて“三之助”と呼ばれたお三方の花形歌舞伎公演。 いずれも“お家の芸”にチャレンジさ

記事を読む

博多座おぼえ書き

新・近松心中物語【博多座】

冠スポンサーが付いて、大々的に広告展開した博多座公演って…今回が初めてでしょうか? 過去記憶にはナイ

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(吉原×川口)【博多座】

博多座でのレミゼ公演は2004年、2007年、そして今年で3回目。 新演出の上演は初めてです。 映

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・夜の部【博多座】

2012年の今年もその年の観劇納めは【博多座文楽】でした。 『クリスマス寒波にご注意を!』と天気予報

記事を読む

博多座おぼえ書き

レディ・ベス(花總×加藤×吉沢×平方×山口)【博多座】

『ミヒャエル・クンツェとシルヴェスター・リーヴァイの二人が手掛ける世界初演の作品』と聞くと、期待は高

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月博多座大歌舞伎・昼の部【博多座】

本日は朝からかなりの雨脚で降っておりましたが…博多座は【着物の日】です。 去年もそうでしたが…私は

記事を読む

博多座おぼえ書き

KABUKI NIGHT Vol.7 【博多座】

「やはり前回のみ“特別”で終わってしまったか…」という印象の今イベントの客入り具合に、一抹の寂しさを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2021 (4)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 宝塚歌劇月組公演(10/11〜11/3)

    ●初日のみ/15:00~18:05
    ●昼の部/2回公演=11:00~14:05/1回公演=12:00~15:05
    ●夜の部/16:00~19:05

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑