博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

アンデルセン【キャナルシティ劇場】

♪ワンダホ〜、ワンダホ〜、コーペンハーゲン…♪というフレーズが観劇後、頭の中をグルグル回る〜。 昨日初日を迎えたばかりの福岡公演を観てきました。 この後、全国ツアーに出るそうで、福岡がそのスタート!
私、この演目は初観劇。 そしてココまでバレエ色が強い劇団四季の演目を観るのも初めて! バレエ公演自体、あまり観たことがナイのでいろいろと新鮮で面白かった! 『あの童話作家・アンデルセン自身の話しらしい』という漠然とした情報しか持たずに観劇。

アンデルセンと言えば、私が子供の頃【アンデルセン物語】というアニメがあっててそのイメージが強い。 ♪お〜やお〜やアンデルセン、は〜ては〜てアンデルセン、ミスタ〜アンデルセン♪ キャンティとズッコは…妖精だったっけ?…って話が脱線!

うまくハマる表現が出来ないんだけど“バレエ劇団公演”のような、そんな印象を受けるほど、圧倒的にクラシックバレエの要素が強い。【ノートルダムの鐘】で、その圧倒的なコーラスの重厚さに、さすが劇団四季!と改めて感銘を受けたけど、今作はクラシックバレエの確かな基礎があってのダンスなんだな…と今度はその踊りの美しさと、ダンサーの層の厚さに感動。 やっぱりスゴイ劇団なんだな〜と、改めて思った!

「あ!人魚姫って…そうだアンデルセン作品だった!」と、もはやディズニー作品のような印象が強くなっていたので、再認識させられたのと、8月から始まる【リトルマーメイド】福岡公演の良いPRと予習になったのでは?と思える、劇中の【人魚姫】。 海の仲間たちはコミカルに、海中での表現はそれこそ水中を舞うように優雅に…と、このお話しはやっぱり悲しいラストの方が余韻が残るなぁ〜と。 他には【みにくいあひるの子】【はだかの王様】など、劇中劇的にあってお得な感じ☆

おっとりと夢見がちな竹内一樹さん@ハンス・クリスチャン・アンデルセンとしっかり者の弟子・横井漱さん@ペーターの対比が楽しい。 小川美緒さん@マダム・ドーロは他の作品ではBBのバベットしか印象に残っていないけど、THEバレリーナですね。 そして、 松島勇気さん@ニールスですよ! クラシックバレエの松島さんが観れただけで満足☆と言っても過言ではナイけど、このニールスのキャラクターがなかなか面白い男なんで、そのお芝居も楽しめた☆ クラシックバレエの男性のタイツって…股間よりもお尻のプリリッ具合が際立つのね〜。アンサンブルで川口雄二さんもご出演だったけど、残念ながらガシガシ踊る姿はあまり拝見出来ず…。

カーテーンコール、皆で手をつないで上手から下手に長い1列で横切るのが可愛かった♪

キャスト
ハンス・クリスチャン・アンデルセン:竹内一樹/マダム・ドーロ:小川美緒/ニールス:松島勇気/ペーター:横井漱
劇場
キャナルシティ劇場
日時
2017.6.11(日曜日)/13:00〜

関連記事

劇団四季おぼえ書き

ソング&ダンス 60 感謝の花束【キャナルシティ劇場】

この劇場で四季公演を観るのは、ほぼ一年振り。 ハマりにハマって馬鹿みたいに通った【Song&

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

人間になりたがった猫(千穐楽)【福岡シティ劇場】

夏休み企画第2弾! 福岡シティ劇場では初登場のファミリーミュージカル。 劇団四季のファミリーミュー

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アスペクツ・オブ・ラブ【自由劇場】

自由劇場という空間にピッタリな、上質な大人の作品…という印象。 小屋と作品のカラーとのマッチングもか

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・千穐楽【キャナルシティ劇場】

キャナルシティ劇場で、3月13日に開幕した劇団四季【美女と野獣】、8月28日の千穐楽公演に行ってきま

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

壁抜け男【自由劇場】

1999年の福岡初演時に1度見ただけで、今回はそれ以来の観劇。 その時のパンフレットを引っぱり出す

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

思い出を売る男【自由劇場】

“劇団四季のストレートプレイ”を初観劇。 元々、苦手なジャンルなのですが…危惧した通り、気絶時間が飛

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(7)千穐楽【広島・ALSOKホール】

今年2月17日開幕から約4ヶ月間、総公演回数105回で12万人もの動員達成したそうで、本日【美女と野

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

CATS 【キャッツ・シアター】

前観劇から半分くらいキャストが入れ替わっていたようです(キャスト表を見ないと判らない私)。 今回は猫

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ライオンキング【福岡シティ劇場】

2005年5月に秋劇場で観劇して以来の【ライオンキング】です。 福岡バージョンとなると…一体どのくら

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(4)リハ見+西ベルデビュー【広島・ALSOKホール】

今回は唯一、発売日に確保していたチケットでの遠征観劇。 吉谷コッグスワース&道口ルミエールは「東京ユ

記事を読む

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 北島三郎ファミリーコンサート2020(12〜15日)

    ●昼の部/14:00〜16:30
    ●夜の部/-

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑