博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

ユタと不思議な仲間たち【四季劇場・秋】

2004年7月22日の福岡シティ劇場千穐楽以来の…座敷わらしたちとの感動の再会! も~う、どれほど再演を待ち望んでいた事か~悲しい
しかし、座敷わらしの親分・ペドロを当たり役としていた光枝明彦さんも、ち~ちゃこいモンゼ役の高城信江さんもこの間に退団されてしまい、あの千穐楽がお二人のわらしとのホントの別れとなってしまったなぁ…と切なくもあり。
今公演は、東京公演を終えると一年間近くもの全国巡業公演となる為か、ダブル、トリプルのキャスティングがされており、その練習か?!開幕から毎公演のようにキャストの変動が激しい。 初日開いてしばらく経つのに公演回数を重ねる度にカンバニーがまとまって…という感じの楽しみ方は出来ず、個々のキャストがそれぞれで奮闘している印象で一体感がナイのはひどく残念でありました。
…な訳で私、今観劇の一番の目的『道口さんのヒノデロを激しく観たい!』という事は、恐ろしく倍率が低い賭けのような遠征観劇となり、いつも以上に劇団四季のキャスティングシステムに不満タラタラ~(チケット購入時点ですでに賭けなんですが)。 観劇前に観た、歌舞伎座【女伊達】の着付後見の芝のぶさんに「お願い!12日のマチネ、出て~っ!」と祈りを捧げましたし(注:道口さんは中村芝のぶさんに劇似なのだ) その怨念にも似た祈りが通じたのか?幸運にも道口ヒノデロを拝見出来ました~♪
ヒノデロ年数を経て、感じた道口ヒノデロの成長…と言うと何様ですが(注:以下、激しく贔屓目入ってますので→)より演技が細かく丁寧で、細部にまで表情を含めた所作が計算されて演じられている印象。 出来る事なら座った時に、着物の袖を腰元みたいに膝の上に広げてくれたら嬉しいなぁ~と、思ったくらいで♪ 以前より“女っぷりがグンと上がった”とイイますか(いや、ヒノデロは男の子ですから!)艶っぽい色気が増していて…クラクラきました。 衣紋の抜きっぷりと襟合わせの空きっぷりが、片岡秀太郎さんとイイ勝負(←解る人にはイメージし易いですね?)で、これまた色香が立ち上って…近くで見ても美人さんで、たまらんかったとです!
福岡公演時に毎回ハラハラしたバトンキャッチは本日は全く危げなく拍手☆だったのですが…「足だってちゃ~んと付いてる方がイイんだわよ」とバトン時の足上げ回転は…どうも苦手でいらっしゃるようで~、今公演も相変わらず不調汗 床に手をついて体を支えて回転してみては?と思うのですが(いらん世話?)
道口さんの歌を存分に堪能出来たのはルミエール以来! 細かい演技も好きなんだけど、歌、歌、歌がガッツリ聴きたかったんです♪ う、嬉しい…。
私『○○さんの演じる○○が好き』というのは沢山ありますが“道口さんの演じるヒノデロ”!これが最強ビカイチ☆である事を今回再認識。
その他のキャストは…
岸本美香さん@モンゼ ホントにち~っちゃこくてニコニコしてて可愛くてたまらない! 故に座敷わらしになってしまった事実はとても辛く悲しく心に響いてきて胸が痛くなります。 【美女と野獣】のチップでしか拝見した事がなかったので、すごく楽しみでした♪ 今後のご活躍に期待大!
菊池正さん@ペドロ ビジュアルはダンディな親分です。 歌を拝聴した事がなかったので、失礼ながら上手いのにビックリ! 演技はクスッと笑えるポイント、ポイントで…客席の笑いが全く取れていなかったのは残念…。
丹靖子さん@クルミ先生 最強! ダイスキ♪
今公演から、カーテンコール時にキャスト客席降りで、歌詞パネルが舞台上部から下りて来て皆で大合唱→キャストそのままロビーに出て観客をお見送り、というファミリーミュージカル趣向になっていました。
ファンサービスとしては嬉しいし、なんてったって子供も大喜び…だけれども、作品の余韻が残らないのはいかがなものか?と。 座敷わらし達との切ない別れを乗り越えて、ユタは更に強く逞しく成長していくんだろうな…という、そういう作品の余韻が私は好きでしたので、今回の趣向は、今せつない別れをしたばかりの座敷わらし達がすぐに笑顔で再会!という…ひどく興冷めで残念な改訂と私は感じました。 おそらく今回の全国長期上演【児童招待公演】の為の仕様なんでしょうけど…作品ファンとしてはビミョ~。
大好きだったペドロの煙草のシーンがカットになっているのは世の禁煙ブーム?と『子供が煙草を吸う』という印象を与えるからでしょうか? あのシーンはペドロが座敷わらしになって300年もの永い間彷徨っている悲しみや、ヒノデロが明治35年生まれと判るくだりで、つい最近までこのような悲しい出来事が行われていたんだな…と解る大切なシーンだと思うのです(ヒノデロの乙女な部分がと~っても可愛い重要萌えポイントラブなのに!) 元禄って言われたって、天保って言われたってピンと来ませんもの! シーン復活、切望です!
鉛筆【ユタと不思議な仲間たち】原作・TVドラマ・ミュージカル比較レポート

青い旗キャスト
ペドロ:菊池 正/ダンジャ:増本 藍/ゴンゾ:西門宇翔/モンゼ:岸本美香/ヒノデロ:道口瑞之/ユタ:藤原大輔/小夜子:笠松はる/ 寅吉 :吉谷昭雄/ ユタの母 :菅本烈子/ クルミ先生 :丹 靖子/大作 :中村 匠/一郎 :遊佐真一/ 新太 :小川善太郎/ たま子 :上原のり/ ハラ子:木村仁美/ 桃子 :石栗絵理

関連記事

劇団四季おぼえ書き

ウィキッド【大阪四季劇場】

東京開幕直後一度観て以来の…二回目のウィキッドです。 でもって大阪四季劇場も開場直後のマンマ観劇以

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アスペクツ・オブ・ラブ【自由劇場】

自由劇場という空間にピッタリな、上質な大人の作品…という印象。 小屋と作品のカラーとのマッチングもか

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣【京都劇場】

まさか、今年になって2回も京都に行くことになるとは!と、自分でも驚きの突発遠征。 来月には福岡で開幕

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ウエストサイド物語【四季劇場・秋】

舞台の【ウエストサイド物語】って世界中で、日本で…いろいろな興行元で上演されているでしょうけど、私は

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コーラスライン【MONTAGE】面白すぎ!

ACLの数あるナンバーで、一番ウキウキと楽しくて好き♪…という方が多いと思われるリチーのナンバー【M

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(4)リハ見+西ベルデビュー【広島・ALSOKホール】

今回は唯一、発売日に確保していたチケットでの遠征観劇。 吉谷コッグスワース&道口ルミエールは「東京ユ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

王様の耳はロバの耳【福岡シティ劇場】

この夏、福岡シティ劇場では“劇団四季のファミリーミュージカル”2作品が連続上演!…という事で観てきま

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

人間になりたがった猫(千穐楽)【福岡シティ劇場】

夏休み企画第2弾! 福岡シティ劇場では初登場のファミリーミュージカル。 劇団四季のファミリーミュー

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

CATS 【キャッツ・シアター】

今年の2月以来の観劇。 総括としては…「よほどの事がない限り、もう観ることはナイだろう」 ハマる

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アンデルセン【キャナルシティ劇場】

♪ワンダホ〜、ワンダホ〜、コーペンハーゲン…♪というフレーズが観劇後、頭の中をグルグル回る〜。 昨

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 今月の公演は中止

    ●昼の部/-
    ●夜の部/-

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑