博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

MUSICAL NIGHT Vol.2『ミス・サイゴン』の魅力に迫る!【博多座】

昨年【エリザベート】公演時に開催されたVol.1に続いての開催。
司会は【KABUKI NIGHT】と同じく地元タレント・中島浩二で、KABUKI…の時よりリラックスしている印象(歌舞伎はやっぱ構えちゃうのか?)。 しかし、今回ばかりは進行を橋本さとしさん&岡幸二郎さんにお任せしちゃった方が盛り上がったような気が~汗 司会者もゲストもお互いに遠慮していて、せっかく面白トークが期待出来たメンバーだったのに…今ひとつ“はっちゃけ度”が足りず残念な印象。
しかしながら自称・サイゴンマニアの岡さんが披露するマニアックな小ネタに「ほぉ~♪
一階客席のみ使用していたようで、そこはほぼ埋まる客入りで8割はすでに今博多座公演を観劇済みの人、残りの2割は未観劇。 トーク中、やたらとその2割の方々を名指しで作品をアピールしていたのに笑えました♪
ラーメン藤岡
舞台はサイゴン陥落のパレード行進の場…とイイますか、両袖+正面奥に白いシャーリング幕が下ろされている状態で、上手より岡幸二郎さん浅野実奈子さん藤岡正明さん橋本さとしさんの並び。 舞台衣装での登壇と思っていた下手2人はGパン+トレーナー+スニーカーという普段着での登場に、客席から失笑が~。 いやいやお二人とも“らしく”って良かったデス♪ 舞台って、素の状態で見ると思っていたより傾斜が大きくて驚きました!
式次第は順番があやふやですが…

スクリーンを使っての人物相関図の説明~舞台写真数点を使っての見所シーンの説明帝劇と博多座の違い(小屋と観客)~自分の役を漢字一文字に例えると(ジョン=優、エレン=温、クリス=闇、エンジニア=自)~他の役をするとしたら(岡=ジジ、浅野=エンジニア、藤岡=キム、橋本=酒場のダンサー姉ちゃん)~博多での過ごし方+オフショットの一枚披露質問コーナープレゼントクイズ大会…と約1時間半程度のイベントでした。
博多でのオフショットを披露した藤岡くんは“ラーメンを食べている写真”だったのですが、この一枚に対して「一口に対しての麺の量が多すぎる!味わってないだろ!」「まず最初はスープを一口飲んでから麺に行くのが作法だ!チャーシューの動きで飲んでナイ事が判る」「眼鏡が曇ってる!まず視覚でもラーメンを味あわないと」と岡さんと司会者から矢継ぎにダメ出しで大笑い♪
全体を通して印象深かったのは二幕冒頭のジョン【ブイドイ】の場に対して「後ろのスクリーンには“本物”が映っているのに対して、その前に“嘘”…というか演技をするという事がものすごく難しい」というお話。 リアルを背後に映写しながら、その前で“演技”という嘘の世界と人物を演じる事を、観客に対して違和感を抱かせない…という事が難しいとの事でした。
同じような手法で、劇団四季【夢から醒めた夢】という作品中に、戦争をはじめとする世界中の悲しい出来事に苦しむ子供の姿をスクリーンに映写し、その惨状を演者が歌う…というシーンがあるのですが、あれは…あまりにも空々しくて、いつも目を伏せてしまう苦手シーンなんです、私。 なので同じ用な手法での【ブイドイ】に、嫌悪感を抱く事なく見入ってしまった自分に驚きを感じていたのですが、お話を聴いて「なるほど、納得~」でした。
日本では帝国劇場と博多座でしか上演する事が出来ない巨大セットの今作品。 歌謡ショーでの巨大神輿が目玉☆北島三郎公演でさえトラック12台分に対して、なんと!28台分との事で「そりゃ~、年末の文楽公演を中止してセットを組まなきゃ間に合わないわなぁ」と、驚きながらも、またしても恨みがましく思ってしまいました汗 公演がナイ時はオーストラリアにある倉庫に丸ごと保管しているとは…どこまでもスケールがでっかい作品です!

関連記事

博多座おぼえ書き

イーストウィックの魔女たち【博多座】

5日(火)夜の部と本日、計2回の観劇でした。 本日は明日が千穐楽…という事もあり、前日より博多遠征

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・夜の部【博多座】

2012年の今年もその年の観劇納めは【博多座文楽】でした。 『クリスマス寒波にご注意を!』と天気予報

記事を読む

博多座おぼえ書き

ヤマトタケル(考察:タケルとタケヒコ) 【博多座】

博多座初日、三階席からの観劇で舞台がすごく遠く感じられ(スーパー歌舞伎は=舞台セットはシンプル+衣装

記事を読む

博多座おぼえ書き

ダンス・オブ・ヴァンパイア【博多座】

「ハマる人はすご~くハマるけど、そうじゃなかったらホントに受け付けられない作品だよ」と初演を観た方か

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(吉原×川口)【博多座】

博多座でのレミゼ公演は2004年、2007年、そして今年で3回目。 新演出の上演は初めてです。 映

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル【博多座】

【一番多く観た事がないキャストが出ている】+【吉原・和音夫妻が出ている】という2つの条件でチョイスし

記事を読む

博多座おぼえ書き

三国一夜譚【博多座】

通し狂言【三国一夜譚】は3年前の平成14年9月、大阪松竹座で初演された新作歌舞伎。染五郎さんが題材を

記事を読む

博多座おぼえ書き

エリザベート(千穐楽)【博多座】 

初日を迎えるまでは、あんなに待ち遠しかったのに…開けてしまうと、千穐楽までアッという間でした。 手元

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・昼の部【博多座】

歌舞伎役者さんとしては『博多座最多出演じゃ?』な、亀治郎さんの“亀治郎としては最後の博多座”という今

記事を読む

博多座おぼえ書き

KABUKI NIGHT Vol.7 【博多座】

「やはり前回のみ“特別”で終わってしまったか…」という印象の今イベントの客入り具合に、一抹の寂しさを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • ローマの休日(1〜12日)

    ●昼の部/12:00〜14:55
    ●夜の部/17:00〜19:55

    両国花錦闘士(17〜28日)

    ●昼の部/12:30〜15:30
    ●夜の部/17:30〜20:30

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑