博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

美女と野獣・日本公演10周年【福岡シティ劇場】 

1995年11月24日が日本における【美女と野獣】公演初演だそうで…本日は10周年! 当時は東京と大阪で同時公演されたとの事で、ディズニーの夢の世界に連れて行ってくれる舞台を初めて目の当たりにして、大きな驚きと感動が東と西で連日生まれていたんでしょうね(って事はあの巨大セットは2セット今でもあるの?)
ロビーでは初演時から今福岡公演までの歴代ポスター展示がされており、デザイン的な歴史(レイアウトとか書体とか)も感じられと~っても興味深かったです 野村玲子さんは写真だけでも…さすがの“ヒロインオーラ”が感じられました。
舞台は…
佐野正幸さん@ビースト 京都公演以来、久し振りに拝見して…大きな衝撃と感動がありました。 こんなに細かく丁寧な演技だったっけ? こんなに大迫力な歌声だったっけ?…って、その素晴らしさに戸惑い、終始「佐野さんスゴイ、佐野さんスゴイ~」と心の中で連呼してました(私が佐野さんの舞台を最後に拝見したのはマカルディ@エビータだったので)
癇癪ぶりや、恥じらいぶり、せつなさ…痛いほど伝わってきます。 目が大きいからでしょうか? すっごく表情のアクションが大きくて解りやすい印象も。
一幕ラスト【愛せぬならば】は聴いていて座席シートに身が埋まってしまいそうになるほどの迫力と重厚感があり…それでいて野獣の気持ちに心を寄せて泣けてしまう、というもので圧巻でした(ちょっとオペラ歌手みたいな歌い方な印象というと語弊あり?) 素晴らしかった~♪
吉原光夫さん@ガストン ますます冴えている!といった印象。 今までは“阿呆カッコイイ”というガストン像を見事に表現されていましたが、本日は暴徒化するシーンがスゴイ迫力でホントに恐かったです! 野獣を殺そうとするガストンを本気で憎く感じたもの!
百々義則さん@ルミエール 実は…本日ですでに三回目の観劇になる百々ルミエール。 回を重ねるごとにどんどん進化されていて「さすが~」な印象。 スマートな方だから燭台のヴィジュアルがピッタリ♪ オリジナルな部分も多々見受けられてその発見が楽しいです。 コミカル系にフッていかれるのでしょうか?
吉谷昭雄さん@コッグスワース 改めて言いますけど…大好きです! 何のセリフを言うのか、どういうリアクションをするのか分っていても…必ず笑ってしまいます。 ポット夫人が「魔法がどんどん進んでるんだわ」って言った時「ああっ」て泣きべそかいて自分を抱きしめている事に気がついたのですが…あれは前からですか?(ですよね、きっと)

星 日本公演10周年特別カーテンコール 星
岩本潤子さん@ミセス・ポットが舞台中央から幕前に登場し【美女と野獣】を歌うと、背後の幕が静かに上がり舞台後方に大型スクリーンが登場。 美女と野獣が公演された各地の劇場と公演期間が映像で紹介され、ここ福岡で10周年“Happy Birthday Beauty and the Beast”というメッセージで〆
静かに終わると、1階客席後方より賑やかな鼓笛隊のリズムが聞こえ、出演者達が客席通路を歩き、客と握手をしながらステージへ上がりました。
百々義則さん@ルミエールが代表して挨拶、そして「一緒にお祝いの歌を歌ってくださいますか?」と客席と一緒にバースデーソングを歌うと幕が上がり、大きな三段ケーキとBOGの蝋燭も立ち上がったうえ、シャンパン花火も 天井からハートの花吹雪が舞い降りてきてと~っても綺麗☆ 「それでは皆で蝋燭の火を吹き消しましょう」という事で、全員「ふーっ」「ふーっ」ってする趣向が面白かったです。
これからも日本で末永く愛される作品でありつづける事でしょう♪


青い旗キャスト
ビースト:佐野正幸/ベル:井上智恵/モリース:高橋辰也/ガストン:吉原光夫/ルミエール:百々義則/ルフウ:遊佐真一/コッグスワース:吉谷昭雄/ミセス・ポット:岩本潤子/タンス夫人:織笠里佳子/バベット:井田安寿/チップ:川良美由紀/ムッシュー・ダルク:長 祐二

関連記事

劇団四季おぼえ書き

ミュージカル 李香蘭【四季劇場・秋】

福岡公演時には…これまた何故か見逃していて、私、今回が初見でした(舞台中継の録画映像は観た事あり)

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アンデルセン【キャナルシティ劇場】

♪ワンダホ〜、ワンダホ〜、コーペンハーゲン…♪というフレーズが観劇後、頭の中をグルグル回る〜。 昨

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

CATS 【キャッツ・シアター】

前観劇から半分くらいキャストが入れ替わっていたようです(キャスト表を見ないと判らない私)。 今回は猫

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コーラスライン【MONTAGE】面白すぎ!

ACLの数あるナンバーで、一番ウキウキと楽しくて好き♪…という方が多いと思われるリチーのナンバー【M

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

マンマ・ミーア!【大阪四季劇場】

お江戸遠征はいつもギリギリの日程しか組んでいないので、歌舞伎座と海劇場が徒歩移動も可能な距離と知りな

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち(1)【四季劇場・秋】

今期の東京リターン公演のチケットを取った時点では「今年(2007年)散々公演したから、次回再演迄はま

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち(2)【四季劇場・秋】

良かった…。 無茶遠征して本当に良かった~ 今期はコレで見納めと思って観るから…という事も作用して

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【福岡シティ劇場】

『日本のミュージカルはこんなに面白いものだったのか。』というキャッチフレーズと、怪しげなポスターで「

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ライオンキング【キャナルシティ劇場】

「またライオンキング?」と思っていたら、10年振り3度目ですって! 時が経つのが早過ぎて恐ろしい…

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

王様の耳はロバの耳【鳥栖市民文化会館】

この夏、福岡シティ劇場ではファミリーミュージカルが2作品連続で上演されまして、いずれも劇中の曲がいま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2019 (8)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • サザエさん

    (2019.9.28〜10.13)
    ●昼の部/11:00〜14:35
    ●夜の部/16:30〜19:35

    ふるあめりかに袖はぬらさじ

    (2019.10.18〜27)
    ●昼の部/12:00〜15:15
    ●夜の部/17:00〜20:15

    組曲虐殺

    (2019.10.31〜11.3)
    ●昼の部/12:00〜15:15
    ●夜の部/17:00〜20:15

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑