濱田めぐみ20周年記念コンサート【EX THEATER ROPPONGI】

過去の濱田さんのライブの際には…迷いに迷って…他劇場での上演演目と上手く絡められる日程でナイことで遠征を諦めてきましたが『20周年記念コンサート』と銘打っちゃったら、これは行くしかないでしょう! と、いう事で六本木に足を運ぶのも、何年振りか判らないほど久し振りで、激しく“おのぼりさん”状態でEX THEATER ROPPONGIへ。
自分が無事チケット確保してから、売れ行きとか全くチェックしてなかったけど、満員の会場にビックリ☆ 追加公演があるくらいだから…そりゃ、そうでしょうけど〜、客層は全体的にちょっと高めなうえ、男性比率も結構で、これまたビックリ。

オープニングは一輪の赤い薔薇を手にグリーンのドレスで上手より登場。 ♪決めたのよ〜「ベルか!BBか!わが家か!」で、すでにテンションMAX! 私、濱田ベルは観た事がなかったし、音源も耳にした事がなかったので、感動ひとしお。 青いあのコスチュームで、あの部屋に閉じ込められたベルが見えましたよ! 一瞬にして、BBのあの空間に連れて行く濱田さんの歌声に改めて感涙。 3月に開幕する福岡BBへの楽しみの助走となりました〜♪ また四季の舞台で一番最近に観たCFYの【Someone to Watch Over Me】が聴けたのは嬉しかった! ポリーがそこに居ました〜、心に染み入りました〜(あっさり某ポリーは上書きされた)。  

…と歌は全てにおいて、ナンバー毎にその演目とそのキャラクターに切り替わり『耳が幸せ!』で、改めて『濱田さん、やっぱ凄いわ!大好きだ!』と心が震えました〜。 劇団四季在籍15年間で11キャラクター(アイーダは約1000回だって!)、退団後5年間で11キャラクターを演じたそうで、残念ながら退団後の東京中心の舞台はあまり追えてナイので、初めて耳にするナンバーも多いものの、キャラクターが伺える表現力に感嘆! 「これからの舞台もず〜っと追い続けたい」と強く思ったライブでした。

…で、MCは…というと、がらっぱちな姉さんぶりで、話の着地点が見えずハラハラしましたが、『とにかく感謝してる!』『私には舞台しかない!』という強い気持ちは伝わってきました。
私が観劇した回のゲストは笹本玲奈さん(沼尾さんが観たかったよぉ〜、わぁ〜ん!)。 淡いピンクのロングドレスでお人形さんみたいな玲奈ちゃんは、3月に控えているジキハイの【その目に】と、レミゼの【On My Own】を熱唱。 可愛い!上手い! でも沼尾さんが観たかった!

そして【シャドウランド】聴きたかった…。

〜 セットリスト 〜
01.わが家(BB)
02.星と月と(Songs For A New World)
03.Someday(メンフィス)
04.星のさだめ(アイーダ)
05.あんな人が(ジキル&ハイド)
06.愚かな愛(デスノート)
07.イカれた帽子屋(アリス・イン・ワンダーランド)
08.自由を求めて(ウィキッド)
09.その目に(ジキル&ハイド) ×笹本玲奈
10.On My Own(レ・ミゼラブル) by笹本玲奈
11.How about a Dance(ボニー&クライド)
12.胸の振子
13.黄昏のビギン
14.Someone to Watch Over Me(CFY)
15.Love Never Dies(ラブ・ネバー・ダイ)
16.手をすり抜けて(マンマ・ミーア)
17.As if We Never Said Goodbye(サンセット大通り)
18.メモリー(CATS)
19.愛した日々に悔いはない(A Chorus Line)

濱田LIVE

劇場
EX THEATER ROPPONGI
日時
2016.1.10(日曜日)/13:00〜
タイトルとURLをコピーしました