博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

博多座【2001年公演】観劇記録

博多座での歌舞伎公演に関しては開場当初から、観劇記録を自分のサーバ内に残していたものの、その他の公演記録は、外部の無料WEB日記帳にUPしていたものだから…ある日突然予告も無しにドロン! 突然サービスが利用不可となり、データを救済する手立てもなく消えてしまい呆然自失!(ここでバックアッブの重要性を学ぶ。 分かっちゃいたけどさぁ…)
…という事で、記憶を辿った【博多座2001年公演】観劇記録。
2、6月の歌舞伎と11月【小笠原騒動】は観劇レポート個別記事にUP済み。

4月・滝の白糸

これまた「タイトルだけはよく耳にしていたけど、お話しは全く知らないなぁ」という事で観劇。主人公があまりにもあんまりにも救いがなく可哀想で…「お芝居はみ終わった後にスッキリ!心が明るくなるものがイイ」と強く思った次第。 セットが素晴らしかった! そして…ロビーの物販“八重子Tシャツ”にはシビレた!
水谷八重子@滝の白糸/辰巳琢郎@村越欣弥

5月・小林幸子特別公演

サブちゃん公演に味をしめて、サッちゃんの歌謡ショーにも初参戦! 一部は【次郎長外伝・恋女房お蝶】で立ち廻りの勇ましい姿と花嫁姿を見れ、二部は【華麗なる幸子の世界】は紅白のあの衣装に客席どよめく。 私的には柏原芳恵のブリブリな演技と『紅茶の美味しい、喫茶店〜』が聴けたのが衝撃的だった!
小林幸子/横内正/小松政夫/柏原芳恵/松山正路

7月・ロミオとジュリエット2001

“博多座・初ブロデュース作品”と銘打っての上演で、地元劇団からの出演もあり(徳永玲子さん@モンタギュー夫人)、福岡出身の役者さんを揃えました…って感じ。 成功すれば、他の劇場へパッケージ販売予定だったのでしょうが…大コケ。 当時、職場にビックリするほど招待券が出回っていた。 所々“ミュージカル風味”になる謎な演出。 戸川京子さん@乳母アンジェリカで強烈に印象に残っていたら、翌年亡くなったので、更に記憶に残ることに…。 牧瀬里穂さん@ジュリエットの翌年は「ヒューヒューだよ!」の名言を残すドラマへ主演。 高杢禎彦さん…記憶にナイ。
牧瀬里穂@ジュリエット/山本耕史@ロミオ/夏木マリ@キャピュレット夫人/高杢禎彦@キャピュレット

8月・宝塚歌劇雪組公演:凱旋門/パッサージュ

子供頃、母親が【玉屋・観劇の会】に入っていたので『毎年どんたくは宝塚歌劇団を観劇』が我が家の恒例行事化していたのですが、大人になってからは久し振りの観劇。 それは…『仁左衛門さんの娘さん、汐風幸さんがご出演だから』という理由で臨む。 「轟さん、カッケェェェェェ!」「ヅカ、面白いっ!」という感想で、翌年から8月のヅカ公演はしばらく毎年観劇することに。
轟悠・月影瞳・絵麻緒ゆう・汐風幸

9月・北島三郎特別公演

前年のサブちゃん公演に行った先輩から「めっちゃ面白い!是非観に行くべし!」と強烈プッシュを受けての観劇。 お芝居は「……。」なものの、歌謡ショーは 「サブちゃん、歌うまいっっっっっ!」(←失礼すぎ)、「北島丸、スゴすぎっ!」「まつり、高まるぅぅぅぅ!」で、翌年からしばらく毎年観劇することに。 博多座の客層がガラッと変わるのは宝塚の比じゃありません!
北島三郎/山本譲二/野川由美子/原田悠里/小金沢昇司

10月・エリザベート

【博多ざ・んまい】のアクセス数が跳ね上がり、問い合わせメールも多く、アタフタ対応したのは懐かしい思い出♪  「そんな発売前からチケット確保の心配をしなくても…」と東京初演時の人気も知らずに悠長に構えていた当時の私。 結果、私も博多座に通う事となり“エリザベート蟻地獄”へ…(現在に至る)。
一路真輝@エリザベート/山口祐一郎+内野聖陽@トート

関連記事

博多座おぼえ書き

新派特別公演【博多座】

11月の博多座は前半が【ジェーン・エア】で後半の5日間、20日から25日が【新派特別公演】です。 【

記事を読む

博多座おぼえ書き

〈開場披露〉柿葺落大歌舞伎・夜の部【博多座】

いよっ! 待ってました! く~っ、この日をどんなに待っていたことか…。 同じ思いだった人、一度歌舞

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(20周年SP全キャスト=2日目)【博多座】

博多座レミゼ公演におけるSPキャスト【歌穂さん@エポニーヌ×禅さん@マリウス】全5公演もついに本日千

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・昼の部【博多座】

男の花道 私、藤十郎さんでしか拝見した事がなかったので「上方歌舞伎の看板役者の役を猿之助さんが?」

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座陽春特別公演【博多座】

直美さんは…もう何度目の博多座でしょうか? “春の博多座は藤山直美”が定番化しつつあったここ数年でし

記事を読む

博多座おぼえ書き

三国一夜譚【博多座】

通し狂言【三国一夜譚】は3年前の平成14年9月、大阪松竹座で初演された新作歌舞伎。染五郎さんが題材を

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座【2004年公演】観劇記録

博多座での歌舞伎公演に関しては開場当初から、観劇記録を自分のサーバ内に残していたものの、その他の公演

記事を読む

博多座おぼえ書き

喜劇 極楽町一丁目(嫁姑地獄篇)【博多座】

2005年3月【喜劇・売らいでか!】以来の浜木綿子さん博多座座長公演です。 この年のこの月に、あの福

記事を読む

博多座おぼえ書き

新・三国志II【博多座】

前回のPart1は“大千穐楽”という事もあって、遠征組も多く、熾烈なチケット争奪戦のうえ、補助席、立

記事を読む

博多座おぼえ書き

ミュージカル・天草四郎 【博多座】

毎年12月の博多座は【市民檜舞台の日】として様々な公演が数日単位で上演されていますが、私、文楽公演以

記事を読む

    • 2019 (5)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • レ・ミゼラブル

    (2019.7.29〜8.26)
    ●昼の部/12:30〜15:40
    ●夜の部/17:30〜20:40

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑