博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

通し狂言・加賀見山旧錦絵【国立劇場】

3月の国立劇場は、ほぼ毎年新作歌舞伎がかかっていましたが、今年は違いましたね。 しかし!翫雀さんはご出演。 しかも岩藤で! これを聞いただけで、遠征は即決でしたが、尾上は扇雀さん、お勝はなんと亀治郎さん!とくれば、嬉しさ倍増。
国立劇場が新・システムになってから初めての遠征でもありました。 銀座から外苑をうららかな春の日差しの中、の~んびりとお散歩しながら参上しましたが、終演後はスーパー競歩で歌舞伎座へ汗だく猛ダッシユでした~。

実は私【再岩藤】の方しか舞台で観たことナイので 今回のどの部分が“上方風”なのか判らず ( ̄∇ ̄*)ゞ 序幕“三圍花見の場”の上演は珍しい…らしいです。
岩藤って“ただ怖い悪ドイおばさん”というイメージ しかなかったけど、亀鶴さん@求女をめぐって 翫雀さん@岩藤鴈成さん@腰元早枝が恋の火花を 散らすのが面白かった♪ 岩藤が求女にジットリと 迫るシーンはなんだかすごくイヤラシくて、求女の おろたえぶりには気の毒な気さえしました。 かなり笑えるシーンでしたけど(*^m^*)  岩藤も恋する 女性だったですね~♪
扇雀さん@尾上は、草履打されて意気消沈しての花道 の引っ込みが素晴らしかった。 感動しました。
亀治郎さん@お初。 なんだか鴈治郎さんに表情まで もが似ていたような気がしたのは…気のせい? 最後は、すっかり舞台を持っていっちゃいました~。

翫雀さんの女形、少しづつ免疫がついてきた…かな~。私。

関連記事

国立劇場おぼえ書き

花形若手歌舞伎【国立劇場】

『国立劇場新作歌舞伎脚本入選作品』という事で、その上演に至るまでは数々のご苦労があったんだろうなぁ…

記事を読む

国立劇場おぼえ書き

一谷嫩軍記【国立劇場】

国立劇場での観劇は久々です。 以前は毎年三月は新作ものがかかる事が多く毎年行っていたのですが…ご無沙

記事を読む

国立劇場おぼえ書き

當世流小栗判官・第二部【国立劇場】

乍憚口上 段治郎さんが口上(ナビゲーター)。 登場人物達が寸劇形式で一部の見せ場を断片的に紹介する

記事を読む

国立劇場おぼえ書き

通し狂言・伊賀越道中双六【国立劇場】

秋の国立では…ほぼ毎年?鴈治郎さんが意欲的な試みの舞台を見せてくれますね。 今年は【通し狂言・伊賀越

記事を読む

国立劇場おぼえ書き

初春文楽公演・国性爺合戦【国立文楽劇場】

国立文楽劇場デビューです♪ 「一度、本場の専用劇場で文楽を観てみたい」と思っていたところ、年末恒例と

記事を読む

国立劇場おぼえ書き

初春歌舞伎公演「通し狂言・しらぬい譚」国立劇場

国立の“新春☆菊五郎劇団”の公演を観るのは久し振り♪ 館内も初春の飾りが華やかで素敵なのは『国立劇場

記事を読む

国立劇場おぼえ書き

元禄忠臣蔵・第一部【国立劇場】

“国立劇場開場40周年記念”(緞帳も新調☆)で全10篇からなる壮大な昭和歌舞伎の傑作・真山青果作【元

記事を読む

国立劇場おぼえ書き

錦秋文楽公演・昼の部【国立文楽劇場】

“国立文楽劇場開場25周年記念”の公演だそうで、私にとってはこの劇場デビューをした昨年1月末以来の観

記事を読む

国立劇場おぼえ書き

當世流小栗判官・第一部【国立劇場】

実は…古典の【小栗判官】を観るのは初めて。 過去一度、京都南座('92年3月公演)にてスーパー歌舞伎

記事を読む

国立劇場おぼえ書き

蓮絲恋慕曼荼羅【国立劇場】

国立劇場の【歌舞伎脚本入選作】の上演はココ数年?3月に続けて上演されていた印象でしたが…ご贔屓役者さ

記事を読む

    • 2018 (8)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 1789-バスティーユの恋人たち-(2018.7.3〜30)
    ●昼の部
      【平日】13:00〜16:00
      【土日祝】12:00〜15:00
    ●夜の部
      【平日】18:00〜21:00 
      【土日祝】17:00〜20:00

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑