博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

新・三国志III ~完結篇~【博多座】

新橋演舞場の次が博多座とは~!! シリーズ完結篇という事で3、4月に新橋演舞場で上演。 例年だと博多座公演は一番最後の翌年くらいの上演が常だったのに、今回はな、なんと! 演舞場の次! 猿之助さんは『博多座は“スーパー歌舞伎座”』という気に入りよう故か? 出世(?)したもんだ、我らが博多座! 公演はちょうど“博多どんたく”で賑わうGWから始まり、祭りの時には出演者が博多座バルコニーへ出て、どんたくパレード隊に花びらを散らすパフォーマンスがありました♪(仲達は段四郎さん&金田龍之助さんの交互出演)また今回は、地元ローカルTV番組に公演PRの為に21世紀歌舞伎組の面々が大露出! これが…観劇促進となったか否かはナゾではありましたが、ファンとっては各々のキャラが如実に出て大変楽しめた番組でした♪

一幕

観劇の事前に“唄や踊りがある”という事を耳にしていたので「まさかミュージカル仕立て?!」と思わないまでも、劇中にいきなり歌い出す不自然さを警戒して構えてしまいました。 前回では『夢みる力』があまりにも連呼された為に正直言って興醒めしてしまった自分がいましたから、その二の舞いかと…(^_^;) Part1から続けてみている人にとっては耳に馴染んだ曲で、何かしらの愛着を感じているであろから違和感が少ないのでは?と思ったりもしましたが~。 セットやその仕掛けは今までのスーパー歌舞伎の要素を踏襲したものになっていて懐かしく楽しめました。 この幕最後の船出は…いつも船が出る演目では不思議なのですが、古典でもスムーズな動きですよね? 花道をもあんな動きが出るのはどういう仕掛けなのでしょう? 橋の上で王凌を見送る沢山の兵士達の…一人ひとりの悲しみの表現が面白かったです。

二幕

今回、一番好きだったのはこの幕の冒頭、魏と蜀の国境近くの竹林でのヒッピー登場シーン。 回舞台に鏡の柱がたち、その周りをポーズをとって囲み…ちょっとエキゾチックなBGM♪ とってもお気に入り☆ 馬謖の子、馬潤が成長しこのような末路になっていたとは、ちょっとショック! 父亡き後は周りの愛情を一身に受けて…素直に育ったものだとばかり勝手に思っていたから…。 そして「初めて観たわ!こんなダンジロさん!」と、ちょっと衝撃的だった“カワイイ書生・宋康”を演じる段治郎さん。 “カワイイ”という一面を見せるお役で拝見したコトがなかったので、これは嬉しかった♪ 今回は右近さん@姜維が本水での立廻り。 しかし…もう目が慣れてしまった為か、奮闘していると猿之助さん@王凌が馬に載ってアッという間に舞台手前に登場してしまう為か…何故だか陰が薄かった(^_^;)

三幕

段四郎さんor金田龍之介さん@仲達猿四郎さん@子尚延夫さん@子元の“紫親子”は今回も良かった! 今回“が”一番良かった! カッコ良かった! ヒーローとして民の心を掴んで愛される主君ではないけれど、“天下統一”という自らの執念と化した野望の為に我が子までをも巻き込んでなしとげた仲達。 最後スッポンでの「私は偉大な闇だ!」という不敵な高笑いでの引込みはゾクゾクする迫力があって大好きでした♪ 作品としての感想は…「感情移入できるキャラが一人もいなくて正直辛かった」。 Part3まで作る必要があったのかなぁ…と思いました。 しかし、8万枚の桃の花びらが客席全体に降り注ぐ宙乗りをはじめ、数々の“スーパー歌舞伎”ならではの演出、堪能しました。

猿之助(王凌・関羽)/歌六(鍾会・孫権)/右近(姜維)/笑也(春琴)/猿弥(陳寿・陸抗)/笑三郎(静華)/春猿(伊代)/段治郎(関平・宋康)/亀治郎(馬潤)/門之助(彩霞)/段四郎or金田龍之介(仲達)

関連記事

博多座おぼえ書き

六月博多座大歌舞伎・昼の部【博多座】

寿猩々 片砂切が鳴って幕開くと、ズラッと居並ぶお囃子方。 なんだか観ているこっちも背筋がピン!とし

記事を読む

博多座おぼえ書き

レディ・ベス(花總×加藤×吉沢×平方×山口)【博多座】

『ミヒャエル・クンツェとシルヴェスター・リーヴァイの二人が手掛ける世界初演の作品』と聞くと、期待は高

記事を読む

博多座おぼえ書き

宝塚歌劇雪組公演・フットルース【博多座】

【フラッシュダンス】や【フットルース】等の青春グラフティ的なダンス映画の公開が相次いだ当時を懐かしん

記事を読む

博多座おぼえ書き

笑う門には福来たる ~女興行師 吉本せい~【博多座】

直美さん、博多座は3年振り7度目の公演だそうで…毎年登場だった印象だったので久々〜と楽しみに観劇。 

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(20周年SP全キャスト=1日目)【博多座】

歌穂さん@エポニーヌ×禅さん@マリウスは別記事にて語りつくしましたので、他のSPキャストを中心に…。

記事を読む

博多座おぼえ書き

屋根の上のヴァイオリン弾き・千穐楽【博多座】

2006年の博多座公演の幕開け【屋根の上のヴァイオリン弾き】が本日千穐楽を迎えました。 昨年の11

記事を読む

博多座おぼえ書き

石川五右衛門【博多座】

『ストーリーは置いといて…海老蔵がやりたい事を全て詰め込んだ“海老蔵ショー”』という、情報を得て観劇

記事を読む

博多座おぼえ書き

ジェーン・エア【博多座】

松さんは今年5月【ラ・マンチャの男】に続いて二度目の博多座登板。 2002年以来10年振り…で、いき

記事を読む

博多座おぼえ書き

鯉つかみ【博多座】

終日雨で、風もなかなか強く…【着物の日】を狙って本日のチケットを確保したものの、着物着用は諦めました

記事を読む

博多座おぼえ書き

KABUKI NIGHT Vol.7 【博多座】

「やはり前回のみ“特別”で終わってしまったか…」という印象の今イベントの客入り具合に、一抹の寂しさを

記事を読む

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • ローマの休日(1〜12日)

    ●昼の部/12:00〜14:55
    ●夜の部/17:00〜19:55

    両国花錦闘士(17〜28日)

    ●昼の部/12:30〜15:30
    ●夜の部/17:30〜20:30

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑