博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

アイーダ【福岡シティ劇場】

実は…福岡公演開幕後、5月(井上×福井×佐渡)、6月(濱田×福井×五東)と観劇しておりまして今回で3回目。
“好き”な演目ではあるのですが、“ハマって通う”までは気持ちが動かず…で、この観劇ペースなんです。
“夏休み期間中”という事か?福岡初登場作品ながらにして観客動員に苦戦しているのか?“イベント目白押し”の福岡シティ劇場。 本日は『出演者が本番直前に舞台の見所を教える!』という【プレステージトーク会】がありました(出席者:大塚、今井、品川、大石、深堀、榊原、舞台監督&助監督)が…「自分はこんなに大変だ!」という事の主張に終始した感があり、まだ観た事がナイ人は「ん?」なトークだったかと~。
私、大阪公演時観劇(濱田×福井×森川美穂)も含めて本日は“阿久津ラダメス&中嶋メレブ”がお初でした。

濱田めぐみさん@アイーダ 今日は…何かあったのでしょうか?…ってなくらいの気持ちの入りようで、それが気負いすぎて…つんのめってる(←方言?)という印象。 感情移入が激しくて、観ていて疲れるというか。 もう少しクールダウン希望!な本日の熱演。
今まで拝見した中では一番熱く、涙するアイーダで、女王として自覚する「今~、今~、いぃぃぃぃまぁぁぁぁ~っ!」は鳥肌、更に倍率ドン!ではありました♪
アイーダなんですよね、濱田さん。 上手く表現できませんが…“そのもの”というか“ノリ移っている”というか。 「アイーダといえば…」という俳優さんですね。 素晴らしい。
阿久津陽一郎さん@ラダメス なんというか…坊ちゃんな感じ。 子供の頃から自分の思うがまま、欲しいものを手に入れて、そのまま大人になった…とでも言いますか。 苦悩がナイ人という印象。 ですから、アイーダに共感を覚え惹かれていく部分がちょ~っと難があるような感じを私は受けました。
五東由衣さん@アムネリス 京都公演で登場されてから、遠征したい衝動にかられたくらい観たかった五東さんのアムネリスは期待通りで大好き♪ 実はちょ~っとシャウトする部分が不安だったのですが、全く問題なし! この方は“ハズレがナイ”ですね~。
元来可愛らしい声が無邪気さに合って◎ エジプトの女王として判決を下す時はキリッとした威厳ながら“菩薩”を思わせ、慈愛が満ちている印象
【真実をみた】では、♪なぁ~にを見たの? なぁ~にを聞いた?…このワンフレーズで毎度涙腺決壊です!
中嶋徹さん@メレブ 「メレブとは、こ~ゆ~キャラクターだっのか!」ってな新しい気付きが幾つもありました♪
アイーダ&アムネリス
STOP! キャスト
アイーダ:濱田めぐみ/アムネリス:五東由衣/ラダメス:阿久津陽一郎/メレブ:中嶋 徹/ゾーザー:大塚 俊/アモナスロ:石原義文/ファラオ:勅使瓦武志/ネヘブカ:今井美範

関連記事

劇団四季おぼえ書き

ライオンキング【キャナルシティ劇場】

「またライオンキング?」と思っていたら、10年振り3度目ですって! 時が経つのが早過ぎて恐ろしい…

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

【ユタと不思議な仲間たち】原作・TVドラマ・ミュージカルの比較

これは自分の“おぼえ書き”として…【原作】・【TVドラマ】・【ミュージカル】の比較を書き留めてみます

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

異国の丘【福岡シティ劇場】

劇団四季オリジナルミュージカル“昭和三部作”の第一弾(→ミュージカル李香蘭→南十字星)。 舞台は第

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(7)千穐楽【広島・ALSOKホール】

今年2月17日開幕から約4ヶ月間、総公演回数105回で12万人もの動員達成したそうで、本日【美女と野

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コンタクト【四季劇場・秋】

2003年5月に福岡シティ劇場で上演された際には、どうしても都合がつかず末観で終わり…で、今公演が初

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【四季劇場・秋】

「同じ作品でも、観る度毎にこんなに感動を新たに出来るもんなんだ…」と“舞台は生もの”という事を改めて

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

壁抜け男【自由劇場】

1999年の福岡初演時に1度見ただけで、今回はそれ以来の観劇。 その時のパンフレットを引っぱり出す

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・千穐楽【福岡シティ劇場】

昨年2005年5月8日に開幕しロングラン公演を続けていた【美女と野獣】が通算公演回数238回をもって

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

アラジン【四季劇場・海】

チケット発売開始があまりにも先の先だったので…さっぱり予定は判らないものの「とりあえず早いトコ1回は

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

マルシア@アイーダ【福岡シティ劇場】

この作品は、劇団以外からの外部出演が比較的多い作品との認識はありましたが、まさかタイトルロールの主役

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2022 (1)
    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • ガラスの動物園(6〜12日)

    ●昼の部/12:00〜14:35
    ●夜の部/17:00〜19:35

    SLAPSTICS(14〜16日)

    ●昼の部/12:00〜15:15
    ●夜の部/17:00〜20:15

    マイ・フェア・レディ(19〜28日)

    ●昼の部/12:00〜15:25
    ●夜の部/17:00〜20:25

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑