博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

壽初春大歌舞伎・昼の部【松竹座】

今年も恒例の『歌舞伎はじめは松竹座』って事で初遠征。
梅田芸術劇場【M!】と国立文楽劇場【初春文楽公演】の観劇も絡めて…の予定でチケットも確保していましたが、自分の大ボケのせいで“松竹座のみ”の観劇となりました~悲しい

土屋主税

翫雀さん@土屋主税が、とにかく観たかったんです~!!! この演目って玩辞楼十二曲の内なのに、あんまり…しないですよね? 『年の瀬や 水の流れも 人の身も 明日待たるる その宝船』の唄の真意をあれこれ考えて~ハッ!気付いてテンション↑~目の前でくどくど愚痴をこぼす晋其角に辟易して~寝たふり。 …とこの一連の芝居がと~ってもラブリーでニッコリ☆ 正義を一点の曇りもなく信じる“愛らしいお殿様”って感じで、扇雀さん@侍女お園に対する情け深さも納得(扇雀さんは…熟女すぎて~あの…)
染五郎さん@大高源吾客席に背中を向けて、土屋主税に討ち入りの報告をするのは新歌舞伎ならではの珍しい演出だとか。 その報告を「それで?それで?」とワクワク表情で聴き入る土屋主税の表情と、見えないけれど誇らしく晴れ晴れとした表情であろう源吾の対比を想像しながら観れて面白かったです。
橘三郎さん@晋其角は源吾と10年来も付き合っていながら、その真意を見抜けなかったのかよ~!という突っ込みと、手の平をかえしたような厳しい態度…そしてラスト松の木登り+滑り~という、感情の起伏が激しいキャラクターを「なんだか憎めないよな~この人」って思わせてくれる好演。 薪車さん@落合其月は劇画ちっくな堅物ぶりに笑えました。

男の花道

講談の【名医と名優】が元になっているとの事で…こっちの方がしっくりくるのでは?と思った次第(男の花道ってタイトル、なんだか敬遠してしまう私)
久々に観るな~、と思ったら私がこの演目を初めて観た2005年1月公演以来との事(藤十郎さん@加賀屋歌右衛門がね…ってその時は鴈治郎さん)。 あれから6年も経っているのか…とちょっと驚愕びっくり
私、今公演で高麗屋さんが御出演って全く知らなかったので(前の演目で染五郎さんが出てたじゃん!)、幸四郎さん@土生玄碩(初役)の登場にビックリ! 前回観た時は土生玄碩=蘭学の医者って事で、皮のバックやブーツを履いていたのが印象的だったんだけど、今回はなくって残念。 頑固一徹な医者風情を全面に押し出している印象。 前回感じた“歌右衛門と玄碩との恋愛感情”のようなモノは今公演では全く感じなかったのは、玄碩を演じる役者さんによって違うのかな~?
歌右衛門が【櫓のお七】を公演中に、玄碩からの便りを差し出す竹三郎さん@加賀屋東蔵の緊迫感と、幕前で騒ぐお客様をなだめる様はすごく胸に迫るものが! 今回は3階席からの観劇だったので、役者さんが2階席まで来て舞台にヤジを飛ばす演出も充分楽しめました♪
でもやっぱり随所に差し込まれるBGMは…な~んか拍子抜けしちゃう印象なんだよなぁ~。

関連記事

大阪松竹座おぼえ書き

寿初春大歌舞伎・夜の部【松竹座】

菊畑 私、初めて観た演目です。 これまた吉右衛門さんが21年 ぶりに智恵内演じるとあって話題の演目

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

寿初春大歌舞伎・昼の部【松竹座】

大寒波にすっぽりと包まれた週末、福岡では珍しく雪が降ったり積もったり…で、移動の足が麻痺するのでは~

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

壽 初春大歌舞伎・夜の部【松竹座】

神霊矢口渡 孝太郎さん@お舟は今回が初役だったんですね もう何度もされている印象があったので驚きで

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

浪花花形歌舞伎・第三部【松竹座】

夏祭浪花鑑 初役で臨まれる方が多いので、ものすご~く楽しみに観劇! まさに“フレッシュな”という、

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

浪花花形歌舞伎・第二部【松竹座】

雨の五郎 実は…この演目もなぜだか縁がなく、映像も含めて今回が初めて観たんです。 デフォルト拵え

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

市川猿之助・二月大歌舞伎【松竹座】

南総里見八犬伝 スーパー歌舞伎では観た事があったのですが、古典では今回初めて! 私、笑三郎さんは“

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

壽 初春大歌舞伎・昼の部【松竹座】

毎年『その年の歌舞伎はじめは松竹座』なのですが…今年は藤十郎襲名の為、お目当ての翫雀さんは歌舞伎座へ

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

二月大歌舞伎・昼の部【松竹座】

嫗山姥 実はあまり回数観た事がナイ演目で(なのに私の気絶演目認定作品)久々の観劇。 八重桐や【毛谷

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

七月大歌舞伎・昼の部【松竹座】

昨年の11月、南座の顔見世からスタートして各地を巡っていた襲名披露公演がよ~やく地元、大阪・道頓堀の

記事を読む

大阪松竹座おぼえ書き

七月大歌舞伎・夜の部【松竹座】

一條大蔵譚 個人的には…この演目はお腹いっぱい、という感じ。 何故か立て続けに観ている印象でして…

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2019 (5)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • レ・ミゼラブル

    (2019.7.29〜8.26)
    ●昼の部/12:30〜15:40
    ●夜の部/17:30〜20:40

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑