博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

薔薇とサムライ【赤坂ACTシアター】

劇団☆新感線30周年興行の第一弾! 新感線RX【薔薇とサムライ~GoemonRock OverDrive】。 2008年夏に上演された【五右衛門ロック】のパラレルストーリーとなる今作品は、【阿修羅城の瞳】以来7年振りの客演となる天海祐希さんを迎え、古田新太さんとの二枚看板でドカ~ンと大きな花火を打ち上げるごとく、劇団の魅力をあますところなく盛り沢山に盛り込んだ痛快冒険活劇?!
今回のLEDスクリーン…というのかな? ここまでの多用は【TOMMY】で観て以来ですが、すごく苦手意識があったので、冒頭構えてしまったのですが…あれ以降、技術も性能もUPしているんでしょうね! 色の再現や奥行きも感じられ上手~く使っていて楽しめました。 大道具といえるセットは船の船首と船尾、ドレスの山くらいで、後の殆どはすべてLEDスクリーンで表現。 ツボだったのは五右衛門ロックのメインテーマ曲の“五右衛門マン”?的なキャラクターと(あれキャラクターグッズとして作ればイイのに)マンガの擬音、擬態語、視覚効果が面白かった! 映像で歌詞を映し出すのはお馴染みですが、カラオケ映像チックに歌詞が出たり、歌や声質、歌の内容に合わせて書体も変え横書きだったり、縦書きだったり~♪ そして客席ドア~通路を使用する際には『LIVE映像○○扉付近』とハンディカメラ映像が映し出させる演出には大爆笑☆
毎度ですが、芝居のタイトルロゴのデザインはカッコイイなぁ~♪

バラ 天海祐希さん@アンヌ・ザ・トルネード
阿修羅…から7年も経っていたとは!と驚きながら当時の観劇の記憶を辿ると「天海さん仕様で歌とダンスがチラッと加味」「綺麗カッコイイなぁ~」という印象は残っているものの、“和物+殺陣”という事で市川染五郎さんの印象が圧倒的に強く、ヴィジュアル以外に今ひとつ記憶に鮮明には残ってなかったのですが…今回は『天海祐希ここにあり!』的な圧倒的な存在として君臨☆ アテ書きなので彼女の魅力をあますところなくフルスロットルで堪能できる今舞台は、大仰な衣装で歌い踊る様に宝塚時代の彼女の舞台姿を知っている方は感涙ものでしょうし、シリアス~コミカルをあの端麗な容姿でスパッと潔く立ち廻る様に『“主役の華”ってこ~ゆ~事なんだな☆』と納得させられ、グイグイと引き込まれる感じ。 あまりのカッコ良さに「惚れてしまうやないか~い!」と突っ込みたくなるような…宝塚ファンの心理がちょっと解ったような、そんな感じです。 観た事ナイ私でさえ、オスカルちっくな出で立ちには「おぉ~っ♪」と大興奮(ヅカ時代、オスカル未経験らしい…)で、とにかく取っ替え引っ替えの“コスプレ天海祐希”は目にも楽しい。 しかし【貴婦人になるための10ヵ条】だけは、矢島美容室のストロベリー(=貴さん)に見えてしまった事は内緒汗(カツラのせいよ!きっと)。 歌は、阿修羅…でチラッと聴いた時に「あら~?残念な感じ?」という印象だったのですが、地声のドスを効かせてガラっぱちに歌うのも、ミュージカル風に綺麗に歌い上げるのも…上手くてビックリ! 十字架に貼付けられての独唱【あなたが泣いてくれたから】(だっけ?)は神々しい感じさえあり聴き惚れました♪

ドクロ 古田新太さん@石川五右衛門
あえて感想を書かなくても、期待通りの…それに十二分に応えてくれる古田さん。 「何故この時代にこの国に五右衛門が?」なんて考えちゃいけません。 ただ純粋にそのドタバタを楽しめばイイんです! 新感線って客演が多すぎると、それぞれに見せ場を与えて散漫な印象になりがちですが、今回は【天海×古田】という構図が明確! 一幕最後、二人のガチンコ体勢でのライトを浴びた睨み合いの引っ込みはゾクゾクするほどカッコイイ☆
五右衛門のコスプレは全てが爆笑もので、変装してみてはその正体をバラすお約束のくだりがいちいち笑えるし、舞踏会に忍んでいくのはその格好でイイか? 牢屋でバルバを助ける一瞬の格好、それは~永井豪先生の○っ○○仮面ですよね?…って事が解ったのは何人居るか?(解る私もどうかと~) フラメンコの小刻みタップは死ぬほど笑ったし、スクリーンの小便小僧のあまりの勢いの良さに何か絡むだろうとは思ったものの…爆笑! キメる所はバシっと決める☆ イイ加減なゆる~い感じなのに、バシっと決めるとなんであんなにカッコイイんだろう? 舞台の古田さんはやはり“歌舞伎”だと思う

冠浦井健治さん@シャルル・ド・ボスコーニュ
ヒット!大ヒットです! 私はコメディな浦井君を今まで観たことがナイのもあるのですが(Vのアルフレッドは末見)予想の斜め上を行く好演で、今作品一番の驚きだったかも?(他の皆さんももちろん好演ですがそれは想定の範囲内、期待通りな訳で) キラッキラの王子様を思いっきり振り切ったオモシロ王子に演じてて、大爆笑。 白い歯を出してキラリ☆と笑う度に笑いが~。 歌はいわずもがな「ウマ~♪」で、殺陣の中にもチラリとダンスの決めポーズを入れてカッコ付けても見事に決まるっ☆ 自国での人気ぶりを紹介する映像で掲載雑誌の表紙や、自国の通貨の単位(河野まさとさんの下僕ぶりに爆笑)、そしてマイケルJのあのPVをパクった?クローン戦士の行進…とか、とにか笑える。 ミュージカルファンには天海さんをルドルフに見立てたエリザの【闇が広がる】のアノ振りが観れたのはたまらなくツボでした。 浦井君、恐るべし!

船 橋本じゅんさん@海賊バルバ・ネグロ
ココ数本は重厚な国崩し的なお役が多かったじゅんさんは、それはそれで素敵だったのですが…私的には「コレよ!コレよ!これでこそ、じゅんさん♪」というたまらなくチャーミングなお役で大爆発☆ 大満足♪ イイ! まさかあんなキャラに転じるとは! しかも何度も衣装替えがあってその度に笑わせてくれるとは! しかも似合っているとは~♪ めちゃめちゃ「イイんじゃな~い」
右近健一さん@ゴンザンス男爵 これまたドつぼ! 右近さんの魅力をいかんなく発揮しているお役で堪能できて私、大満足☆☆☆
森奈みはるさん@エリザベッタ 改めて歌ウマ~♪ 「なぜ歌う?」と度々アンヌに遮られながらも臆せず歌い続け、ヅカ的お姫様ドレスを着こなし、“あくまでミュージカル”な立ち位置を堅持する様も笑え…物語のシリアス部分の骨子をガッチリと支えていらっしゃった印象。 上手い!
神田沙也加さん@ポニー・デ・ブライボン ミュージカル作品では数本観ているけど、こんなにも彼女の地声に近いアイドルちっくな歌い方をするのは初めて聴きました(こ~ゆ~曲は改めてお母さんの声質だと確信) せっかくの新感線なら…もっと弾けた浦井君くらいの“新感線色の強い役”で観たかったなぁ…と。
藤木孝さん@ラーカム・デ・ブライボン大宰相 パンフレットを読むと今回のキャスティングにおける一番のヒット☆だそうですが、品ある嫌みや物腰表情がなんともハマる!
山本太郎さん@デスペラード豹之助 私にとっては未だに“メロリンQ(=天才たけしの元気が出るテレビ)”な彼ですが、生で拝見するのは初めて。 正直…必要なお役かな?と思ったのですが…ソレは置いといて…声が良くて歌もなかなか♪
高田聖子さん@マローネ粟根まことさん@ガファス・デ・ナルビオッソ将軍河野まさとさん@ピエール・ド・ボスコーニュはさすが! まさとさんの“裏がありすぎな胡散臭い小物っぷり”が毎度ツボです。
【五右衛門ロック】はどうにも都合がつかず生の舞台は観れなかったのでゲキシネ観劇だったのですが…期待し過ぎたのか、私的には今ひとつ汗 でも、今舞台を観て「生で観ていたら印象が違ったんだろうなぁ…」と思った次第。 両方ご覧になった方、いかがでしたか?
超ド派手で大爆笑の冒険活劇、大楕円でハッピーエンド☆ ミュージカル好きには歌やダンスも堪能できあ~、面白かった♪」と帰路につける作品。
きっと日替わりで楽しめるアドリブ部分も沢山あるんでしょうね? 観劇に通える方はそんなトコも堪能出来ると思うと羨ましい!

関連記事

その他観劇おぼえ書き

拝啓 お父さんです。【ぽんプラザホール】

ひのあらたさん主催の演劇ユニット【アプローチシアター】のお芝居。 今回の作品は、原案は出演も兼ねる

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

松竹大歌舞伎(巡業・西コース)【宗像ユリックス】

十代目坂東三津五郎襲名披露。 「“襲名”とはこんなにも大変な事なんだ…」と素人ながらに、2年間もかか

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

坂東玉三郎・特別公演【メルパルクホール福岡】

玉三郎さんの舞踏公演を観るのは…何年ぶりだろう? 多分、玉三郎さんが福岡に来られるのもかなり久し振り

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

松平健特別公演【新宿コマ劇場】

【エーゲ海】の予定が…【大江戸八百八町】で歌い踊る! 【マンマ・ミーア】の前日予約にチャレンジする

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

恋川純弥劇団公演【博多新劇座】

これ…12月に書いてます 下書きを放置して…気が付けば記憶も朧げ~。 しかし、観劇の「観た」って個

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

2007・松井誠奮闘公演【福岡市民会館】

初・マコ様…でした。 女形の美しさから【生きる博多人形】と称され、ショーでは自身が博多人形となり人

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

さらば、わが愛~覇王別姫~【シアターコクーン】

自分が命を終える時『この人生で観た映画BEST10を挙げろ』と言われたら、必ずや上位ランクインするで

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

イッセー尾形のとまらない生活 2007 春の新ネタ in 博多 【IMSホール】

春の公演、初日観劇。 しかも初めての最前列にて! 初日だったからなのか?初めての間近での拝見だったか

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

橘劇団・昼の部【博多新劇座】

この劇団公演以来の1年振りの博多座新劇座です。 連休中日という事でそれなりの賑わいは覚悟していまし

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

橘菊太郎劇団公演【博多新劇座】

「一度、大衆演劇を生で観てみたいっ!」「博多にせっかく専用劇場があるんだから足を踏み入れたいっ!」と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2018 (8)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • マリー・アントワネット(2018.9.14〜30)
    ●昼の部
    12:00〜15:00
    ●夜の部
    17:00〜20:00

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑