おしまイムズ、吹き抜けよ永遠に!【IMSホール】

イムズの開館は1989年。 オープン当日は大学から帰路の寄り道でIMSに足を踏み入れた日は鮮明に覚えており、あの日から32年も経っていたのかと驚く。
金ピカタイルの八角形の建物、大理石の入り口、地下2階には九州初で登場したスパイラルエスカレーター。その地下2階から8階までの約40メートルの吹き抜け。さらに12〜14階のレストランフロアも吹き抜けエスカレータや階段でぐるぐる登っていけるステップフロアの贅沢空間イムズ。 今みても斬新なデザインと常に新しいイベントを展開する様は老朽化という言葉のイメージにはほど遠く 「なんで閉店すると?!まだ十分キレイやん!!」と福岡県民なら誰もが驚いたであろう2019年1月9日に発表されたIMSの閉店の発表。 そして「手前の愛眼ビルはどうするとかいな?」というこれまた共通の疑問は持ち続け、その日は遠いようでアッという間にくるんだろうなぁ…と思っていたら、やっぱり!!

残念なことにコロナ渦にあって、名残を惜しんで見納めの為に足繁く通うことも出来なかったけど、今年に入ってよく通利用していたレストランにはお別れ飲食が出来、大学生時代バイトで入店していたイムズホールには今回のギンギラ公演で最後に足を踏み入れることが出来、私なりのお別れが出来ました。
22年度中に新しいビルの建設工事を開始。24年末までの完成予定とのことですが、これまたアッという間なんだろうなぁ。

「地元の人にしかわからない芝居」を公演するギンギラ太陽’sは、劇団主催者・大塚ムネト氏がIMSの許可なく勝手に制作して人気得た“IMSマン”から派生し代表作となった『流通戦争もの』。
正式名称=Inter Media Stationであることからこれまで存在しなかった“何か”を天神から発信する「情報発信基地」としての役割を担っていたこその懐の深さだったとのことで、IMSの許しがあったこそのギンギラ太陽’sの今がある!!と言っても過言ではないらしい。 
そんなIMSの誕生秘話から、それを取り巻いたかつての天神流通戦争、それに続いた博多駅周辺の変貌、そしてこの度、まさかのIMSまで巻き込まれた天神ビッグバン。 姿を消していった、あるは名前を変えた懐かしいビルの数々との再会に喜び、知らなかった歴史への気付きに驚く。 他の百貨店やファッションビルは誕生から現在に至るまで、当初のコンセプトから時代に合わせて生き残りをかけて柔軟に(不本意ながら?)対応し、変化しているけど、IMSは誕生時からそうとう尖っていた為か一貫してそのスタイルを貫き通した感がある事に、今回の芝居を観て気付かされた。

芝居の感想よりもIMSの思い出語りになってしまった観劇レポート。 何卒ご容赦!!

イムズは終わる。
イムズは続く。

キャスト
大塚ムネト・上田裕子・杉山英美・宗真紀子・福澤究・大城真知・松尾佳苗・関岡マーク
劇場
イムズホール
日時
2021.8.25(水曜日)/18:00~

トーテム【福岡ビッグトップ】

筥崎宮外苑に特設のテントにて、2月3日〜3月19日全64公演【ダイハツ トーテム 福岡公演】が開催。 私がシルク・ドゥ・ソレイユの公演を観るのは 【キダム】【ドラリオン】【コルテオ】【クーザ】に続いて久々の観劇。 本日は真冬のような寒の戻りでめっちゃ寒かったけど、平日の昼公演というのに客席は大賑わい♪ 改めてシルク・ドゥ・ソレイユの人気振りを目の当たりにした!

今公演“トーテム”とはいわゆる「トーテムポール」の「トーテム」であり、種の起源・順序という意味。 進化する人類の可能性と、飛びたいという人類の永遠の夢を、表現している…そうです。キーヴィジュアルのカエル?が印象的で観劇前まで、どういうストーリーがさっぱり頭に入っていなかった…。 劇場テント入り口の看板前で、あの“カエルTポーズ”で撮影している人、多数☆

いつも通り、セットや衣装、メイクは独特の美しさで極まっていて、毎度のことながらその“芸術性”に感嘆! 脅威の人間業に驚愕! 人間の肉体の極限って…どこにあるんだろう? 今公演で特徴的だったのは前公演以上に多様されていた印象のあるプロジェクションマッピング。 臨場感満点で、よりその世界観に引き込まれた!

各々の演目、いずれも手に汗握って、上を見上げているとポカーンと口が開いてしまうのは毎度のことながら、今回特に印象に残ったのは【ローラー・スケート】。 直径1.8mの小さな台座の上を超高速で男女が回転する様はハラハラの連続! 二人とも結婚式をイメージしているようでストーリーがハッキリしてて、お互いを信頼して身を預けている様が演技はもちろん、信頼を交わす演出が素敵で、船に乗ってキスをしながらの退場まで、すごく魅入られてしまった! 「ステージ、広いんだからさぁ…何もそんな狭いところで回転しなくても〜」と思った事はナイショ。

本日は【フィックスト・トラピス・デュオ】【ハンド・バランシング】は観れずに残念! リピーターもすごく多いようで、フィナーレで花束を渡しているお客さんも多く全演目制覇している猛者も多そう。
さ! 次回のシルク・ドゥ・ソレイユはどんな驚きの世界を見せてくれるのか? 今から楽しみ〜♪…っと、まずは、トーテム日本ツアー、皆さんお怪我なく無事の成功をお祈りしてます!

第一幕
カラペース
フープ・ダンサー
リングス・トリオ
ユニサイクル・ウィズ・ボウル
クラウン・フィッシャーマン
クリスタル・レディー(フットジャグリング)
モンキー・ビジネス
エスカラード(チャイニーズ・ボール)
第二一幕
トレアドール(ディアボロ)
コントーション
サイエンティスト(マニピュレーション)
クラウン・ウォータースキー
フープ・ダンサー
ローラー・スケート
ロシアン・バー
フィナーレ
劇場
福岡ビッグトップ(筥崎宮外苑)
日時
2017.3.8(水曜日)/12:00~

姪っ子・七五三撮影☆

mika753この夏、姪っ子が無事6才になりまして、せっかく今冬帰国してきたので七五三の撮影をしました。

着物は従姉妹が当時仕立てたものを持ち込みまして、叔母が「この着物、久々着てもらえる♪」と喜んでくれて、写真スタジオには子供一人の撮影に大人4人の付き添い、という状態に(恥ずかしい!)

姪っ子は“緊張しぃ”なので、撮影中は終始表情が硬く…最後までその表情がほぐれる事はなく〜、ちょっと残念な結果に。 でもって、写真館から帰宅すると、その緊張から解き放たれた反動から、大騒ぎしてました。 「この元気の何分の1かでもスタジオで出してくれれば…」と大人達はしみじみ思いました。

姪っ子ちゃん、来年は1年生です。

快晴の夕刻は

aki“天高く馬肥ゆる秋”とは、この事だ!…というような秋晴れが続いている福岡。
一番快適なこの季節が一年中続けばイイのに〜、と思ってもそれじゃ飽きるんでしょうね。 四季のある季節ならでは楽しみが出来るのも素敵な訳で。

夕刻走っていると、日暮れの時間が確実に早くなっているのを実感する毎日。
今日は夕日がとても綺麗で、陽が反射した雲は茜色に染まってと〜っても綺麗でした☆

校舎にさようなら

suno我が家の校区だった簀子小学校はこの春、都心の3つの小学校に統合され閉鎖になっていましたが、いよいよ校舎を一部取り壊すとの事で、この連休に『さよならイベント』が行われました。

日中は校舎内を公開したり、校庭で出店がでたり…で賑わい、夜は【灯明ウォッチング】で、校庭いっぱいに小学校がロウソクの灯りで浮かび上がり幻想的でした。

私自身は通ったことがナイ小学校だったものの、存在するのが当たり前だったランドマーク的な建物がなくなるのは寂しいものですね…。