博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

CATS【キャナルシティ劇場】

福岡キャッツは1990年4月から約7か月にわたりシーサイドももちにテント式仮設劇場を建設して上演したのが初演で、私の初キャッツはこの時♪ そして今回が4度目のロングラン上演。
1996年に全国初となる劇団四季の常設専用劇場「福岡シティ劇場」を開場→2010年5月に専用劇場としての公演を終了。その後「キャナルシティ劇場」と名を変えた同劇場で、2017年から専用使用が再度開始→2022年5月末終了…という経緯もあり「何度観ても苦手演目な事に変わりはナイけど、専用使用が最後なら”日本初演38周年記念 特別カーテンコール”がある期間に久々行っとくか」と観劇。

開演前に自分の席から舞台セットの撮影はOKでしたが、個々のオブジェの撮影はNGの為残念!! セット恒例「ご当地ゴミ」は24種類・34点との事ですが…福岡タワーのチケット、めんべい、博多通りもん、鶴乃子、ニモカ、オープントップバス、チロリアン、しゃぼん玉せっけん、その他何がありました?

感染対策で観客に関する舞台演出が少し変わっていたようですが、久しぶりすぎるキャッツに「えっ?こんなシーンあったっけ?」という驚きや「あぁ、そうだった、そうだった」という思い出しに忙しい。臨席の人は今舞台かなりの熱量を持ったリピーターとみえ、拍手のタイミングや大きさの熱量がハンパなく「この人にとっては今舞台が思い出のベストキャストになるんだろうなぁ」と、今キャスト表で織笠さんと上川君しか名前知らない事に愕然としながらの自分を省みる…。

かつてキャッツマニアの友達と『キャッツメイクの俳優』と、歌舞伎好きの私が『隈取りの歌舞伎役者』どっちが判別が容易か?という論議を思い出す(双方譲らず)
「やっぱりキャッツよく解らん」といういつもの感想は持ったものの、久々のバリバリのダンスと安心出来る歌唱力の舞台に「観て良かった!」と劇場を後にした。

劇場
キャナルシティ劇場
日時
2021.11.9(火曜日)/18:30〜
キャスト
グリザベラ:織笠 里佳子/ジェリーロラム=グリドルボーン:小野 実咲季/ジェニエニドッツ:田代 美里/ランペルティーザ:長谷川 彩乃/ディミータ:円野 つくし/ボンバルリーナ:佐藤 友里江/シラバブ:柴本 優澄美/タントミール:間辺 朋美/ジェミマ:平井 佑季/ヴィクトリア:小島 絵里衣/カッサンドラ:吉村 菜奈子/オールドデュトロノミー:橋元 聖地/アスパラガス=グロールタイガー+バストファージョーンズ:中橋 耕平/マンカストラップ:金本 泰潤/ラム・タム・タガー:上川 一哉/ミストフェリーズ:押田 柊/マンゴジェリー:蔦木 竜堂/スキンブルシャンクス:田邊 祐真/コリコパット:一色 龍次郎/ランパスキャット:森 健心/カーバケッティ:河津 修一/ギルバート:後藤 旭/マキャヴィティ:文永 傑/タンブルブルータス:松永 隆志

関連記事

校舎の卒業式

先日、近代的な新校舎の“ご近所さん内覧会”に行ってきましたが、実は140年の歴史を刻んだ大名小学校の

記事を読む

博多座おぼえ書き

錦秋博多座大歌舞伎・昼の部【博多座】

今年の博多座での歌舞伎公演は4回も! 博多座ではその4回を制覇した方には…的なプレゼントキャンペーン

記事を読む

博多座タッキー義経

博多座【滝沢歌舞伎2014】観てきた☆

やっと観て来ました♪ 館内はやっぱりいつもの博多座とは違った…ヅカ公演の時に感じる「いつもの博多座

記事を読む

ライブおぼえ書き

ARASHI LIVE TOUR Popcorn【福岡Yahoo!JAPANドーム】

今年は福岡公演は3日間で、その初日に行って来ました。 この週末は大寒波がやって来ていて、遠征の方は空

記事を読む

久々に小倉に行って来た♪

とある展覧会を観たくて、久々に小倉に行って来ました♪ 小倉駅周辺って殆ど変わりはナイですね〜。

記事を読む

奮闘!怪しげな白い人

今夏、家の庭に蜂の巣(アシナガバチ)が出来てしまってました〜!! しかもいきなり3つ!  こん

記事を読む

開場一周年

すっかり観劇ペースが落ちた私。 今年初の遠征です♪(日生劇場の【ラブ・ネバー・ダイ】が一番のお目当て

記事を読む

船乗り込み

2015年・博多座船乗り込み

待ちに待った“四代目中村鴈治郎襲名披露公演”が博多座で!が来月2日に初日を迎えます。 その公演のPR

記事を読む

合掌

大向う『初音会』会長ご逝去の報に接し

上方の歌舞伎大向う『初音会』会長をされていた岩城重義さんが、9月8日ご逝去されました。 ご遺族の『

記事を読む

キモノ着物きもの

母が“裂き織り”というものを数年前からハマってやっているのですが、これは『たて糸は普通の糸、よこ糸代

記事を読む

    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月(5〜19日)

    ●昼の部/公演内容毎に異なる
    ●夜の部/公演内容毎に異なる

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑