博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

夏祭浪花鑑【大阪平成中村座】

「大阪でやるんだったら絶対この芝居を!」と勘九郎さんが熱望しての上演となったそうで、その意気込みはド肝を抜いた演出と、それをあます所なく演じ切った役者陣、スタッフに熱意に現れ、観客にビンビン伝わってきて…ラストは小屋全体が揺れるようなスタンディングオベーション。  歌舞伎でこのような体験をしたのは初めてだったので、今後この演目を他の小屋で観た時に何かモノ足りなさを感じるのでは?という一抹の不安もあるような…そんな衝撃的な舞台でした。

長町裏の場

コクーン歌舞伎での演出が踏襲されているそうですが…、私は初見でしたので、蝋燭の灯りだけで照らしだされる勘九郎さん@団七久郎兵衛笹野高史さん@義平次の、この“泥場”は衝撃的でした。 本当の殺人現場を目撃しているような、固唾を飲んで見守るような…そんな感じでした。
この場では見得が13回あるそうで“殺し場の様式美”とでもいうのでしょうか?  祭りの音楽の高鳴りにつれ、髪を振り乱し、白い体には一面の刺青と真っ赤な褌。 その姿が見得を切る度に蝋燭の灯りで暗闇から切り取られ、陰惨な場面 ながらも、色彩美や型に「綺麗…」と思ってしまいます。
特筆すべきは笹野高史さん@義平次でしょう! 臭ってきそうな汚いこしらえに加え、鶏ガラのようにヤセ細った様が、目を異様にギラギラと際立たせ、地獄から這い上がってきた餓鬼…とでもいいましょうか?  笹野さん、という役者さんではなく“金の亡者”の化身が目の前に確かに居ました! スゴイ!

祭りの音楽も最高潮に達した時、舞台奥の幕がサッと降りると暗闇が一瞬にしてまばゆいばかりの明るさ! 「えっ?! 一体何が起こったの?」と目をこらすと、舞台の奥には公園がスッポンポンに見えているではあ~りませんか~~!!(中村座は扇町公園内に建設) 福島天満宮地車講社中のお囃子に合わせて、祭りの衆が舞台や小屋の外いっぱいに踊り出ての演出ド肝を抜く演出。 スゴイ~! ビックリ~!

屋根の場

義平次殺しの追っ手から逃げる勘九郎さん@団七久郎兵衛を橋之助さん@一寸徳兵衛が手助けをしながら、応戦していく立廻り。 ミニチュア版の建物が舞台狭しと並べられ、二人ともさながらガリバーのような感じで次々と見得を切っていく。 その度に黒子さんたちにより建物の配置が変えられたり、はたまた二人の人形までが飛び出して大屋根の上で立廻ったりと息をもつかせない…と、思っていたら!

な、なんですとぉ~! 追っ手から逃げる二人は舞台奥へダッシュすると、またまた幕が切って落され、公園がスッポンポ~ン! 舞台から飛び出した二人は小屋の裏の階段を走り降り、公園に向って一目散に走っていく~! ついに二人は観客の視界から消えました。 すると…小屋全体がやんや、やんやの大騒ぎ! 手拍子の“戻って来いコール”の嵐となりました!
観客総立ちの舞台に戻ってきた二人は…団七と徳兵衛ではなく、勘九郎さんと橋之助さんになっていました。 そこで一気に出演者一同が舞台に出てのカーテンコールへとなだれ込み。 う~ん「ニクよこの!ド根性ガエル!」って感じの演出でした。

関連記事

その他観劇おぼえ書き

松竹大歌舞伎(巡業・西コース)【宗像ユリックス】

十代目坂東三津五郎襲名披露。 「“襲名”とはこんなにも大変な事なんだ…」と素人ながらに、2年間もかか

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

東海道四谷怪談・北番【シアターコクーン】

実は…コクーン歌舞伎は、昨年の【桜姫】が初見で、勘三郎さんがご出演の…となると今回が初めての観劇。

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

トーテム【福岡ビッグトップ】

筥崎宮外苑に特設のテントにて、2月3日〜3月19日全64公演【ダイハツ トーテム 福岡公演】が開催。

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

橘菊太郎劇団・夜の部【博多新劇座】

初めて大衆演劇というのを観たのは三年前で、この橘菊太郎劇団。 それから数えてこの劇団を観るのは今回が

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

蛮幽鬼【梅田芸術劇場メインホール】

上演が発表された時は「猛烈に観たい!」けどあまりにも発表が前過ぎて、上演時の自分の状況が全く読めず、

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

わが魂は輝く水なり-源平北越流誌-【シアターコクーン】

今月、歌舞伎座では團菊祭だというのに…音羽屋さんから菊之助さん&亀三郎さんがご出演とは本当に驚きまし

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

大ギンギラ博覧会2007 流通戦争スペシャル【西鉄ホール】

昨年秋に続いての【ギンギラ大陽's 10周年記念公演】第二弾。 今回は天神~博多の流通30年史と今後

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

坂東玉三郎・特別公演【メルパルクホール福岡】

玉三郎さんの舞踏公演を観るのは…何年ぶりだろう? 多分、玉三郎さんが福岡に来られるのもかなり久し振り

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

橘劇団・昼の部【博多新劇座】

この劇団公演以来の1年振りの博多座新劇座です。 連休中日という事でそれなりの賑わいは覚悟していまし

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

愛、時をこえて 関ヶ原異聞【THEATER1010】

私、段治郎ファンです。 コレは結構長いです。 そして貴城けいさんファンです。 これは彼女がトップお披

記事を読む

    • 2022 (9)
    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 千と千尋の神隠し(1〜28日)

    ●公演時間
    〈昼の部〉12:00~15:05
    〈夜の部〉17:00~20:05

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑