博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

大ギンギラ博覧会2007 流通戦争スペシャル【西鉄ホール】

昨年秋に続いての【ギンギラ大陽’s 10周年記念公演】第二弾。 今回は天神~博多の流通30年史と今後の展望が題材。 当初90分の予定が内容を盛りに盛り込んでの4部構成120分の上演時間に!
恒例の上演前撮影大会では、今度北天神に大阪のダイエーが鳴り物入りで出店する!という事でそれを迎え打つ新天町の老舗店舗キャラがズラリ登場。 「私は○○です」と店舗名を名乗ってくれなきゃ…正直判らないのはご愛嬌。 私、ランドセルは祖父にこの新天町の大隈カバン店で買ってもらったので、ランドセルを背負ったピンクのウサギ・大隈カバン店さんを懐かしくパチリ☆
以下の4部構成タイトルは私が適当に付けたもので、構成内容の記憶も前後していると思いますが「おおよそ、こんな感じの構成だった」という事で、悪しからず!

第1部【迎え打つ!ダイエー】

1973年4月1日、大阪商人ダイエーさん北天神に進出。 前進が呉服店の福岡松屋さんはマツヤレディスという女ビルとしてダイエーさんに寄り添って再出発。
迎え撃つ天神の老舗商業店舗は郷土愛を強調しながら対抗するが、ダイエーさんは必死に福岡に溶け込もうと「球団が欲しいといえば買ってやり、球場が欲しいといえば作ってやり…」と涙ぐましい努力と投資で福岡の地に根を張っていく…が、しかしそれが経営母体の体力を奪う結果になり、今現在では、という気の毒な現状を披露。

第2部【博多から天神へ。そして博多で新たな誕生】

博多から天神へ意を決して進出した博多大丸さん。 天神とはいえ、賑わう北天神を横目に南の端に居を構えたうえ、ターゲット設定に難ありで苦戦を強いられる。
しかしかつて博多で一緒にしのぎを削った玉屋さん井筒屋さんの叱咤激励を受け…今では『天神の中心は南へ移動』という時流にも乗り、エルガーラという娘も出来、“マダム大丸”という勝ち組へ。
一方、博多では女ビルの鏡・玉屋姐さんの廃業と悲しいニュースもあるものの1996年にキャナルシティ博多のオープン、1999年に博多リバレインオープンとニューフェイスの誕生も。
大塚ムネト@福岡シティ劇場

第3部【負け組から勝ち組へ、勝ち組から負け組へ】

福岡一の老舗百貨店・岩田屋さん。 三越さん福岡進出に備えてZサイドを誕生させるも、大誤算により本体の経営に大きな打撃を与える結果となる。 そこで西新岩田屋くん、久留米岩田屋くんの兄弟が本店の兄さんを助ける為に尽力し、今現在の再生までの軌跡を辿る。
また一方では、エレデ博多寿屋さんユニードさんもダイエー帝国に潰される悲劇が訪れるが、そのダイエー帝国もまた外資系からの攻撃を受け弱り行く現状の悲哀を描く。

第4部【これからの流通戦争】

博多駅の建て替えに伴い、駅ビルから撤退する事になった井筒屋さん。 新たに入居が決定した阪急百貨店さん東急ハンズさん
『天神に秋葉原を!』をキャッチコピーに1989年にオープンしたユーテクプラザさん。 その後ジークス天神と名前を変えながら、自身のキャラ設定に迷走するも、LOFTさんの進出が決まりようやく安泰となるか?!
…という今現在発表されている流通業界のニュースを紹介
ギンギラ大陽’sで好きなのは…もちろん『地元民にしか判らない地域ギャグネタ満載』なんですが、いつもならそこに“ホロリ”とさせられる、先人の苦労や頑張りを教え伝え、郷土愛を強く感じさせてくれる事に私は大きな魅力を感じていたのです。 が、今回は『ここ30年くらいの福岡流通戦争』という事に絞っている為か「すでに知っている」という部分が多いうえ、「へぇ~っ」という新たな気付きがなく、お笑いに徹した感があり…4部構成にした意味、緩急がなくちょっと途中から飽きてしまったのは残念(私は)。 次回に期待!!
パソコン ギンギラ太陽’s OFFICIAL WEB SITE
カメラ 観客全員で“IMS”記念撮影!(私、ちゃんと写ってマス)

関連記事

その他観劇おぼえ書き

イッセー尾形のとまらない生活 2007 春の新ネタ in 博多 【IMSホール】

春の公演、初日観劇。 しかも初めての最前列にて! 初日だったからなのか?初めての間近での拝見だったか

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

『銀河鉄道999』さよならメーテル~僕の永遠【明治座】

銀河鉄道999 劇場版公開40周年記念作品 舞台『銀河鉄道999』の第二弾。 今作は松本零士先生誕

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

髑髏城の七人 Season花【IHIステージアラウンド東京】

劇団☆新感線の代表作のひとつ【髑髏城の七人】シリーズが『花・鳥・風・月』の4シーズンに分かれて1年3

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

決闘!高田馬場【PARCO劇場】

開幕前から『三谷幸喜が初めて歌舞伎をてがける!』という事で大変な話題となっていた今公演は、チケット販

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

橘菊太郎劇団・夜の部【博多新劇座】

初めて大衆演劇というのを観たのは三年前で、この橘菊太郎劇団。 それから数えてこの劇団を観るのは今回が

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

鋼鉄番長【嘉穂劇場】

東京開幕後、客演の池田成志さんが怪我の為に休演(代役:河野まさとさん)で残念に思っていたら…主役の橋

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

松平健特別公演【福岡市民会館】

会場は“マツケンサンバ”の一時的なブームも過ぎ去り、本来の客層と入り…に戻ってました。 ブームとは、

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

イッセー尾形のとまらない生活 2007 秋の新ネタ in 博多 【IMSホール】

公演会場のホールがあるIMSのフリーペーパー【ims crip】11月号に掲載されていたイッセーさん

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

橘劇団・昼の部【博多新劇座】

この劇団公演以来の1年振りの博多座新劇座です。 連休中日という事でそれなりの賑わいは覚悟していまし

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

桜姫【シアターコクーン】

初のコクーン歌舞伎観劇でした。 ここ最近、渋谷なんて近づいた事もなかったし、スゴイ雨が降っていて…駅

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 六月博多座大歌舞伎(5〜19日)

    ●昼の部/11:30~13:45
    ●夜の部/15:30~18:20

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑