博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

壁抜け男【自由劇場】

1999年の福岡初演時に1度見ただけで、今回はそれ以来の観劇。
その時のパンフレットを引っぱり出すと、キャスト表も出て来たのですが…この時は有賀光一さんが四季初舞台だったんですね。 今公演も同じ新聞少年でご出演でしたが、変わらず“新聞少年”を好演です。
しかし、作品としては驚くほど覚えていませんでした冷や汗
で、改めて観て…それもそのはず、という感じ。 作品自体は面白くせつなかったりするけれど、強く心に響いてくるテーマが感じられずサラッと流れる印象。 『人生は素敵』という言葉が、観ていて「何処が、何処の部分がそう言っているの?」と私は思ってしまいました。 でも面白い作品です。 でも私には残らない…です。
メロディーで、唯一耳に残って蘇ってきたのは佐和由梨さん@M嬢が牢屋前で歌う♪デュティ~ユル デュティ~ユル 愛のうた~♪って、コレだけ汗 それだけ強烈に印象に残っていた…という事だったんでしょうけど、今公演もまた胸の谷間も露な迫力で…またしてもこのフレーズが観劇後は一番リフレインする有様でした~。
各キャストで特筆すべきは…
寺田真実さん@デュブール医師・警官2・弁護士 一言で言うと『寺田さんに釘付け!』の舞台だった、と申しましょうか。
いや~、なんてナイスキャラなんだ! 面白い、面白いゾ寺田さん! なんなんだその笑顔は! 文章では上手く言い表せないのが歯がイイくらい面白い。
寺田さん
そして高井治さん@部長・刑務所長・検事
私は【オペラ座の怪人】は苦手なので、高井さんの舞台を拝見する機会があまりナイのですが…驚きました。 歌の上手さにも改めてシビレる事は言う間でもなく、その弾けっぷりに! 髪爆発させちゃうし、四つん這いでハイハイしちゃうし…。 勝手に持っていた既存イメージがガラガラと音を立てて~、役者さんってスゴい!
劇団四季の舞台って『キャストによって当たり外れが大きい』って事を改めて痛感。 今回は素晴らしく歌の達者な人を集めた精鋭チーム、って感じでチケット代金に見合った満足を得る事が出来ました。 が、それだけに、直前じゃないと判らないキャスティングシステムは納得いかないなぁ…と不条理を感じる訳でありました。
コレ、自由劇場という空間に、すごくフィットする演目ですね♪

青い旗キャスト
デュティユル:石丸幹二/イザベル:坂本里咲/部長・刑務所長・検事:高井 治/八百屋・娼婦:丹 靖子/C氏(公務員)・囚人:小林克人/デュブール医師・警官2・弁護士:寺田真実/B氏(公務員)・警官1・看守1・ファシスト:荒木 勝/画家:渋谷智也/M嬢(公務員):佐和由梨/A夫人(公務員)・共産主義者:久居史子/乞食・看守2・裁判長:井上隆司/新聞売り:有賀光一

それから…1999年自分の観劇時のキャスト。 今公演でも続投組が多いのに驚きましたが、自分の為の覚え書きとして当時のキャストを記しておこ~っとdown
赤い旗1999年キャスト(今回と同じ人は割愛)
イザベル:井料瑠美/部長・刑務所長・検事:光枝明彦/C氏(公務員)・囚人:青山 明/デュブール医師・警官2・弁護士:喜納兼徳/B氏(公務員)・警官1・看守1・ファシスト:川原洋一郎/A夫人(公務員)・共産主義者:横山幸江/乞食・看守2・裁判長:千野昌保

関連記事

劇団四季おぼえ書き

Song&Dance2 【福岡シティ劇場】

『ツアー最終地:福岡、ついに開幕!』という事で、いよいよスタート。 すでに開幕前から観劇の度にロビ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

CATS 【キャッツ・シアター】

今年の2月以来の観劇。 総括としては…「よほどの事がない限り、もう観ることはナイだろう」 ハマる

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

クレイジー・フォー・ユー【キャナルシティ劇場】

かなりの回数観ていたつもりのCFYですが、久し振りの観劇に「あ!そうだった、そうだった〜」と思い出し

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ノートルダムの鐘【四季劇場・秋】

フィーバス以外は前観劇時と違うキャスト! 演じる役者さんによってフロローの印象は随分変わる作品である

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(6)+リハ見【広島・ALSOKホール】

実は…すご~く待っていた田島ガストンの登場です! アニメから抜け出てきたような“まんまガストン”は、

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(7)千穐楽【広島・ALSOKホール】

今年2月17日開幕から約4ヶ月間、総公演回数105回で12万人もの動員達成したそうで、本日【美女と野

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コーラスライン【福岡シティ劇場】

結構最近も観たつもりでしたが…自分の観劇レポートを辿ると2007年2月以来の(欠かさずレポUPしてた

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ソング&ダンス 60 感謝の花束【キャナルシティ劇場】

この劇場で四季公演を観るのは、ほぼ一年振り。 ハマりにハマって馬鹿みたいに通った【Song&

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣(5)【広島・ALSOKホール】

 4月19日(土) 坂本ベルはひとまずこれで見納めとなりました。 さすがの安定感に作品にググッと入

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ソング&ダンス55ステップス【福岡シティ劇場】

前作【Song&Dance2】にハマりにハマって福岡上演時にはバカみたいに通った私、今作品の

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2021 (4)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 宝塚歌劇月組公演(10/11〜11/3)

    ●初日のみ/15:00~18:05
    ●昼の部/2回公演=11:00~14:05/1回公演=12:00~15:05
    ●夜の部/16:00~19:05

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑