博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

四月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

井伊大老

魁春さん@お静は初役とのこと。 吉右衛門さん@井伊直弼との夫婦ぶりが(立場は愛妾ですが) …個人的には目に珍しい印象。
「生まれ変わるなら間違っても大老にはなるまい…」と顔を覆って号泣する、というのは“殿様”と呼ばれる立場の男の人は珍しいのでは? それだけに打ちひしがれた様子と心情を強く感じ心が痛い。 直弼が静に贈った“安雛さま”を二人で手にし、日の落ちた部屋で寄り添いながら遠い目をして語る様に深い夫婦愛を感じられた。
しかし~魁春さんって、目が恋していない…っていうか、無表情っていうか汗
イヤホンガイドの腰元の着物の解説で、“矢絣”が流行ると戦争が起こる、というジンクス?を初めて知った!

口上・六代目中村松江襲名披露五代目中村玉太郎初舞台

下手より→
藤十郎・吉右衛門・又五郎・時蔵・勘太郎・福助・玉太郎・松江・東蔵・魁春 ・梅玉・芝翫・富十郎・仁左衛門・左團次・歌昇・秀太郎・我當・菊五郎・雀右衛門
豪華、豪華 又五郎さんの「歌右衛門さんとは子供の頃一緒に…」というようなお話はもう誰からも伺えない貴重なもの。 どうぞどうぞいつまでもお元気で。
玉太郎くんは途中参加♪

時雨西行

藤十郎さん@江口の君は初役との事ですが、遊女と菩薩の間を自在に行き来するという様を違和感なく表現されてさすがな印象。 「今、色っぽい遊女」「今、菩薩」…という切り替えが、梅玉さん@西行法師と一緒に見えて来て面白かった。

伊勢音頭恋寝刃

久々に仁左衛門さん@福岡貢を拝見。 要所要所の見せ場でパシッと美しく型が決まる様は観ていて気持ちがイイ! 御家の重宝・名刀(妖刀)青江下坂を手にお人好しの青年が狂気に取り憑かれて行く様は何度観てもそら恐ろしい
時蔵さん@お紺は、のれんを押してツイと出てくる様に、売れっ子遊女の艶っぽさと貢に対する気持ちが表情にみて取れて美しい☆
福助さん@仲居万野初役との事ですが、すでに範疇のお役かと。 私の隣席の人は「上手いねぇ」を連呼されており、ご本人も嬉々として憎々しくて嫌みな女を演じていらっしゃるご様子。 あの曲がった口がなんとも嫌みで、貢じゃなくてもイライラさせられる好演。
勘太郎さん@お岸は初々しい印象。
松江さん@今田万次郎は、つっころばしのナヨナヨとした部分はあるものの、可笑し味がもうすこし欲しく…弱い。
東蔵さん@お鹿、というよりはあんなデコ広の遊女自体に衝撃! ヅラの被り方?顔の作り方でああも違った印象になるのかと感心。 “お鹿”としては「何もお鹿ちゃんまで殺さなくてもイイのに」と貢に対して猛烈な憤りを毎回感じるのだが、それは今回なかった汗 もう少しバカっぽい?愛嬌が欲しかった…かな。
凄惨な連続殺人の場の前のひと時の…伊勢音頭の総踊りは何度観ても目に美しく楽しく、ホッと一息つける場である事を再認識。
このお話はノンフィクションで、後世、歌舞伎役者の手によって貢とお紺の墓が並んで建立された…との事。 合掌。

関連記事

歌舞伎座おぼえ書き

壽初春大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

 :idea: 廓三番叟 三番叟で廓?…とは“廓の情趣に仕立てた三番叟”との事。 朝イチに華やかな

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

義経千本桜・昼の部【歌舞伎座】

いくら人気狂言と言えども…上演し過ぎじゃないの?!、って思う方は少なくナイはず。 “通しで上演”って

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

芸術祭十月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

今月は【昼の部】のみ観劇。 音羽嶽だんまり 私、初見でした。 若手ズラリで暗闇でだんまりなのにキ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

三月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

大石最後の一日 孝太郎さん@おみの。 待ちに待った登場に嬉々と していたら…見えない。 全く、見え

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

六月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

輝虎配膳 歌舞伎座では33年振りの上演で、梅玉さん@長尾輝虎、秀太郎さん@越路、時蔵さん@お勝はい

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

十二月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

今回、昼の部は【Aプロ】と【Bプロ】があり、私はBプロで、梅枝さん@阿古屋で観劇。 たぬき 私、こ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

二月歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

ぢいさんばあさん 森鴎外の短編小説を劇作家の宇野信夫氏が脚色した作品で、初演は昭和26年…という新

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

吉例顔見世大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

「マー君の初舞台の日の為に!」…と“マー君貯金”をして楽しみにその日を心待ちにしていましたが…思いの

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

十二月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

嫗山姥 実は、今回の観劇の一番の楽しみは、猿弥さん@腰元お歌♪ 絶対ラブリーなのは判ってたけど…や

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

團菊祭五月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

泥棒と若殿 山本周五郎の昭和24年(1949年)に書かれ、昭和40年に舞台化された作品。 歌舞伎座

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2021 (4)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 宝塚歌劇月組公演(10/11〜11/3)

    ●初日のみ/15:00~18:05
    ●昼の部/2回公演=11:00~14:05/1回公演=12:00~15:05
    ●夜の部/16:00~19:05

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑