クレイジー・フォー・ユー【四季劇場・秋】

昨年の10月・広島公演以来の観劇。
今回は、荒川務さん@ボビー×木村不時子さん@お母さんでしたので“甘々夢見るおぼっちゃん”感が強く感じられ、作品自体が“ニッコリ可愛い”印象
前回の観劇ですっごく好きだった八重沢真美さん@アイリーンの「主人と」片足ピョコンが観れて満足! そのご主人・牧野公昭さん@ランクはワイルドさがパワーアップしてて、ホテルの看板を叩き割るところはその破片を口にくわえてニヤリ…キレ具合が恐かった~!
栗原英雄さん@ベラは、想像していたよりもお役にハマってらして…失礼ながら栗原さんの引き出しの大きさに驚きました。 でも「クスッ」と笑える部分で今イチ客席からの笑いが取れていなかったのが残念。 愛するテスの為に私財を投げうち、テスが「あなたらしくないわ」と言い去った後に「ヨッシャ~」での笑いは重要ポイントかと。
総体的には「良く出来た楽しい素敵な作品だな」と再認識し楽しんだ観劇でしたが、一番楽しみにしていた…池末絵己子さん@パッツィーで観れなかったのが残念でなりませんでした。
私、今回、多分初めて四季劇場でのフル生オケで観劇。 やっぱり生オケはイイなぁ…と思うと同時に、他劇場ではテープ演奏なのに観劇料金が同じなのには納得がいかない思いをすごく強く持ちました。 なんか…やっぱり劇団の経営方針には不条理な部分を感じる事が多いなぁ怒り

青い旗キャスト
ボビー・チャイルド:荒川務/ポリー・ベーカー:樋口麻美/ランク・ホーキンス:牧野公昭/アイリーン・ロス:八重沢真美/ベラ・ザングラー:栗原英雄/エベレット・ベーカー:喜納兼徳/ボビーの母:木村不時子/テス:有永美奈子/ユージーン・フォーダー:池田英治/パトリシア・フォーダー:西内いず美/
ムース:荒木勝/サム:岩城雄太/ミンゴ:大塚俊 /ビリー:石野喜一/パーキンス/カスタス:脇坂真人 /ジュニア:田中廣臣/ピート:三宅克典/ジミー:和泉沢旭/ワイアット:関与志雄 /ハリー:村中弘和/
パッツィー:石塚智子/シーラ:恒川愛/ミッツィー:柴田桃子 /スージー:荒木美保/ ルイーズ:大石眞由/ベッツィー:市川友貴/マギー:東裕美 /ベラ:ソン インミ/エレイン:須田綾乃/