博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

駒田一トークショー【大野城まどかぴあ】

来年2月にこの会場で上演されるミュージカル【サ・ビ・タ ~雨が運んだ愛~】に主演の駒田 一さんのトークショーが開催されましたので行って来ました♪
このイベント告知はものすご~くひっそりとしかされてませんでしたので、友人からお誘いを受けるまで全く知りませんでした。 それでも小さな会場は満席で、約1時間半、ほとんど笑いっぱなしの楽しい時間で大盛り上がりでした☆
“トークが達者な駒田さん”という事は存知あげていましたが、それ故に司会進行役に回る事が多く「そういえば駒田さんがご自身の事を多く語ってる…って場に遭遇した事ナイなぁ」とイベントが始まってから気が付いた次第。

今回、司会進行役の福岡のフリーMC・小柳有紀さんがほんわかニコニコのナイスキャラで、この方と駒田さんとの掛け合いがなんともイイ! 今までこういったタイプの地元司会者が進行するトークショーに何度も参加した事がありますが、今回が一番イイ! もうこれからのイベント司会は全部小柳さんにお願いすればイイやん!と思ったほど(決して回し者ではありません!)。 ちなみに“こやなぎゆき”ではなく“こやなぎゆうき”だそうです。 ぽっちゃりコロ~ンな容姿でニコニコまったり~なキャラで、駒田さんはトークのリズムを度々崩されてカックン!ってなってたのも笑いポイント☆ そして東京から同行されていた東宝プロデューサーも客席からそれとなくトークに参加していたのが、またいと可笑し♪
一昨日、帝劇レミゼの千穐楽を終えたばかりでお疲れもモードとお見受けした駒田さんでしたが「つい先々月は大好きな博多に1ヶ月も居たのに殆どしゃべれなかったから!(=クコール)」と、本日のトークは全開。 ご自身が今現在、ミュージカル俳優としてご活躍される迄に至った経緯に「へぇ~」。 今年のラ・マンチャでは念願のサンチョ役を得て、節制を心がけ、ひたすら体調管理に気を配られた事に「ほぉ~」。 “愉快な駒田さん”な一面しか知らなかったもので、すごく貴重な時間でした(実際、東京からの参加のファンの方も!)
東宝ミュージカル?の舞台において“三大司会者”なるものが居るそうで…森公美子、岡幸二郎、駒田一、との事。 そしてこの前の博多座公演において駒田さんが司会回数NO.1の座に輝いたそうです! その記録を知った残る二人は相当悔しがっていたらしい(爆!)
作品の魅力をネタバレしない程度に熱く語る駒田さんでしたが、「とにかく初演時と同じキャストで再演出来る事にすごく嬉しい!」という事とその共演の原田夏希さん、山崎育三郎さんをすごく評価されていたのが印象的でした。
そして私がず~っと疑問に思っていた【サ・ビ・タ】という言葉の意味は副題にある“雨が運んだ愛”の韓国語の略語なんだそうですね(レ・ミゼラブルをレミゼって言うみたいな)

いや~、とにかく笑って笑って笑ったトークショーでした。
来年2月の福岡公演、更に楽しみになりました♪

関連記事

その他観劇おぼえ書き

橘菊太郎劇団公演【博多新劇座】

「一度、大衆演劇を生で観てみたいっ!」「博多にせっかく専用劇場があるんだから足を踏み入れたいっ!」と

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

桜姫【シアターコクーン】

初のコクーン歌舞伎観劇でした。 ここ最近、渋谷なんて近づいた事もなかったし、スゴイ雨が降っていて…駅

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

KOOZA【福岡ビッグトップ】

今回でシルク・ドゥ・ソレイユ公演を見るのは4演目目。 「いつか舞浜の常設劇場“ゼッド”で観てみたいな

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

恋川純弥劇団公演【博多新劇座】

これ…12月に書いてます 下書きを放置して…気が付けば記憶も朧げ~。 しかし、観劇の「観た」って個

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

ファインディグ・ニモ【マリンメッセ福岡】

子供の時に行って以来の…ディズニー・オン・アイス。 だって今年の演目は【ファインディング・ニモ】な

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

東海道四谷怪談・南番【シアターコクーン】

 南番 1994年第1回コクーン歌舞伎で上演された『四谷怪談』が新たに串田演出によってよみがえる…

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

おしまイムズ、吹き抜けよ永遠に!【IMSホール】

イムズの開館は1989年。 オープン当日は大学から帰路の寄り道でIMSに足を踏み入れた日は鮮明に覚

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

拝啓 お父さんです。【ぽんプラザホール】

ひのあらたさん主催の演劇ユニット【アプローチシアター】のお芝居。 今回の作品は、原案は出演も兼ねる

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

薔薇とサムライ【赤坂ACTシアター】

劇団☆新感線30周年興行の第一弾! 新感線RX【薔薇とサムライ~GoemonRock OverDri

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

歌語り 一休宗純物語【紀伊国屋サザンシアター】

思いがけず観劇の機会を得て、なんの予備知識もなく劇場へ。 【歌語り】とは…日本の歌を特徴づけている

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2022 (9)
    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 千と千尋の神隠し(1〜28日)

    ●公演時間
    〈昼の部〉12:00~15:05
    〈夜の部〉17:00~20:05

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑