博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

博多座陽春特別公演【博多座】

直美さんは…もう何度目の博多座でしょうか? “春の博多座は藤山直美”が定番化しつつあったここ数年でしたが、昨年は残念ながら…。 で、今年は前川清さんと強力タッグを組んでの登板に『面白くナイ訳がナイっ!!』と公演が発表になってからすっごく楽しみにしていました。 私“初・生・清(←氷川ぢゃナイよ)”です♪
直美さんと清さん、二人の出会いは2006年3月にこの福岡・中洲のスナックでバッタリ☆、とのこと。  福岡がとりもつご縁となった共演は、昨年11月の大阪松竹座に続いて2度目だそうで、 クール・ファイブも芝居と歌謡ショーに花を添え“春らしい華やいだ舞台”といった感じ。 実際、芝居もショーも客席はドッカン!ドッカン!と大ウケ。 歌謡ショーでこんなに笑ったのは初めて。 清、やるなぁ~グッド

三次とお玉の恋物語

この博多座公演のために書き下ろされるお芝居だそうで、大阪の芝居小屋を舞台に狐の娘と人間の男の恋模様を描いた“狐の恩返し”って感じの笑いあり涙ありの喜劇。
前川清さん@三次郎は真面目に芸に取り組むものの、今ひとつパッとしない役者。 大成を願い稲荷神社に百日参りをしていたある夜一匹の白狐を助け、その翌日に「三次郎の贔屓だ!」と名乗る藤山直美さん@玉枝という女が尋ねてくる。 三次郎は玉枝のアドバイスにより役者としての人気と実力がメキメキと~、そして二人はお互いに想いを寄せるようになるのだが…という物語。

歌舞伎好きとしては【義経千本桜】が通しで上演されている舞台裏が観れたり、あの早見藤太の三枚目の拵えは実は玉枝のアイデアによるものだった!ってのが激しくツボでした。
清さんのとぼけた味わいが、三次郎のキャラクターにばっちりハマり、しっかり者の女房風情の懐の深いおおらかな女性を直美さんが達者な演技でガッチリと受け止め、笑わせるだけではなく要所要所でしっかりとしんみり~と観客の心をグッと掴むのはさすが!
クール・ファイブも“招き猫楽団(?!)”として芝居に登場したのには笑えたものの、それなりの時間を割く必要があったのか?間延びした印象で残念汗
でもって、またしてもW小山さんの活躍が少なかったのも残念。 客演が大物や大人数だとレギュラー陣の出番が少なくなるのは仕方がナイのかなぁ~汗

清と直美はなんばしよっと~二人のオンステージ~

直美さんは舞踏で数曲参加。 直立不動で歌う(“一坪歌手”と言われるらしい)清さんの後ろで艶やかに舞う姿に魅せられ、フィナーレは二人のデュエット曲【Love Songが聴こえない】を手をつないで熱唱。 お芝居では直美さんが前川さんを見守っていましたが、ショーでは立場が逆転していたのが印象的。 直美さん、声量もあるし、歌ウマイ~♪
清さんは飄々したトークで客席を湧かせながらクール・ファイブとともにそのヒット曲を次々と歌い上げ、改めて「歌、ホント上手いなぁ~」と聞き惚れました。 歌う際に動きが少ないから、少しでも見た目にも楽しめれば…と次々に衣装を替えるサービスぶりは何故だか笑いを誘う。 特に…1曲丸々右向きで歌う→1曲丸々左向きで歌う→正面を向くと右半身と左半身が違う色だった~!というギンギラ☆スーツには爆笑(歌っていた歌はかなり名曲だったかと~汗
失礼ながら私、 クール・ファイブのメンバーを全く存じあげなかったのですが…小林正樹さんがかなり興奮して暴走気味だったのが怖かった~冷や汗(アンチェインド・メロディーを熱唱)
いや~、歌謡ショーでこんなに笑うのって…あり?
ぜひ是非またこのコンビで博多座に! またのご出演楽しみにお待ちしております♪

関連記事

博多座おぼえ書き

六月大歌舞伎・夜の部【博多座】

車引 当初、桜丸の出で仮花道を使用する予定があったのですが、諸事情により中止となりまして非常に残念

記事を読む

博多座おぼえ書き

ジェーン・エア【博多座】

松さんは今年5月【ラ・マンチャの男】に続いて二度目の博多座登板。 2002年以来10年振り…で、いき

記事を読む

博多座おぼえ書き

ミス・サイゴン(駒田×知念×上野×岡×三森×泉見)【博多座】

2009年に“博多座初の3ヶ月ロングラン公演”という無謀チャレンジな上演期間を経た後の、今回の再演は

記事を読む

博多座おぼえ書き

新・三国志III ~完結篇~【博多座】

新橋演舞場の次が博多座とは~!! シリーズ完結篇という事で3、4月に新橋演舞場で上演。 例年だと博多

記事を読む

博多座おぼえ書き

高野聖/将門【博多座】

高野聖 事前に原作を読んで観劇に臨んだ初観劇の演目。 個人的には劇中にスクリーン投影で情景を説明

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月花形歌舞伎・弥生の花浅草祭【博多座】

昼&夜、同一狂言…という事で、昼のみの1回公演日が多く“歌舞伎ビギナー”を対象にした楽しいイベントや

記事を読む

博多座おぼえ書き

ダンス・オブ・ヴァンパイア【博多座】

「ハマる人はすご~くハマるけど、そうじゃなかったらホントに受け付けられない作品だよ」と初演を観た方か

記事を読む

博多座おぼえ書き

ヤマトタケル(初日) 【博多座】

今公演のように主演が右近さん×段治郎さんのWキャストとなったのは2005年公演時からであり、今回はそ

記事を読む

博多座おぼえ書き

宝塚歌劇雪組公演・フットルース【博多座】

【フラッシュダンス】や【フットルース】等の青春グラフティ的なダンス映画の公開が相次いだ当時を懐かしん

記事を読む

博多座おぼえ書き

北島三郎最終公演【博多座】

サブちゃん最後の劇場での座長公演! 博多座開場以来、ほぼ毎年公演を行ってきて…おそらく“満員御礼”

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月(5〜19日)

    ●昼の部/公演内容毎に異なる
    ●夜の部/公演内容毎に異なる

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑