博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

文楽を知る・愉しむ【イムズホール】

毎年末、博多座では恒例となりつつあった文楽公演ですが、今年は年明けのあのミュージカルの仕込みのせいで中止怒り 1日限り2回公演のイムズに行ってきました。
以前、博多座公演の際に「毎年同じ時期なので来れるメンバーが決まってしまう」と登壇された方がおっしゃってて、遠征すると初めてお見受けする太夫さんや人形遣いさん、三味線の方に「なるほどな~」と思ったもんです。 で、今公演ではやはり年末の博多座公演ではお見かけしない方もいらっしゃって「博多座公演が…」とションボリしてましたが、これはこれでこじんまり~と楽しめました♪

一. あらすじ

豊竹睦大夫さんから「今回はあまり上演されない…十郎兵衛が実娘おつるを誤って手にかけてしまうくだりの部分に注目~」と、あらすじの紹介。

二. 傾城阿波の鳴門 十郎兵衛住家の段

「ととさんの名は十郎兵衛~、かかさんの名はお弓と申します~」で有名ですが、文楽では初めて観たので興味深く引き込まれました!
女房お弓(吉田和生さん)の、しっとりとした女房ぶりがなんとも素敵☆ 巡礼おつる(吉田玉翔さん)は娘…といえども三人遣いの大きな人形なんですね。 観ている側は母親の心情に沿ってホロリとさせられるいじらしさに感嘆。 髪を梳いてあげる細かな動きはもはや人形という事を忘れてしまいました。
(前=竹本津駒大夫さん×鶴澤清友さん
前段でおつるの親を恋い慕う心情を強く伝わって心撃たれていたので、実父の十郎兵衛(吉田幸助さん)に、事故的に命を奪われてしまう悲劇が殊更際立つように思えました。
こんなに劇的なくだりがあまり上演されナイ…というのは、あまりにも悲劇的で救いがナイからでしょうか? 娘の亡骸を人手に渡すまいと障子を倒し被せて火を放つ様は衝撃的でした。 煙もちゃんと出る演出だったし。 文字久大夫さん、すっごく聴きやすくて感情移入し易くて好きです。
(奥=竹本文字久大夫さん×鶴澤清二郎さん

三. 解 説

義太夫=豊竹睦大夫さん、三味線=野澤喜一朗さん、人形遣い=吉田和生さん、での解説。
博多座公演では解説する人が固定化しちゃっているので、お話も毎度同じ内容の繰り返し…でちょっと飽きていたのですが、今回はどの方も初めてお話を聞いたので「へぇ~」と初めて知る事も多く、とっても面白かったです。 皆さん、大阪ご出身の方が多いのでお話お上手ですよね~。
中でも三味線の皮は表裏とも犬の場合と、表が猫の場合で音色の余韻が違う、というお話はビックリでした。 「人形や三味線で使われている素材は現在ではワシントン条約的に厳しいものが多いんですよね~汗」というお話が印象的でした。

伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段

昨年の【文楽いろはレクチャー】で観たばかり(ばかり?)だったので、その時とのお七(吉田清三郎さん)人形遣いさんの表情の違いが面白かったです。
豊竹睦大夫さん×野澤喜一朗さん

関連記事

その他観劇おぼえ書き

夏祭浪花鑑【大阪平成中村座】

「大阪でやるんだったら絶対この芝居を!」と勘九郎さんが熱望しての上演となったそうで、その意気込みはド

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

『銀河鉄道999』さよならメーテル~僕の永遠【明治座】

銀河鉄道999 劇場版公開40周年記念作品 舞台『銀河鉄道999』の第二弾。 今作は松本零士先生誕

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

文楽いろはレクチャー【アクロス福岡円形ホール】

昨年末は恒例化していた【博多座文楽公演】は、年明けの某ミュージカル3ヶ月ロングラン公演の仕込みの為に

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

薔薇とサムライ【赤坂ACTシアター】

劇団☆新感線30周年興行の第一弾! 新感線RX【薔薇とサムライ~GoemonRock OverDri

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

KAWAII KABUKI~ハローキティ一座の桃太郎~【サンリオピューロランド】

松竹が全面監修のもと…脚本・演出は横内謙介さん、笑三郎さんの歌舞伎演技指導、巳之助さんが映像出演、獅

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

イッセー尾形のとまらない生活 2008 春の新ネタ in 博多 【IMSホール】

恒例の春公演♪ …しかし、今回違っていたのは“懐かしいネタを中心に披露”という事でビックリ イッセー

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

全国座長大会【嘉穂劇場】

「いつかは行ってみたい!」と思い続けて…この度、やっと初めて嘉穂劇場の【全国座長大会】に行ってき

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

八千代座こけら落とし公演【八千代座】

熊本県山鹿(やまが)市にあり江戸時代の面影を残す、国指定重要文化財の芝居小屋【八千代座】。 平成8

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

愛と青春の宝塚【福岡サンパレス】

2002年にフジテレビ系列にて2夜連続放映され、好評だったドラマの完全舞台化(私は末見)。 それをか

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

橘菊太郎劇団・夜の部【博多新劇座】

初めて大衆演劇というのを観たのは三年前で、この橘菊太郎劇団。 それから数えてこの劇団を観るのは今回が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2022 (1)
    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • ガラスの動物園(6〜12日)

    ●昼の部/12:00〜14:35
    ●夜の部/17:00〜19:35

    SLAPSTICS(14〜16日)

    ●昼の部/12:00〜15:15
    ●夜の部/17:00〜20:15

    マイ・フェア・レディ(19〜28日)

    ●昼の部/12:00〜15:25
    ●夜の部/17:00〜20:25

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑