エリザベート【博多座】

MY初日です♪
初めて一路さん以外での東宝エリザを観る訳で、【回転木馬】【マリー・アントワネット】そして今回の【エリザベート】と三度目となる禅さん×涼風さん夫婦のコンビネーションを猛烈に楽しみにしてました♪
涼風真世さん@エリザベート。 シシィ時代は「アニメ声かも?!」と危惧していましたが、それはなく、やはりあのパッチリとした目の可愛らしいお顔立ちに魅せられました(けど、何故かしらオバちゃんにも見える不思議が汗) サーカスの~の側転は鮮やかにキマりますね! お転婆度が強調されていて良かったです☆
やはり歌が安心して聴けるのは嬉しいです。 聴いていて辛くない…というのはホント重要です! 期待していた禅フランツとのハーモニーには大満足☆ 特に【夜のボート】は、この組み合わせでCDを出して欲しい!と思いました。
で、総体的に一言でいうなら“無難”って感じでしょうか? 何様で大変失礼ですが「悪くはナイ」って感じで、心に引っかかる“何か”が私は残りませんでした。
セリフのタイミングが全体的に早いのが気になりましたが、“死への憧れ”のようなものが常に根底にあるような寂しさが漂っているようにも感じられる部分が好きでした。
一路エリザでは感じられなかった感情なども湧いてきて、キャストが変わる事への面白さを改めて知りました。 衣装や鬘も涼風仕様になっていて、そのチェックも楽しめますね♪
「やたら力が入ってるなぁ~」と圧倒された武田真治さん@トート。 計らずも本日は“武田トート初日”だったそうで、カーテンコールではご挨拶がありました。 帝劇で拝見した時も思ったのですが、あの“俺様オーラ”全開のトートからは想像出来ない、真面目で誠実なお人柄が伺えるご挨拶に誰もがニッコリ。
前回のデビュー公演で印象的だったルドルフへの死のキスですが、今回はキス後に“舌なめずり+ニヤリ”でしたっ汗 歌は更に工夫が加えられていて「初演以来相当努力されたんだろうなぁ~」と感心しきりでした。 やはりポックリブーツは続行、なんですね汗 せっかく妖しくファッショナブルな容姿なのに、ブーツが全てを台無しにしているかと~。
今公演では初演からず~っと出演されて持ち役とされていた方も結構入れ替わって、衣装も変わってたり…なんですね。 目や耳で親しんでいたものとは違う間やヴィジュアルに戸惑いながらも楽しめました。 革命家の一人(←名前は何?)谷口裕久さんが愛之助さんに見えて仕方がなかったです汗

劇場 キャスト
トート:武田真治/エリザベート:涼風真世/フランツ・ヨーゼフ:石川禅/ルドルフ:伊礼彼方