博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

五月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】 

車引

名子役・清水大希くんが、中村屋さんの部屋子として“中村鶴松”を襲名し、杉王丸で出演。 私自身は大希くんの舞台を拝見する機会に結構恵まれていたので、立派な姿にもはや“親戚のおばちゃん”状態でウルウル。 これからは更にいろいろと大変でしょうけど、歌舞伎を愛する気持ちはそのままに立派な役者さんになっていただきたい。 そして私たちを楽しませてください。
七之助さん@桜丸はニン、勘太郎さん@梅王丸は意外にも(失礼!)荒事もイケるんだ…という驚きがありました。 血気盛んなやんちゃな男の子の感じが出てて。 でも…海老蔵さん@松王丸もそうですが、セリフの抑揚がありすぎで、私的印象で言えば、そのセリフを言う事に酔っているような印象で「何を言ってるのか解らない、伝わって来ない」感が強く、残念でした。

芋掘長者

歌舞伎座では45年振りの上演ということで、私はもちろん初観劇。 松葉目もの…よりもちょっとカジュアルな雰囲気の舞台のつくりで、舞踏の面白さとしては【茶壷】のように、上手い踊り手の人が一拍遅れて下手に踊ってみせる…という点でしょうか?
亀治郎さん@緑御前の婿選びの基準が“踊りが上手い人”ってとこから、笑えますが…やっぱり一番の見所は踊りの名手・三津五郎さんが下手に踊るところ。 そしてうって変わって自分の得意のジャンルの踊りとなると、実に生き生きと楽しそうに踊るところ。 観ていると実にウキウキとしてくる楽しい舞踏ですね~☆ 最後に一同がかえし、緑御前までがお尻をフリフリして長芋掘りの踊りを踊る様は実に愉快。 この演目はこれからも是非とも上演を続けてほしいな、と思いました。

弥栄芝居賑

3、4月と続いた襲名披露口上に変わって、芝居仕立ての一幕。 両花道には上手に女伊達、下手に男伊達がズラリと居並び、自分の名前にちなんだリズミカルな口上を述べるのが目には豪華、耳には心地良く楽しい。 まるで割セリフのように次々と続くので、客席はまるでテニスの試合を観ているように、首が左右にフレ…これまた観ていると愉快! 勘三郎さんに加え、鶴松さんも中村屋の裃を着てご挨拶があり、なんともめでたく豪華な一幕で“これぞ歌舞伎”な満足の一幕。

髪結新三

髪結新三を演じていらしゃる時の勘三郎さんは“イイ男”だな、といつも思います。 イイ…とは色気がある、という意味です。 私のイメージの中では“愛嬌がある”というイメージが優先していますので、新三を演じていらっしゃる時、特に胸元から手を出してアゴに当て…何かを企んでいる表情の時とか「カッコイイ~ッ」と見惚れてしまいます。 小悪党ながら粋で小気味のイイ男、似合います。
「鰹は半分もらったよ」って、私、大好きなんですよね 三津五郎さん@家主長兵衛勘三郎さん@新三の呼吸も当然のことながら絶妙で、楽しい、楽しい♪ 「え?なんでそうなるの?」という新三のいぶかしがる表情も、セリフのタイミングも絶品でした。
季節にバッチリとマッチした演目がかかると、より芝居の中にグッ入って観劇できるような気がしませんか?

関連記事

歌舞伎座おぼえ書き

御名残三月大歌舞伎・二部【歌舞伎座】

来月のさよなら公演がホントの最後ではありますが、私にとっては今回の遠征で現歌舞伎座が見納め。 人の多

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

義経千本桜・昼の部【歌舞伎座】

いくら人気狂言と言えども…上演し過ぎじゃないの?!、って思う方は少なくナイはず。 “通しで上演”って

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

秀山祭九月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

何故かしら【秀山祭】は毎年欠かさず遠征観劇しています。 9月って台風シーズンだから、遠征ってカケなん

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

十二月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

弁慶上使 やっぱり何度観ても辛いお話で、観劇後にズーンと気持ちが重たくなって苦手。 朝イチで観るの

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

三月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

今年の三月歌舞伎座公演は…十三代目片岡仁左衛門さんの十三回忌の追善公演。 私は残念ながら、十三代目

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

六月大歌舞伎・昼夜【歌舞伎座】

“四代目・松緑襲名披露”で【蘭平物狂】がかかる!と判った時に遠征を即決し、観劇出来る日を首を長~くし

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

仮名手本忠臣蔵・昼の部【歌舞伎座】

“赤穂義士討入三百年”という事でこの上ない豪華な顔合わせ! 兼ねてから「一度、順番通 りに大序~討入

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

團菊祭五月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

 渡海屋・大物浦 今年の博多座【二月花形歌舞伎】獅童さんで拝見したばかりなので演目の記憶も新しく、

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

九月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

平家蟹 岡本綺堂作の新歌舞伎。 冒頭には物語の背景を映像を交え白石加代子さんの語りで観客に伝える等

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

團菊祭五月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

傾城反魂香 梅枝くん@土佐修理之助は生真面目で初々しい感じ。 私、修理之助と又平は同い年くらいの同

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 蜜蜂と遠雷(1〜3日)

    ●昼の部/12:00~14:50
    ●夜の部/17:00~19:50

    Après Toi(15・16日)

    ●昼の部/12:00~14:10
    ●夜の部/16:30~18:40

    VOICARION(22・23日)

    ●昼の部/
     22日=13:30~16:20
     23日=11:00~13:50
    ●夜の部/18:30~21:20

    北島三郎(28〜30日)

    ●開演/14:00~

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑