博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

アイ-ダ【大阪MBS劇場】

【Song&Dance2】で照明に感動していたら「だったら是非【アイ-ダ】を観てみて」と薦められたので、観劇(もともと古代エジプトものは美術的に好き)。
最初と最後が現代のシーンとしてリンクしていく部分などは映画的手法で面白いですね! 冒頭のシーンでスコーンと舞台の世界にハマりました。
濱田めぐみさん@アイーダ“ヌビアの女王”という意思の強さと凛とした気高さを感じさせ、さすがの歌唱力も圧巻だったけど、驚きだったのはそのヴィジュアル。 “ヌビア人そのもの!”…って、実際のヌビアの人を知っている訳ではないけれど、私が持っているイメージそのままで、メイクや衣装さんの力もあるんでしょうけど、やはり濱田さんの演技に負うところが多かったと思います。 特に、森川美穂さん@アムネリスの髪を梳くシーン、自分も同じ女王としての立場から彼女の気持ちに沿って語りかける時の表情が印象的でした。
実は私、森川美穂さんって、あの“歌手の森川美穂さん”って判っていなかったので(劇団四季は四季の役者さんだけかと)まず驚き、「やっぱり歌の上手い人だなぁ」という印象を新たにしました。 今後は本田美奈子さんのようにミュージカル女優として活躍の場を広げていらっしゃるのでしょうか? 楽しみです。
一番好きだったのは“お風呂のシーン” 背景の水槽のようなところで泳ぐ?侍女やその登場シーンなど、本当に暑い蒸すスチームの中に共にいるようで、彼女がつける香油の匂いが漂ってくるようで、とても好きでした。【お洒落は私の切り札】はガラッと雰囲気が変わって楽しいですね♪
舞台美術はあまりセットを作りこむ訳でもないのに、シルエットや照明でエジプトの太陽の熱や土埃、ナイルの川の匂い、石の冷たさなどを感じる事が出来(行った事はナイけどね)、感動感動 特に葦?のシルエットの前で壷を頭に乗せた侍女たちの静かな群舞は、影絵のようでエキゾチックで素敵でした。
ラストシーン、黒い幕でどんどん視界が狭くなっていく手法は、二人と一緒に埋められたような圧迫感とせつない想いが圧縮されたような効果があり見事でした! あの手法、考えた人スゴイなぁ…。
この舞台、通える劇場での上演だったら…多分、相当通ってしまう事間違いなし!

青い旗キャスト
アイーダ:濱田めぐみ /アムネリス:森川美穂/ラダメス:福井晶一/メレブ:有賀光一 /ゾーザー:大塚俊/アモナスロ:川原洋一郎/ファラオ:岩下浩(劇団民藝)

関連記事

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣・千穐楽【福岡シティ劇場】

昨年2005年5月8日に開幕しロングラン公演を続けていた【美女と野獣】が通算公演回数238回をもって

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

ユタと不思議な仲間たち【四季劇場・秋】

2004年7月22日の福岡シティ劇場千穐楽以来の…座敷わらしたちとの感動の再会! も~う、どれほど再

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

美女と野獣【京都劇場】

まさか、今年になって2回も京都に行くことになるとは!と、自分でも驚きの突発遠征。 来月には福岡で開幕

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

王様の耳はロバの耳【鳥栖市民文化会館】

この夏、福岡シティ劇場ではファミリーミュージカルが2作品連続で上演されまして、いずれも劇中の曲がいま

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

Song&Dance2 【福岡シティ劇場】

『ツアー最終地:福岡、ついに開幕!』という事で、いよいよスタート。 すでに開幕前から観劇の度にロビ

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

人間になりたがった猫(千穐楽)【福岡シティ劇場】

夏休み企画第2弾! 福岡シティ劇場では初登場のファミリーミュージカル。 劇団四季のファミリーミュー

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

クレイジー・フォー・ユー【四季劇場・秋】

昨年の10月・広島公演以来の観劇。 今回は、荒川務さん@ボビー×木村不時子さん@お母さんでしたので

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

異国の丘【福岡シティ劇場】

劇団四季オリジナルミュージカル“昭和三部作”の第一弾(→ミュージカル李香蘭→南十字星)。 舞台は第

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

Song & Dance2(千穐楽)【福岡シティ劇場】

今回も思いがけずハマって…最後にはご出演の全ての俳優さんに愛着を持ってしまうくらい、通っちまいました

記事を読む

劇団四季おぼえ書き

コーラスライン【京都劇場】

以下、あくまでも私個人の感想なので何卒ご了承ください え~っと…正直な感想をひと言「こんなに面白く

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    • 2021 (4)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 宝塚歌劇月組公演(10/11〜11/3)

    ●初日のみ/15:00~18:05
    ●昼の部/2回公演=11:00~14:05/1回公演=12:00~15:05
    ●夜の部/16:00~19:05

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑