ロボット・イン・ザ・ガーデン【キャナルシティ劇場】

制作が発表された時から遠征を検討したくらい凄く観たくて…でもこのご時世で断念して…ライブ配信時は予定が合わず…。 で、涙を飲んでいたら、思いのほか早くこの度の福岡公演で歓喜。しかも多分、ほぼ初演メンバーでの上演でこれまた歓喜。
公演期間中、まん延防止等重点措置の発表があり、上演が中止されてるのでは?とドキドキしていましたが、無事観劇に至りました。 劇場内はいたく関心するほど神経質までにウィルス対策がされており、さすが日本、最大規模の演劇集団・劇団四季!!

感想。すぐにでもまた観たい!! と、帰宅後に公演期間内に次回のチケットを取るべくスケジュールを熟考しましたが…このご時世。一度でも観れたことに感謝して、泣く泣く断念。このメンバーで次回観れることはナイだろうけど…あ〜、もう一度観たかったなぁ(と、諦めが悪いけど)それほど素敵な作品!! 今後繰り返し上演される劇団の代表作になるんだろうなぁ。 四季にしては珍しく、開演前の舞台撮影はOK。(夢醒めのロビーパフォーマンス以外で他にはナイですよね?)私、会場に行って初めてポスターのイラストが大好きなイラストレーター酒井駒子さんによるものだと判ってビックリ!!

ロボットの操作は文楽みたいに人形の後ろで複数人が操り(左右を各々二人が担当)、しかもセリフも言うというもの。 文楽は主遣い、左遣い、足遣いの三人操作だし、声は義太夫で分業だから、それよりも大変?!
演者さんが男女で背丈の差が大きかったので、更に姿勢が大変そうでした。歌うし!踊るし! やっぱり文楽みたいに、途中から黒衣さん的に操られるロボットしか視界に入ってこなくなるもんなぁ。
今作品、今までの劇団四季作品にはナイ「新らしさ」を感じるところが多々。演出しかり、歌やダンスしかり。オリジナルで、近未来で…という設定故、ということも作用しているのかも?ですが、これからも劇団四季オリジナル作品が作られていくであろう転機的な作品になるのでは?と思わされた良作☆

この観劇をした後日、嵐の二宮和也さん主演で映画化が発表!

キャスト
ベン:田邊 真也/タング:斎藤 洋一郎・長野 千紘/エイミー:鳥原 ゆきみ/ボリンジャー:野中 万寿夫/カトウ:萩原 隆匡/リジー:相原 萌/ブライオニー:加藤 あゆ美/コーリー:カイサー タティク/デイブ:長手 慎介/ロジャー:五十嵐 春
劇場
キャナルシティ劇場
日時
2021.5.8(土曜日)/17:30〜
タイトルとURLをコピーしました