カモメに飛ぶことを教えた猫【福岡市民会館】

劇団四季、久々の新作ファミリーミュージカル作品!
【人間になりたがった猫】が大好きな私は、ポスターも同じイラストレーターさん?が描くネコだし、四季のファミミュは全般に好きなので、観劇をすごく楽しみにしてました(の、わりにはチケット発売日を忘れて出遅れた席だったけど!)

ファミミュ恒例のような、開幕前のお約束のような語りも歌もなく、カモメの群れの群舞でスタート。序盤でいきなり“母カモメの死”という重いシーンが展開されるけど、彼女が何故瀕死状態なのか?という事をもう少し解りやすく重きを置いて伝えた方がイイのでは?と思う(油による海洋汚染などは更に深刻度を増している現状なので)

何処かで観たことがあるシーンや演出、あの作品のあのキャラクターに似ている…という既視感を感じながらも『エエ話や〜』『面白かった』と観劇後は心温まる可愛らしい作品でした。 前田更紗さん@フォルトゥナータが飛ぶシーンの演出は当然宙乗りかと思っていたら…そうか!全国公演仕様の必要があったか! ひな鳥期間の体勢は辛そうだった〜。 厂原時也さん@ゾルバ、人望?猫望?

終演後のキャスト出口お見送りは健在だったけど、四季のミュージカル化に合わせて原作本が改版として出版されているようなので、読んでみようと思う。


キャスト
ゾルバ:厂原時也/フォルトゥナータ:前田更紗/大佐:志村 要/秘書:三宅克典/博士:青木 朗/ブブリーナ:宮澤聖礼/マチアス:町田兼一
劇場
福岡市民会館
日時
2019.12.7(土曜日)/13:00〜
タイトルとURLをコピーしました