博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

『銀河鉄道999』さよならメーテル~僕の永遠【明治座】

銀河鉄道999 劇場版公開40周年記念作品 舞台『銀河鉄道999』の第二弾。 今作は松本零士先生誕生の地、北九州公演はナイため(『ライブin北九州2019』が開催)、私、初の明治座遠征! 浅野温子さんのプロメシュームに期待していたけど、体調不良で残念ながら降板。 代役で松下由樹さん
4月11日にお披露目されたばかりのteamLab作の“明治座創業145周年記念企画・新緞帳【四季喜昇座-時を紡ぐ緞帳】”が見れる事も、すっごく楽しみにしていたけど…、今公演は開幕前から緞帳が上がってて、幕間〜終演まで緞帳が一度も降りることはなく、見れずに涙。 見たかった! 見たかった! 見たかった〜!! だって次、いつ明治座観劇の機会があるのよっ! 見たかった〜!!

今回の観劇を経て「あ!これはミュージカルではなく“音楽劇”なんだな」と。 どの曲を聴いても難しくて、一緒に口ずさめるような耳に心地良いメロディーが皆無。 唯一は映画でも唄われていたリューズの曲くらい。 ほぼ一緒に口ずさめる自分にもビックリしたけど、改めて聴くと『めっちゃ演歌っぽい!』 う〜ん、第二弾にしても曲が難解過ぎるよ…(なのでライブin北九州はパス)

今回の照明デザインは良かった! 少ないセットの中で、照明デザインで様々な空間を造り出して、あの機械化帝国まで表現。 プロの仕事って凄いなぁ〜と感嘆!

前作から変わったキャストは前山剛久さん@機械伯爵/ハミル木下晴香さん(伊波杏樹さんとW)@メーテル。 ハミルは舞台オリジナルのキャラクターだけど、 その役所がよく解らなかったのは…私だけ? メーテルは前回よりはお芝居と声のトーンが良く、メーテルの背負わされた辛い使命みたいなものが感じられた…けど、やっぱりこのお芝居におていは脇役っぽい扱いなのは不満だなぁ〜。 

で…総括な感想としては「よく、第二弾まで舞台化出来たなぁ…」と。 興行的にはどうなんだろうか?

終演後【ヤング・アフタートークショー】開催。 木下晴香さん、前山剛久さん、美山加恋さんが登壇で、途中からお宮の松さんも。 とにかく衝撃的だったのは皆さん「出演が決まってから999を観た」って事! 999ファンとしては心底驚いたけど“劇場版公開40周年記念作品”だもの、観客も含めて生まれてナイも多いよね、うん…。 かなりショックだった。

キャスト
星野鉄郎:中川晃教/クイーン・エメラルダス:凰稀かなめ/機械伯爵・ハミル:前山剛久/メーテル:木下晴香/クレア:美山加恋/車掌:お宮の松/プロメシューム:松下由樹/キャプテン・ハーロック:平方元基
劇場
明治座
日時
2019.4.21(日曜日)/17:00〜

関連記事

その他観劇おぼえ書き

トーテム【福岡ビッグトップ】

筥崎宮外苑に特設のテントにて、2月3日〜3月19日全64公演【ダイハツ トーテム 福岡公演】が開催。

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

二十一世紀歌舞伎組・歌舞伎ゼミナール【エルガーラホール】

構成は一部と二部に分かれ、一部では笑三郎さん、笑也さん、猿弥さんが中心となって映像や実演に対しての解

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

遊園地3兄弟の大冒険【西鉄ホール】

久々のギンギラ太陽's観劇です♪ 久々すぎて開演前の撮影大会の存在をすっかり忘れてまして、不覚にもデ

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

ファインディグ・ニモ【マリンメッセ福岡】

子供の時に行って以来の…ディズニー・オン・アイス。 だって今年の演目は【ファインディング・ニモ】な

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

四国こんぴら歌舞伎大芝居・昼の部【金丸座】

義賢最期 私、気のせいか…愛之助さん@木曽先生義賢は皆勤賞観劇のような? 別にファンでもナイのに何

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

2007・松井誠奮闘公演【福岡市民会館】

初・マコ様…でした。 女形の美しさから【生きる博多人形】と称され、ショーでは自身が博多人形となり人

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

坂東玉三郎・特別公演【メルパルクホール福岡】

玉三郎さんの舞踏公演を観るのは…何年ぶりだろう? 多分、玉三郎さんが福岡に来られるのもかなり久し振り

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

アラビアン ナイト【スペース・ゼロ】

お誘いをいただきまして、私“初・文学座”。 …と言っても、今回は『子供も楽しめる大人の芝居』をコン

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

キュリオス【福岡ビッグトップ】

ダイハツ・キュリオス福岡公演は今年も筥崎宮外苑にて。 創設30周年記念作品という事だったので、いつ

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

松平健特別公演【福岡市民会館】

会場は“マツケンサンバ”の一時的なブームも過ぎ去り、本来の客層と入り…に戻ってました。 ブームとは、

記事を読む

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • ローマの休日(1〜12日)

    ●昼の部/12:00〜14:55
    ●夜の部/17:00〜19:55

    両国花錦闘士(17〜28日)

    ●昼の部/12:30〜15:30
    ●夜の部/17:30〜20:30

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑