博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

『銀河鉄道999』さよならメーテル~僕の永遠【明治座】

銀河鉄道999 劇場版公開40周年記念作品 舞台『銀河鉄道999』の第二弾。 今作は松本零士先生誕生の地、北九州公演はナイため(『ライブin北九州2019』が開催)、私、初の明治座遠征! 浅野温子さんのプロメシュームに期待していたけど、体調不良で残念ながら降板。 代役で松下由樹さん
4月11日にお披露目されたばかりのteamLab作の“明治座創業145周年記念企画・新緞帳【四季喜昇座-時を紡ぐ緞帳】”が見れる事も、すっごく楽しみにしていたけど…、今公演は開幕前から緞帳が上がってて、幕間〜終演まで緞帳が一度も降りることはなく、見れずに涙。 見たかった! 見たかった! 見たかった〜!! だって次、いつ明治座観劇の機会があるのよっ! 見たかった〜!!

今回の観劇を経て「あ!これはミュージカルではなく“音楽劇”なんだな」と。 どの曲を聴いても難しくて、一緒に口ずさめるような耳に心地良いメロディーが皆無。 唯一は映画でも唄われていたリューズの曲くらい。 ほぼ一緒に口ずさめる自分にもビックリしたけど、改めて聴くと『めっちゃ演歌っぽい!』 う〜ん、第二弾にしても曲が難解過ぎるよ…(なのでライブin北九州はパス)

今回の照明デザインは良かった! 少ないセットの中で、照明デザインで様々な空間を造り出して、あの機械化帝国まで表現。 プロの仕事って凄いなぁ〜と感嘆!

前作から変わったキャストは前山剛久さん@機械伯爵/ハミル木下晴香さん(伊波杏樹さんとW)@メーテル。 ハミルは舞台オリジナルのキャラクターだけど、 その役所がよく解らなかったのは…私だけ? メーテルは前回よりはお芝居と声のトーンが良く、メーテルの背負わされた辛い使命みたいなものが感じられた…けど、やっぱりこのお芝居におていは脇役っぽい扱いなのは不満だなぁ〜。 

で…総括な感想としては「よく、第二弾まで舞台化出来たなぁ…」と。 興行的にはどうなんだろうか?

終演後【ヤング・アフタートークショー】開催。 木下晴香さん、前山剛久さん、美山加恋さんが登壇で、途中からお宮の松さんも。 とにかく衝撃的だったのは皆さん「出演が決まってから999を観た」って事! 999ファンとしては心底驚いたけど“劇場版公開40周年記念作品”だもの、観客も含めて生まれてナイも多いよね、うん…。 かなりショックだった。

キャスト
星野鉄郎:中川晃教/クイーン・エメラルダス:凰稀かなめ/機械伯爵・ハミル:前山剛久/メーテル:木下晴香/クレア:美山加恋/車掌:お宮の松/プロメシューム:松下由樹/キャプテン・ハーロック:平方元基
劇場
明治座
日時
2019.4.21(日曜日)/17:00〜

関連記事

その他観劇おぼえ書き

坂東玉三郎・特別公演【メルパルクホール福岡】

玉三郎さんの舞踏公演を観るのは…何年ぶりだろう? 多分、玉三郎さんが福岡に来られるのもかなり久し振り

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

平成中村座歌舞伎公演・夜の部【平成中村座】

今回は1泊2日の遠征で、観劇予定を2日に分けていたけれど…チケットが取れず、昼&夜の通し。 夜はさす

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

アラビアン ナイト【スペース・ゼロ】

お誘いをいただきまして、私“初・文学座”。 …と言っても、今回は『子供も楽しめる大人の芝居』をコン

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

イッセー尾形のとまらない生活 2007 秋の新ネタ in 博多 【IMSホール】

公演会場のホールがあるIMSのフリーペーパー【ims crip】11月号に掲載されていたイッセーさん

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

八千代座こけら落とし公演【八千代座】

熊本県山鹿(やまが)市にあり江戸時代の面影を残す、国指定重要文化財の芝居小屋【八千代座】。 平成8

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

全国座長大会【嘉穂劇場】

「いつかは行ってみたい!」と思い続けて…この度、やっと初めて嘉穂劇場の【全国座長大会】に行ってき

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

文楽いろはレクチャー【アクロス福岡円形ホール】

昨年末は恒例化していた【博多座文楽公演】は、年明けの某ミュージカル3ヶ月ロングラン公演の仕込みの為に

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

舞台「黒子のバスケ」 ULTIMATE BLAZE【福岡市民会館】

舞台「黒子のバスケは」2016年春から始まって、今作がラストの4作目!!(【1】2016年春=THE

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

愛、時をこえて 関ヶ原異聞【THEATER1010】

私、段治郎ファンです。 コレは結構長いです。 そして貴城けいさんファンです。 これは彼女がトップお披

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

赤坂大歌舞伎【赤坂ACTシアター】

まさかこんなに早いスパンで再びこの劇場で観劇するとは思いませんでした。 今公演が発表になった当初「

記事を読む

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 今月の公演は中止

    ●昼の部/-
    ●夜の部/-

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑