博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

ポーの一族【ライブビューイング】

特にヅカファンでもなく、萩尾望都さんの原作さえ読んだ事がナイのに、ポスターの明日海りおさん@エドガーのあまりにも非人間的な美しさと、小池修一郎さんの脚本・演出と聞いて猛烈に観劇欲を掻き立てられLV参戦。 小池さんにとって、今作の舞台化は30年越しの夢の実現だそうですね。

“ミュージカル・ゴシック”という冠が付くのは…どういう意味? ここ数年、ヅカ公演から遠ざかっていたので、ご出演のジェンヌさんを全く知らないのですが、私がわりと観ていた数年前と比べて、皆さん全員が素晴らしく歌が上手くてビックリ! あら〜、な人が一人もいない!! 特に主演の明日海さんは、歌詞もクリアでセリフとして聴き取りやすい。 ヅカ知識が浅いながらも“花組=ダンス”というイメージだったので、とにかく歌の上手さと丁寧な芝居にいたく感動。 そしてちょっと前に【はいからさんが通る】の公演ポスターを目にしていて『これぞリアル少尉の決定版じゃん!』と、麗しいヴィジュアルに感嘆していたその人が今作ご出演の花組二番手男役・柚香光さんであった事を知った次第(ヅカファンの皆さん、この程度の知識ですみませんね…)

まず、この【ポーの一族】という作品が名作といわれ、長い間愛されている作品な訳が今更ながらよく解り、鑑賞後「これは原作を追わなければ!」と思わされるほど、作品の世界観に引き込まれる! 小池さんが宝塚での舞台化を熱望するのが納得の作品だな、と。 “お耽美”な感じがヅカにピッタリ☆

明日海りおさん@エドガー・ポーツネルは少年の姿のまま永遠の時を生きる運命を背負わされた吸血鬼エドガーの苦悩が色濃く漂い、その悩みや悲しみがエドガーの表情に素晴らしく出ていて、これはLVならより細かな表情が楽しめる部分だったかと! また柚香光さん@アラン・トワイライト危うさ(バンパネラに迎えられてしまう)、儚さは「エドガーに近寄っちゃイケない!」「彼から逃げて!逃げて!」と思いながら息を詰めて見守り、結果エドガーに惹きつけられてしまう様に「うん…そうなっちゃうよね…」と納得のアラン。 とにかく『2次元か?!』と思うほどの本当に美しい2人に眼福☆(舞台上でカラコンって目が痛そう〜)
仙名彩世さん@シーラ・ポーツネル男爵夫人は、愛する人と添うためにバンパネラとして生きる事になんの迷いもなく、その言動も盲目的でちょっと怖い感じがよく表現されて、特に賛美歌のように美しい歌声は『夫(=バンパネラの信者)』的な感じで、耳に心地良いんだけど、心は冷えるような…。 とにかく主演お三方は本当に歌が上手くて、今作にググッと入り込んで楽しめた大きな要因でした!

舞台美術や演出的なものは、ストーリーを追うのに精一杯で、感想を述べるに至らず!
今作、今後宝塚の看板演目として何度も繰り返し上演される人気作となるのでは?と思えた観劇でした。

キャスト
エドガー・ポーツネル:明日海りお/アラン・トワイライト:柚香光/シーラ・ポーツネル男爵夫人:仙名彩世/メリーベル:華優希
劇場
TOHOシネマズ天神・ソラリア館(東京宝塚劇場のLV)
日時
2018.3.25(月曜日)/15:30~

関連記事

ライブビューイングおぼえ書き

舞台『黒子のバスケ』THE ENCOUNTER【サンシャイン劇場】

バスケは全く興味ナイんだけど、何故だか【黒子のバスケ】、すっごく好きなんです。  キッカケは「黒子っ

記事を読む

ライブビューイングおぼえ書き

髑髏城の七人 Season鳥【ライブビューイング】

Tジョイ博多にて夜の部を鑑賞。 あいにくこの日は天候が悪く、開演前には『天候の都合で映像に乱れが生

記事を読む

ライブビューイングおぼえ書き

舞台 「黒子のバスケ」 IGNITE-ZONE【ライブビューイング】

まさか第三弾があろうとは!…という驚きを持って、地元映画館でのLV参戦でしたが、終演時「第4弾上演決

記事を読む

ライブビューイングおぼえ書き

舞台「黒子のバスケ」OVER-DRIVE【ライブビューイング】

舞台「黒子のバスケ」待望の第2弾が、東京+大阪で上演!! 本日は大阪公演での大千穐楽のライブビューイ

記事を読む

    • 2018 (8)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 1789-バスティーユの恋人たち-(2018.7.3〜30)
    ●昼の部
      【平日】13:00〜16:00
      【土日祝】12:00〜15:00
    ●夜の部
      【平日】18:00〜21:00 
      【土日祝】17:00〜20:00

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑