博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

修羅天魔~髑髏城の七人 Season極【IHIステージアラウンド東京】

【髑髏城の七人】でありながら捨之介も蘭兵衛も出てこない完全新作『修羅天魔(シュラテンマ)』。 天海さん演じる織田信長に愛された雑賀衆のスナイパーで今は遊女の極楽太夫、古田さん演じる天魔王の二人の愛憎劇で、これまでの『髑髏城の七人』の中で最も“織田信長”像が引き立つ物語が描かれる…との事で“花”以来、一年振りに遠征観劇。 IHIステージアラウンド東京で上演する『髑髏城の七人』シリーズ最後の作品“Season極”!

天海祐希さん×古田新太さんの新感線での共演は【薔薇とサムライ】以来でしょうか?(7年振りくらい?そんなに経ってるの?!) 「古田センパイが出ていないとヤダ」と天海さんからラブコールを受けた古田新太さんが「愛している人の頼みは断れない」と共演となったそう。 “Season最後に天海×古田”で、期待が膨らみ過ぎたせいか?新作のキャラ設定を飲み込むのに時間がかかったせいか?今ひとつ『髑髏城全てを見届けた!』という爽快感に欠けるものが自分的にはあって…なんだか…う〜ん。 舞台美術や手法にしても改めて特筆すべき印象はないものの、花以外はLV参戦になっていたので『やっぱり舞台での観劇はいイイ!』と痛感。

キャストの感想を。
毎度、舞台に立つ天海祐希さん@極楽太夫を観て思うのは“舞台のセンターに立つ人べき人”だなぁ…と。 今回も少しの経過も感じることなく圧倒的なオーラと、ほぼかぶり付きというラッキーな席で観劇しても美しいヴィジュアルに感嘆! 思いの外、立ち廻りがモッサリしていた事と、太夫で綺麗なんだけど、艶っぽい色気は全く感じられなかった事は内緒。
古田新太さん@天魔王は…シーズン全てを通してみても、ビックリな事に一番印象が薄い天魔王だった。
対して、シリーズ通して一番印象的な兵庫だったのは福士誠治さん@兵庫。 一番、男気溢れるカッコイイ兵庫で、新感線は初参加との事ですが、今後の客演も期待してしまうほどの好演! 福士さん、ワンピース歌舞伎もだけど、舞台への客演増えてる印象♪
そして新キャラ、竜星涼さん@夢三郎。 男だけど太夫と呼ばれる役で、たおやかさと力強い立ち廻りの緩急は惹きつけられた。 表情での感情表現が豊かだったので、映像作品でも注目したい役者さん発見!という感じ(キュリュウジャー出身の方なんですね)
三宅弘城さん@カンテツは贋鉄斎の弟子というキャラ設定だそうで、師匠よりはもう少しとっつきやすい?感じ。 50才を過ぎてもなお、身体能力の高さを見せつける立ち廻りに拍手!

さて【メタルマクベス】、どうなりますか♪
disc1は濱田めぐみさん×橋下さとしさん、と私的には最高に嬉しい共演なのに遠征出来ないので、LV参戦待機です!

キャスト
極楽太夫:天海祐希/天魔王:古田新太/夢三郎:竜星涼/沙霧:清水くるみ/兵庫:福士誠治/カンテツ:三宅弘城/狸穴二郎衛門:山本亨/ぜん蔵:梶原善
劇場
IHIステージアラウンド東京
日時
2017.4.12(水曜日)/18:30〜

関連記事

その他観劇おぼえ書き

橘菊太郎劇団・昼の部【博多新劇座】

私が大衆演劇観劇デビューしたのは2007年夏。 その時の劇団がこの【橘菊太郎劇団】で、それ以来のこの

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

平成中村座歌舞伎公演・昼の部【平成中村座】

昨年の大阪・扇公園での平成中村座の感動を期待して、二度目の平成中村座、行って参りました! 今年は歌舞

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

愛、時をこえて 関ヶ原異聞【THEATER1010】

私、段治郎ファンです。 コレは結構長いです。 そして貴城けいさんファンです。 これは彼女がトップお披

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

橘劇団・昼の部【博多新劇座】

この劇団公演以来の1年振りの博多座新劇座です。 連休中日という事でそれなりの賑わいは覚悟していまし

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

文楽いろはレクチャー【アクロス福岡円形ホール】

昨年末は恒例化していた【博多座文楽公演】は、年明けの某ミュージカル3ヶ月ロングラン公演の仕込みの為に

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

薔薇とサムライ【赤坂ACTシアター】

劇団☆新感線30周年興行の第一弾! 新感線RX【薔薇とサムライ~GoemonRock OverDri

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

愛と青春の宝塚【福岡サンパレス】

2002年にフジテレビ系列にて2夜連続放映され、好評だったドラマの完全舞台化(私は末見)。 それをか

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

KAWAII KABUKI~ハローキティ一座の桃太郎~【サンリオピューロランド】

松竹が全面監修のもと…脚本・演出は横内謙介さん、笑三郎さんの歌舞伎演技指導、巳之助さんが映像出演、獅

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

文楽を知る・愉しむ【イムズホール】

毎年末、博多座では恒例となりつつあった文楽公演ですが、今年は年明けのあのミュージカルの仕込みのせいで

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

赤坂大歌舞伎【赤坂ACTシアター】

まさかこんなに早いスパンで再びこの劇場で観劇するとは思いませんでした。 今公演が発表になった当初「

記事を読む

    • 2018 (8)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 1789-バスティーユの恋人たち-(2018.7.3〜30)
    ●昼の部
      【平日】13:00〜16:00
      【土日祝】12:00〜15:00
    ●夜の部
      【平日】18:00〜21:00 
      【土日祝】17:00〜20:00

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑