博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

幽玄【博多座】

坂東玉三郎×鼓童『アマテラス(2006年)』に続く待望の共演第二弾! 前作が面白かったので今回も足を運びました。 玉三郎さんの博多座お目見えは2013年以来の事(しかし…大歌舞伎で来てくれる事はナイのだろうか?)

世阿弥が見た世界を【羽衣】【道成寺】【石橋】など能の代表演目を題材にして表現することに挑戦!との事で、今回も“圧倒的玉さんワールド”。

一幕目は【羽衣】。 これが…あまりにも、あまりにも“静”と“闇”の世界で、鼓童は20人以上が太鼓を奏でているというのに“静寂”という感じで【お能】っぽい(イメージ、イメージ!) 鼓童の演奏ってダイナミックに動くイメージだったので、座ったままひたすら『コトコトコトコト…』と奏でる音色と、まさかの“謡(うたい)”もあり、不思議な空間に誘われる印象。 舞台もほぼ闇に覆われていたので、え〜っと睡魔が…。玉三郎さん@天女花柳壽輔さん@白龍に、ワキツレが登場して「船、波、風などを表現」、との事。 ちょっと私には難解な世界だった。

二幕目は【道成寺】+【石橋】。こちらは歌舞伎で馴染みがあったので、様式の違いを楽しめた。 “蛇舞”は長崎くんちの“蛇踊り”を彷彿とさせる迫力で引き込まれ、玉三郎さん@清姫の霊を鎮めようと畳み掛け、押さえ込むような太鼓の音に「頑張れ!頑張れ!」と応援してしまう感じ。 霊が収まると、玉三郎さん@獅子の精が出て皆で祝う…という筋立てで「玉さんの毛振りが観れるとは!」という思わぬ特典付き、に歓喜♪ ご自身、舞台で披露される機会は少ないと思うのですが「体幹がしっかりしてるんだろうなぁ…」と感嘆させられるブレのなさ。

今作を観て総評。 私にはかなり難しく、観劇に忍耐を要した…以上。

関連記事

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・昼の部【博多座】

今年で4回目となる“博多座文楽公演”。 公演期間も3日間となって2回目で『年末の博多座は文楽公演』で

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・夜の部【博多座】

もはや毎年年末恒例となった【博多座文楽公演】。 今年も行って参りました♪ 今回、大夫と三味線が演じ

記事を読む

博多座おぼえ書き

マリー・アントワネット【博多座】

2006年の初演時『東宝製作の新作ミュージカルをミヒャエル・クンツェ×シルヴェスター・リーヴァイで!

記事を読む

博多座おぼえ書き

新・三国志III ~完結篇~【博多座】

新橋演舞場の次が博多座とは~!! シリーズ完結篇という事で3、4月に新橋演舞場で上演。 例年だと博多

記事を読む

博多座おぼえ書き

北島三郎特別公演【博多座】 

最近、何故かチケットを間違った日程で確保する事が多く…自分で自分がちょっと心配な私。 今日も何故だか

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(橋本×禅)=2回目その1【博多座】

禅ジャベール千穐楽の前にど~してももう一度観ておきたくて、しかも観れる日程が本日マチネしかなく、しか

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・昼の部【博多座】

公演3日目。 この後の夜の部で早くも千穐楽となった博多座文楽公演。 今回のトータルの入りは…どうだっ

記事を読む

博多座おぼえ書き

屋根の上のヴァイオリン弾き・千穐楽【博多座】

2006年の博多座公演の幕開け【屋根の上のヴァイオリン弾き】が本日千穐楽を迎えました。 昨年の11

記事を読む

博多座おぼえ書き

桂春団治【博多座】

観劇前にたまたまTVで映画が2本放映されたので、予習の為に?鑑賞してから博多座へ~♪ 【世にも面白

記事を読む

博多座おぼえ書き

宝塚歌劇宙組公演【博多座】

博多座公演って…“トップお披露目公演”って事、多くないですか? 私が観ただけでも、春野寿美礼さん、貴

記事を読む

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 5月公演中止

    ●昼の部/-
    ●夜の部/-

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑