博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

トーテム【福岡ビッグトップ】

筥崎宮外苑に特設のテントにて、2月3日〜3月19日全64公演【ダイハツ トーテム 福岡公演】が開催。 私がシルク・ドゥ・ソレイユの公演を観るのは 【キダム】【ドラリオン】【コルテオ】【クーザ】に続いて久々の観劇。 本日は真冬のような寒の戻りでめっちゃ寒かったけど、平日の昼公演というのに客席は大賑わい♪ 改めてシルク・ドゥ・ソレイユの人気振りを目の当たりにした!

今公演“トーテム”とはいわゆる「トーテムポール」の「トーテム」であり、種の起源・順序という意味。 進化する人類の可能性と、飛びたいという人類の永遠の夢を、表現している…そうです。キーヴィジュアルのカエル?が印象的で観劇前まで、どういうストーリーがさっぱり頭に入っていなかった…。 劇場テント入り口の看板前で、あの“カエルTポーズ”で撮影している人、多数☆

いつも通り、セットや衣装、メイクは独特の美しさで極まっていて、毎度のことながらその“芸術性”に感嘆! 脅威の人間業に驚愕! 人間の肉体の極限って…どこにあるんだろう? 今公演で特徴的だったのは前公演以上に多様されていた印象のあるプロジェクションマッピング。 臨場感満点で、よりその世界観に引き込まれた!

各々の演目、いずれも手に汗握って、上を見上げているとポカーンと口が開いてしまうのは毎度のことながら、今回特に印象に残ったのは【ローラー・スケート】。 直径1.8mの小さな台座の上を超高速で男女が回転する様はハラハラの連続! 二人とも結婚式をイメージしているようでストーリーがハッキリしてて、お互いを信頼して身を預けている様が演技はもちろん、信頼を交わす演出が素敵で、船に乗ってキスをしながらの退場まで、すごく魅入られてしまった! 「ステージ、広いんだからさぁ…何もそんな狭いところで回転しなくても〜」と思った事はナイショ。

本日は【フィックスト・トラピス・デュオ】【ハンド・バランシング】は観れずに残念! リピーターもすごく多いようで、フィナーレで花束を渡しているお客さんも多く全演目制覇している猛者も多そう。
さ! 次回のシルク・ドゥ・ソレイユはどんな驚きの世界を見せてくれるのか? 今から楽しみ〜♪…っと、まずは、トーテム日本ツアー、皆さんお怪我なく無事の成功をお祈りしてます!

第一幕
カラペース
フープ・ダンサー
リングス・トリオ
ユニサイクル・ウィズ・ボウル
クラウン・フィッシャーマン
クリスタル・レディー(フットジャグリング)
モンキー・ビジネス
エスカラード(チャイニーズ・ボール)
第二一幕
トレアドール(ディアボロ)
コントーション
サイエンティスト(マニピュレーション)
クラウン・ウォータースキー
フープ・ダンサー
ローラー・スケート
ロシアン・バー
フィナーレ
劇場
福岡ビッグトップ(筥崎宮外苑)
日時
2017.3.8(水曜日)/12:00~

関連記事

その他観劇おぼえ書き

東海道四谷怪談・南番【シアターコクーン】

 南番 1994年第1回コクーン歌舞伎で上演された『四谷怪談』が新たに串田演出によってよみがえる…

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

通し狂言《木下蔭真砂白浪》【南座】

翌月は同じメンバーでの演目が博多座で上演というのに…新作とあれば、我慢できずに遠征しちゃいました☆ 

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

東海道四谷怪談・北番【シアターコクーン】

実は…コクーン歌舞伎は、昨年の【桜姫】が初見で、勘三郎さんがご出演の…となると今回が初めての観劇。

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

松竹大歌舞伎(巡業・西コース)【宗像ユリックス】

十代目坂東三津五郎襲名披露。 「“襲名”とはこんなにも大変な事なんだ…」と素人ながらに、2年間もかか

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

決闘!高田馬場【PARCO劇場】

開幕前から『三谷幸喜が初めて歌舞伎をてがける!』という事で大変な話題となっていた今公演は、チケット販

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

染模様恩愛御書【日生劇場】

日生劇場で歌舞伎公演を観るのは私、初めてです。 ちゃんと花道もあって、しかも三階席からでも七三どころ

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

イッセー尾形のとまらない生活 2006 秋の新ネタ in 博多 【IMSホール】

“デビュー25周年記念”という事で、今回は新旧ネタを取り混ぜた豪華バージョン! このIMSホールで

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

文楽いろはレクチャー【アクロス福岡】

【2007福岡舞台芸術シリーズ・日本の古典芸能鑑賞講座】のひとつとして、この“文楽いろはレクチャー”

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

夏祭浪花鑑【大阪平成中村座】

「大阪でやるんだったら絶対この芝居を!」と勘九郎さんが熱望しての上演となったそうで、その意気込みはド

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

赤坂大歌舞伎【赤坂ACTシアター】

まさかこんなに早いスパンで再びこの劇場で観劇するとは思いませんでした。 今公演が発表になった当初「

記事を読む

    • 2018 (8)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 博多座コンドルズ公演『FLY AGAIN』ほか(2018.8.2〜30)
    ●昼の部
    公演によって異なります
    ●夜の部
    公演によって異なります

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑