博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

貴婦人の訪問-THE VISIT-【キャナルシティ劇場】

2015年夏『日本ミュージカル界を支える豪華キャストが集結!』という触れ込みでの日本初演が、早くも再演!で、私、この度初見。 主役級の役者さんズラ〜リの中、瀬奈じゅんさん@マチルデ(アルフレッドの妻)のみ初参加とのこと(初演は春野寿美礼さん) 総括は「今まで観た涼風さんの中で一番良かった!観入った!」という感想。

ウィーンミュージカルらしく?なかなか暗くて重いストーリ展開に、不安な気持ちでどんよりと引きづられる感じの作品。 それに伴って、舞台美術も終始暗〜くて無彩色な印象。 ストーリーが衝撃的なだけに、観劇後も頭の中に残ってグルグル〜という曲はなかったかな(その時、その時印象的なメロディはあるんだけど) もう一度観るか?と問われれば…う〜ん。 心に余力がある時ならばアリかな。 集団心理に突き動かされる人間の怖さ、というところはディズニーミュージカルっぽい?

山口祐一郎さん@アルフレッド。 山口さんが“普通の人間”を演じているのは…記憶にナイくらい久し振りに拝見。 うん、山口祐一郎だった。 唄う時は普通の人間でもやっぱりアノお手振り付きだった。 なんだろう?元来声が高いうえ、感情が高ぶる表現で手をバタバタと上に振ったりグルグル回したりするのが、なんだか昔のアメリカのテレビドラマ的な(笑い声が入るアレ)感じを受けて、シリアスな作品なのに“何故か一人だけコメディ”の印象。 歌は間違いなく上手い方なのに、何故だか聴いていて心地良く感じるものが皆無だったのも残念。 しかしいろいろと流されて逃げてばかりいる不器用なクズ男キャラはバッチリ☆

涼風真世さん@クレア。 これは素晴らしくハマリ役! 涼風さんファンの方は「待ってました!こんな役!」じゃないかな? 文句なく凛とした氷のような冷たい美しさで、次々と衣装替えがあり眼福。 衣装はホントにどれも素敵でとってもお似合い! お芝居もすごく丁寧で、役に乗っ取られてるんじゃ?と思ってしまうほどの気迫と孤独を感じた。 故にねぇ〜、山口さんとの温度差がねえ〜、なんともチグハグに感じて残念。 コミカル×シリアスって感じ。

瀬奈じゅんさん@マチルデは「瀬奈さんだったっけ?」ってなくらいのイイ意味で“普通の田舎のおばちゃん”。 暗い作品の中で唯一救いのある明るさを持ち合わせている印象。
“歌ウマ〜おじさんカルテット”の、今井清隆さん@マティアス(市長)×石川禅さん@クラウス(校長)×今拓哉さん@ゲルハルト(警察署長)×中山昇さん@ヨハネス(牧師)はもっと歌を聴きたかったなぁ。

劇場
キャナルシティ劇場
日時
2016.12.10(金曜日)/16:00~

関連記事

ミュージカルおぼえ書き

レベッカ【久留米シティプラザ】

先月のジャージー・ボーイズに続いて久留米です。 シアタークリエでの初演、再演の帝国劇場、そして今回

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

紳士のための愛と殺人の手引き【キャナルシティ劇場】

2014年度のトニー賞ミュージカル作品賞など4冠を獲得したコメディ作品がこの度日本初上演! いや〜、

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

禅・ファイヤー・フランツ!(エリザベート)

石川禅さんのフランツは…いろんな意味で目が釘付けです☆ メイクや演技で、ものすご~く化ける役者さん

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

モーツァルト!(中川晃教)【帝国劇場】

2005年11月の博多座公演千穐楽以来の観劇。 考えると初演~再演~再々演と観続けてる作品って…私

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ジキル&ハイド【日生劇場】

2001年の日本初演時には、作品賞、男優賞(鹿賀丈史さん)、女優賞(マルシアさん)、演出家賞(山田和

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

モンテ・クリスト伯【キャナルシティ劇場】

気になるキャストがズラリ☆で、昨年末から日本初上演されて各地を巡業していた本作品に遠征する気、満々だ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

エリザベート(内野×鈴木×パク)【帝国劇場】

ミュージカルは好きでしたけど、ものすご~く好きな訳ではありませんでした。 が、それが“とっても好き”

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

フランケンシュタイン(中川×小西)【キャナルシティ劇場】

昨日に続いての観劇で、今ツアーにおいて中川×小西の組み合わせは本日が最後との事。 カーテーンコールで

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

TOMMY【日生劇場】

英国のロックバンド、ザ・フーのアルバム【TOMMY】はロックオペラというスタイルで1969年にアルバ

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ウーマン・イン・ホワイト【青山劇場】

2004年にロンドンで世界初演後、翌2005年にブロードウェイ、そして本年についに日本!となった作品

記事を読む

    • 2019 (8)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 市民檜舞台の月
    (2019.12.4〜)
    ●昼の部/公演により異なる
    ●夜の部/公演により異なる

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑