博多ざ・んまい 博多ざ・んまい 博多ざ・んまい

モンテ・クリスト伯【キャナルシティ劇場】

気になるキャストがズラリ☆で、昨年末から日本初上演されて各地を巡業していた本作品に遠征する気、満々だったのに大千穐楽が福岡って!ラッキー♪
久し振りに「ミュージカルの舞台を観た!」という大きな満足感を得られました。
モンテ・クリスト伯って、なんとなくの粗筋は知っているけど具体的には…なので、冒頭のスクリーン映写文字で舞台背景を説明する演出は助かった。 初見だったので物語とキャストを追うのに忙しかったせいか?耳にすごく残る曲、というのがなかったのは残念。 といってもライブCDが発売されますし、フランク・ワイルドホーンなので繰り返し耳にすれば…でしょう。 以下、キャストについてのみ。

石丸幹二さん @エドモン・ダンテス/モンテ・クリスト伯 どうやら“劇場+幹ちゃん”が多分に影響するようで「ん?ココ“異国の丘”に似てる」「ここは美女と野獣の“愛せぬならば”熱唱の図だ」とか度々、四季演目の演出に似ているところが目に付いてしまう〜。 でもって「囚人服を着ていても、汚れメイクをしていても“ハンサムはハンサム”(←あえてハンサムという表現)だなぁ…」と、感心(ファンではナイですが) 舞台上の天海祐希さんを観た時も思った「“主役を演じる為の人”って居るんだなぁ」としみじみ思った今舞台。
花總まりさん@メルセデス ヅカの舞台で一度観ただけだったので、こんなに歌が上手いとは!という驚きと、暫く第一線から退いていたのに娘役トップ時代と変らぬ容姿にこれまた驚き!(首からデコルテ、綺麗☆)ドレス捌きはさすが。
岡本健一さん@モンデゴ 舞台を初めて拝見しましたが、失礼ながらココまで唄えるとは思わず、歌ウマ〜なミュージカル常連キャストの中に居てもそこまで気にならず、洋風なお顔は作品に○
石川禅さん@ヴィルフォール 禅さんじゃなくても…な配役だったけど、劇画チックな振り幅が演技と表情が面白い。 ちょっとした短いフレーズを口ずさむだけなのに「歌ウマ〜」と思わされる技量。
坂元健児さん@ダングラール 悪者だけど10本全部に指輪をはめている様などに、ちょこちょこした小物ぶりが伺えてモンデゴといいコンビぶり。
岸祐二さん@ジャコポ せっかく岸さんなのに殆ど歌が聴けなかったし(林アキラさん@船主モレルも!)伯爵に付き従うようになってからは何故かしらカマっぽいキャラの不思議。
濱田めぐみさん@女海賊ルイザ 「絶対、濱田さんが観たい!」と確保した大千穐楽だったけど…とても似合っているけど、こちらも濱田さんじゃなくても…な配役かと。
村井國夫さん@ファリア神父 幹ちゃんと師匠という配役バランスは最高に良く、エドモンを導く光となる存在感が素晴らしい。 カーテンコールくらい綺麗な衣装で…と思ってしまった!

大千穐楽という事でカーテンコールはメインキャストから一言づつあり(岸さんと林さんも聞きたかった!)特に“元四季看板三人衆”の挨拶では、ここが福岡の四季専用劇場だった時に主役を張った作品を何度となく観た私にとっても大変感慨深いものが〜♪

坂元さんは「ココに立って“心配しないライオン”を何百回と演ってました」「地元九州で、そして劇団最後の舞台もこの劇場で…再びココに立てるとは!」とかなり興奮気味。 上手に引っ込んで、キャストのみなさんに♪ハクナ・マタ~タ ハクナ・マタ~タ♪と歌ってもらった後に大きなジャンプしながら登場で♪心配ないさぁ~~~~~っ♪ 久々の坂元ライオンと現役時代に全く劣らない声量と迫力に劇場大盛り上がり。 その挨拶を引き継いだ濱田さんは「その心配しないライオンの嫁を演っておりました」と。 彼女も九州出身なので同じような感想で、石丸さんもそんな二人の挨拶に大きくニコニコと激しく同意。
彼らが退団してから私もあまり四季の舞台を観なくなっていたので、なんだかとにかくとても懐かしく嬉しく楽しい舞台観劇となりました。 …って出来ることなら“純粋に作品を楽しむ為”にもう一回観たかったな、と思ったり。

劇場
キャナルシティ劇場
日時
2014.1.19(日曜日)/12:30〜

関連記事

ミュージカルおぼえ書き

紳士のための愛と殺人の手引き【キャナルシティ劇場】

2014年度のトニー賞ミュージカル作品賞など4冠を獲得したコメディ作品がこの度日本初上演! いや〜、

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ピーターパン【北九州芸術劇場】

これって“ブロードウェイミュージカル”なんですね…って事は会場に行って初めて知りました!(ホリプロの

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

レ・ミゼラブル 2000回達成記念SP【帝国劇場】

幸運にも観劇の機会を得る事が出来まして、遠征して参りました~☆ 私のお目当ては、昨年の【エリザベート

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

王家の紋章(キャスト感想)【帝国劇場】

作品の感想に続いて、キャストの感想を。 浦井健治さん@メンフィス 浦井さんの王子=シャルル王子

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

エリザベート(武田トート)【日生劇場】

帝国劇場が改装中との事で、今回は日生劇場での公演。 …という事で、袖舞台がナイ為の、舞台規模に合せた

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ウーマン・イン・ホワイト【青山劇場】

2004年にロンドンで世界初演後、翌2005年にブロードウェイ、そして本年についに日本!となった作品

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ファンタスティックス【キャナルシティ劇場】

思いがけず観劇の機会をいただいて、なんの予備知識も無しに劇場へ。 タイトルは耳にした事があったので

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

ラ★カージュ・オ・フォール【北九州芸術劇場】

今公演が発表された時から『9年振りの再演』『市村ザザ☆ファイナル!』に加えて、相手役のジョルジュが鹿

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

王家の紋章【帝国劇場】

昨年夏の初演から早くも再演。「再演では結構手が入るだろうなぁ…」と素人ながらに思ってはいたものの、「

記事を読む

ミュージカルおぼえ書き

トゥーランドット【赤坂ACTシアター】

思いがけず直前に観劇の機会を得まして、今月20日にグランドオープンしたばかりの【赤坂サカス】内にあり

記事を読む

    • 2017 (26)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 六月博多座大歌舞伎 (2017.6.2〜26)
    ●【昼の部】
       11:00〜15:30
    ●【夜の部】
       16:30〜20:35
  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑