博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

平成中村座歌舞伎公演・昼の部【平成中村座】

昨年の大阪・扇公園での平成中村座の感動を期待して、二度目の平成中村座、行って参りました! 今年は歌舞伎発祥四百年という記念の年、の上、江戸開府四百年。ということで今回は浅草一帯が テーマパークのようになっていて 平成中村座も境内の一角に建つという嬉しい趣向。 前公演ほど、役者衆が客席や小屋周辺にこしらえで出没する趣向やおふざけ(語弊が あったらご容赦、あえてそう言う)はなかったけど、やっぱり中村座の雰囲気はなん だかワクワクさせられる♪
翌日の千穐楽は小屋の裏手から岩藤浮遊の舞台裏を目撃!

加賀見山再岩藤

勘九郎さん望月弾正、鳥井又助、奥方梅の方、岩藤の亡霊…と四役を兼ねる。 加賀見山再岩藤って私自身は、猿之助さんのしか拝見した事がなかったので、串田さんの演出も含め、ことのほか楽しみに観劇。 会場に足を踏み入れると薄暗く、舞台や花道の上には動物の屍がゴロゴロと置いてあり、すでに不気味な雰囲気をかもし出していて、舞台が始まる前のワクワク感が いっそう高まった。 他の演出の中でもガラス…というか、鏡をつい立に使っての巧みな早替りの演出は面白かった。
見どころのひとつ桜満開の岩藤の亡霊の空中散歩【花の山の場】。 遠見のお子様も愛らしく下手から 上手へ…そして勘九郎さんが花道七三で振り返るとパッと華やぎ、自分の企てにウットリしながら自信満々の花道引っ込みの表情がすごく印象に残った。

浅野川々中船中の場では、舞台上設けられたプールでクロールを披露する勘九郎@又助さん。 大奮闘に客席は大喝采。 クロールって…あの時代、日本でもメジャーな泳法だった のね♪

多賀家奥殿草履打の場。 草履打ち、最大の侮辱行為だけに打つ方も、打たれる方も気迫のこもった真剣勝負の場なので、いつも気が付けば手を力いっぱい握り拳で観ているなぁ。

鳥井又助切腹の場今回の志賀市は清水大希くん。 全然知らなかったので、ビックリ嬉しい♪ 志賀市といえば琴を弾きながら歌うという難役。 それをあんなに小さかった大希くんが演じるだなんて~(親戚のおばちゃん状態)花道での苛められながらの出、もうそれだけでウルウルしてしまった。 志賀市の『妹背川』、案の定ボロボロ泣いてしまった。 公演パンフレットにも勘九 郎さんの大希くんに対するベタ褒めのコメントが載っていて、なんだか感動してしまった。
扇雀さん@花房求女。 私、今まで 今イチ扇雀さんの立役って馴染めなかったんだけど、今回、スコーンと私の中ではハマりました! 声、姿とも品良く美しかった。 今の今まで、七之助さん@おつゆと固めの杯を交わしたというのに、勘違いから態度 を豹変させるところは、「きちんと確かめろよなぁ…」と毎度の事ながら呆れながら 腹立たしい求女という男ぶりがよく出ていたと思う。
主人のために良かれと思ってした事が裏目に出てしまう哀しい男、又助。  勘九郎さんの四役の中でやはり一番ハマっていたと思う。ラストは舞台奥が開いて、クレーンに乗った岩藤の亡霊が客席上を浮遊。 まさに串田演出、という感じで あろうが「やっぱりね…」と「もっともっと」とソレ以上を望むものだなぁ…と演じる側にはちょっと残酷な気がした。

関連記事

その他観劇おぼえ書き

松平健特別公演【新宿コマ劇場】

【エーゲ海】の予定が…【大江戸八百八町】で歌い踊る! 【マンマ・ミーア】の前日予約にチャレンジする

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

鋼鉄番長【嘉穂劇場】

東京開幕後、客演の池田成志さんが怪我の為に休演(代役:河野まさとさん)で残念に思っていたら…主役の橋

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

松平健特別公演【福岡市民会館】

会場は“マツケンサンバ”の一時的なブームも過ぎ去り、本来の客層と入り…に戻ってました。 ブームとは、

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

二十一世紀歌舞伎組・歌舞伎ゼミナール【エルガーラホール】

構成は一部と二部に分かれ、一部では笑三郎さん、笑也さん、猿弥さんが中心となって映像や実演に対しての解

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

2007・松井誠奮闘公演【福岡市民会館】

初・マコ様…でした。 女形の美しさから【生きる博多人形】と称され、ショーでは自身が博多人形となり人

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

駒田一トークショー【大野城まどかぴあ】

来年2月にこの会場で上演されるミュージカル【サ・ビ・タ ~雨が運んだ愛~】に主演の駒田 一さんのトー

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

八千代座こけら落とし公演【八千代座】

熊本県山鹿(やまが)市にあり江戸時代の面影を残す、国指定重要文化財の芝居小屋【八千代座】。 平成8

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

歌語り 一休宗純物語【紀伊国屋サザンシアター】

思いがけず観劇の機会を得て、なんの予備知識もなく劇場へ。 【歌語り】とは…日本の歌を特徴づけている

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

さらば、わが愛~覇王別姫~【シアターコクーン】

自分が命を終える時『この人生で観た映画BEST10を挙げろ』と言われたら、必ずや上位ランクインするで

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

通し狂言《木下蔭真砂白浪》【南座】

翌月は同じメンバーでの演目が博多座で上演というのに…新作とあれば、我慢できずに遠征しちゃいました☆ 

記事を読む

    • 2022 (1)
    • 2021 (5)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • ガラスの動物園(6〜12日)

    ●昼の部/12:00〜14:35
    ●夜の部/17:00〜19:35

    SLAPSTICS(14〜16日)

    ●昼の部/12:00〜15:15
    ●夜の部/17:00〜20:15

    マイ・フェア・レディ(19〜28日)

    ●昼の部/12:00〜15:25
    ●夜の部/17:00〜20:25

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑