博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

平成中村座歌舞伎公演・昼の部【平成中村座】

昨年の大阪・扇公園での平成中村座の感動を期待して、二度目の平成中村座、行って参りました! 今年は歌舞伎発祥四百年という記念の年、の上、江戸開府四百年。ということで今回は浅草一帯が テーマパークのようになっていて 平成中村座も境内の一角に建つという嬉しい趣向。 前公演ほど、役者衆が客席や小屋周辺にこしらえで出没する趣向やおふざけ(語弊が あったらご容赦、あえてそう言う)はなかったけど、やっぱり中村座の雰囲気はなん だかワクワクさせられる♪
翌日の千穐楽は小屋の裏手から岩藤浮遊の舞台裏を目撃!

加賀見山再岩藤

勘九郎さん望月弾正、鳥井又助、奥方梅の方、岩藤の亡霊…と四役を兼ねる。 加賀見山再岩藤って私自身は、猿之助さんのしか拝見した事がなかったので、串田さんの演出も含め、ことのほか楽しみに観劇。 会場に足を踏み入れると薄暗く、舞台や花道の上には動物の屍がゴロゴロと置いてあり、すでに不気味な雰囲気をかもし出していて、舞台が始まる前のワクワク感が いっそう高まった。 他の演出の中でもガラス…というか、鏡をつい立に使っての巧みな早替りの演出は面白かった。
見どころのひとつ桜満開の岩藤の亡霊の空中散歩【花の山の場】。 遠見のお子様も愛らしく下手から 上手へ…そして勘九郎さんが花道七三で振り返るとパッと華やぎ、自分の企てにウットリしながら自信満々の花道引っ込みの表情がすごく印象に残った。

浅野川々中船中の場では、舞台上設けられたプールでクロールを披露する勘九郎@又助さん。 大奮闘に客席は大喝采。 クロールって…あの時代、日本でもメジャーな泳法だった のね♪

多賀家奥殿草履打の場。 草履打ち、最大の侮辱行為だけに打つ方も、打たれる方も気迫のこもった真剣勝負の場なので、いつも気が付けば手を力いっぱい握り拳で観ているなぁ。

鳥井又助切腹の場今回の志賀市は清水大希くん。 全然知らなかったので、ビックリ嬉しい♪ 志賀市といえば琴を弾きながら歌うという難役。 それをあんなに小さかった大希くんが演じるだなんて~(親戚のおばちゃん状態)花道での苛められながらの出、もうそれだけでウルウルしてしまった。 志賀市の『妹背川』、案の定ボロボロ泣いてしまった。 公演パンフレットにも勘九 郎さんの大希くんに対するベタ褒めのコメントが載っていて、なんだか感動してしまった。
扇雀さん@花房求女。 私、今まで 今イチ扇雀さんの立役って馴染めなかったんだけど、今回、スコーンと私の中ではハマりました! 声、姿とも品良く美しかった。 今の今まで、七之助さん@おつゆと固めの杯を交わしたというのに、勘違いから態度 を豹変させるところは、「きちんと確かめろよなぁ…」と毎度の事ながら呆れながら 腹立たしい求女という男ぶりがよく出ていたと思う。
主人のために良かれと思ってした事が裏目に出てしまう哀しい男、又助。  勘九郎さんの四役の中でやはり一番ハマっていたと思う。ラストは舞台奥が開いて、クレーンに乗った岩藤の亡霊が客席上を浮遊。 まさに串田演出、という感じで あろうが「やっぱりね…」と「もっともっと」とソレ以上を望むものだなぁ…と演じる側にはちょっと残酷な気がした。

関連記事

その他観劇おぼえ書き

おしまイムズ、吹き抜けよ永遠に!【IMSホール】

イムズの開館は1989年。 オープン当日は大学から帰路の寄り道でIMSに足を踏み入れた日は鮮明に覚

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

全国座長大会【嘉穂劇場】

「いつかは行ってみたい!」と思い続けて…この度、やっと初めて嘉穂劇場の【全国座長大会】に行ってき

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

二十一世紀歌舞伎組公演【宗像ユリックス】

フト気が付けば…博多座以外の観劇日記をUPする場所がなく、自分でココに投稿している次第の…おマヌケな

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

金閣寺【キャナルシティ劇場】

面白かった! すっごく面白かった! 私が今までみたストレートプレイの舞台の中で一番面白かった!! 観

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

拝啓 お父さんです。【ぽんプラザホール】

ひのあらたさん主催の演劇ユニット【アプローチシアター】のお芝居。 今回の作品は、原案は出演も兼ねる

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

修羅天魔~髑髏城の七人 Season極【IHIステージアラウンド東京】

【髑髏城の七人】でありながら捨之介も蘭兵衛も出てこない完全新作『修羅天魔(シュラテンマ)』。 天海さ

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

わが魂は輝く水なり-源平北越流誌-【シアターコクーン】

今月、歌舞伎座では團菊祭だというのに…音羽屋さんから菊之助さん&亀三郎さんがご出演とは本当に驚きまし

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

コルテオ【福岡千早・新ビッグトップ】

シルク・ドゥ・ソレイユの公演を観るのは2003年【キダム】、2008年【ドラリオン】に続いて3回目。

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

文楽を知る・愉しむ【イムズホール】

毎年末、博多座では恒例となりつつあった文楽公演ですが、今年は年明けのあのミュージカルの仕込みのせいで

記事を読む

その他観劇おぼえ書き

大ギンギラ博覧会2006「いつも心に太陽を!」【西鉄ホール】

ギンギラ太陽's は来年が10周年…という事で、今秋と来春に“10周年記念公演”を開催!というその秋

記事を読む

    • 2021 (4)
    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • ミュージカル『王家の紋章』(4〜26日)

    ●昼の部/12:00~15:00
    ●夜の部/17:00~20:00

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑