博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

三月大歌舞伎・昼夜【歌舞伎座】

「仁左衛門さんと玉三郎さんが【二人椀久】をする事があったら、絶対観に行く!」と長いコト待ち構えておりました! 「孝太郎さん@千鳥、今度あったら絶対観に行く!」これまた待ち構えておりました~!

昼の部

道元の月

立松和平さん書き下ろしの新作歌舞伎。 永平寺で修行を積む僧達の姿、そしてそれを見守る三津五郎さん@道元禅師の厳しく威厳のある凛とした姿に加え、山深く青々とした澄んだ空気、雪深く真っ白に洗われたような…清らかな空気感が感じられました。 とにかくセットが素晴らしかった! 橋之助さん@北条時頼は戦国の世にあって、心の平安を求めて苦しむ様を好演。 印象に残りました。

文屋

富十郎さんの舞踏は観ていて気持ちがイイ! 文屋康秀を取り囲む官女たちは、昨年12月にお三輪ちゃんを虐めていた役者陣再び!というメンバーで、そのコミカルさは健在!爆発! 大いに笑わせてもらいました。 個人的には錦弥さんの官女姿に衝撃を受けました~。

一本刀土俵入

時蔵さん@お蔦は初役との事でビックリ! 捨て鉢になって昼間から酒をあおりながらの“越中おわら節&三味線”にホロリ。 「横綱のたまごは泣きべそだねぇ…」のセリフがしんみり耳に残りました。 好きだったのは、利根の渡しの場での幸右衛門さん@老船頭芦燕さん@清大工の絶妙なコンビネーション! ほのぼのした会話のやり取りにニッコリ♪ 高麗蔵さん@若船頭の姿に衝撃! だって今まで綺麗なこしらえ姿しか拝見した事がなかったから…ね、私。

二人椀久

綺麗。 ただただ綺麗…。 玉三郎さん@松山太夫の出の立ち姿の美しい事といったら! 仁左衛門さん@椀屋久兵衛と二人が寄り添うたびに客席からは溜め息がもれ、満開の桜の艶やかな舞台に一転すると「うわぁ~っ♪」感嘆の声が上がりました! 久兵衛と一緒に夢を観ているような、それはそれは美しい舞台でした…。

夜の部

俊寛

幕が開いて、友右衛門さん@平判官康頼が千鳥を呼びに行こうとする前から、私、左後方(席=へ列中央)へ構えの体勢。 「待ってました!」の孝太郎さん@海女千鳥の“恥じらい引込み”。 「ぎゃ~っ! 可愛かぁ~♪」 それ以降、スイマセンけど…千鳥しか観てません! 純粋で、一生懸命で、情熱的な千鳥に「頑張れ!頑張れ!」って足をバタバタ、手はず~っとグーで観ていのたで、観劇後、グッタリでした。 もう…「千鳥は孝太郎さんでお願いします」
ラスト、去り行く船を見送る、幸四郎さん@俊寛僧都の静かな眼差しは、絶叫を繰り返すよりも…胸に突き刺さりました。

十六夜清心

“通し”では久々の上演との事。 「こんなに笑える面白いお話だったんだ…驚き!」というのが正直な感想です。 序幕での、川のセット(仕掛けの工夫)に感動! 勘太郎さん@恋塚求女が、仁左衛門さん@清心に殺され川に投げ込まれる場面では、舞台セリの中にドンと突き落とされて、浪後見?がササッと浪幕?を引いてセリの穴?を隠す…というのは初めて観たので、すっごく面白かった!
清心と玉三郎さん@十六夜(おさよ)の小悪党に落ちぶれる様は、その容姿やセリフ回しの変化が存分に楽しめました~! 大詰「また、こうして二人で仕事が出来るのも、ご見物衆のお陰だなぁ…」との、おさよの花道でのセリフに客席、大喝采!
あと気になったのは秀太郎さん@白連・女房お藤。 妾のおさよに嫉妬しながらも、涙もろくて情に熱くって、可愛い感じ♪ そして…いわゆる“おいしいところ”を大詰めでドカーンと持っていっちゃったのは…亀蔵さん@下男杢助(実は寺沢塔十郎)でした! 大爆笑! あ~、笑った、笑った~♪

関連記事

歌舞伎座おぼえ書き

仮名手本忠臣蔵・昼の部【歌舞伎座】

“赤穂義士討入三百年”という事でこの上ない豪華な顔合わせ! 兼ねてから「一度、順番通 りに大序~討入

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

幻想神空海(四月大歌舞伎)【歌舞伎座】

【四月大歌舞伎】夜の部、最後の演目を幕見。 遠征前に演目と配役を見て「幕見でイイかな…」 歌舞伎座が

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

御名残三月大歌舞伎・二部【歌舞伎座】

来月のさよなら公演がホントの最後ではありますが、私にとっては今回の遠征で現歌舞伎座が見納め。 人の多

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

團菊祭五月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

女暫 【十七世市村羽左衛門七回忌追善狂言】です。 羽左衛門さんは…博多座開業の翌年の仁左衛門さん

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

秀山祭九月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

初代吉右衛門さんの俳名の“秀山”からその名を取った【秀山祭】。 昨年の9月に続いて今年で二回目となり

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

團菊祭五月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

泥棒と若殿 山本周五郎の昭和24年(1949年)に書かれ、昭和40年に舞台化された作品。 歌舞伎座

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

二月歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

ぢいさんばあさん 森鴎外の短編小説を劇作家の宇野信夫氏が脚色した作品で、初演は昭和26年…という新

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

三月大歌舞伎・昼の部【歌舞伎座】

大石最後の一日 孝太郎さん@おみの。 待ちに待った登場に嬉々と していたら…見えない。 全く、見え

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

柿葺落五月大歌舞伎・第一部【歌舞伎座】

遠征日程を決めかねていたら…あれよあれよ言う間に残席がなくなってしまい、歌舞伎座開場の盛り上がりにビ

記事を読む

歌舞伎座おぼえ書き

三月大歌舞伎・夜の部【歌舞伎座】

近頃河原の達引 私、初めて拝見する演目です。 ですから、猿が糸操り人形だという事も全く知らなかっ

記事を読む

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 今月の公演は中止

    ●昼の部/-
    ●夜の部/-

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑