博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

二月花形歌舞伎・お染の七役【博多座】

筋書には“登場人物相関図”が入っていて、歌舞伎初観劇の同僚への説明に大助かり♪ コレは保存版ですな。
愛之助さんの鬼門の喜兵衛は福助さんからのご指名だったそうで、今公演が初役。 …という事でコレをお目当てに遠征の方も多かったようです♪

序幕・柳島妙見の場

この場だけで、お染→久松→竹川→小糸と早替りで一気に観客を引きつけた福助さん。 博多座の客席は素直すぎるほど、どよめく、どよめく~。 「はやっ!」「スゴっ!」…と思わず口をついて出る言葉があちこちで聞かれ、福助さんはさぞ気持ちイイだろうなぁ…と思って観ていました。
中でも一番似合うなぁ…と思ったのは芸者小糸。博多献上帯を粋に締めた、ちょっとハスっぱな感じ(失礼!)がイイ感じ。高麗蔵さん@油屋多三郎とのやり取りも一番生き生きしていたような~♪ 竹川の…足袋が最後まで気になってしかたがなかった私でした。 アノ足袋は“早替り仕様”なのかしら? 個人的には亀蔵さんのご出演に驚喜したものの、百姓久作だなんて…もったいない~と不満が残りました。橘太郎さん@番頭善六には満足。

序幕・橋本座敷の場

この場での早替りが一番大変なのでは?! 話の筋カットしても良さそうだけど、きっとお客さんの目を楽しませる場なんだろうな、と解釈。

序幕・小梅莨屋の場

土手のお六って…七役の中で出演時間が一番長いそうですね。主人公のお染ではなくって~。タバコ屋、繕い物屋、そしてゆすり屋?!といろいろな家業を営む生活の様がセットに色濃く表現されていて面白い。
愛之助さん@鬼門の喜兵衛は線は細いけれど、声にスゴ味があって◎でも私の笑うツボ「タニシの木の芽和えよぉ」というセリフは何故だか笑えず残念。亀寿さん@髪結の亀吉の手際や道具がとっても面白かった ~。毎回凝視してました!でも…亀寿さんは今公演コレだけのご出演。もったいなさすぎ!

二幕目・瓦町油屋の場

ふぐを食べて死んだと思っていた福太郎さん@丁稚久太の猛特訓?!した博多弁の聞きどころ。気のせいか初日が一番上手かったような~。 お灸を 据える橘太郎@番頭善六は♪燃焼系~ 燃焼系~ アミノ式♪ なんでだろう~ なんでだろう~ ♪ と自慢の喉をまたもや披露?!で笑いを取る。 ずっと後ろ向きで控えているお六@福助さんの肩が震えているのを見逃さなかったわ!

二幕目・瓦町油屋の座敷の場/土蔵の場

福助さん六役目の母・貞昌。ついたての陰でめまぐるしく かわるお染。袖の使い方などに感心していると…セットがガーッと上がって建物の1階部分が見える。 こういうセットの工夫が歌舞伎の大好きなところのひとつ!  どうみても喜兵衛の方が強そうだけど、久松がフニャフニャと立ち廻るのもキャラクターの違いが出ていて面白い。

大詰・向島道行の場

籠を使っての花道での早替わりに観客は動揺。ギリギリまで籠の中から客席に愛想を振りまくお染の演出にいつもながら感心。三階席から観ると手法はバレバレだけど、同じ目線で観てるとビックリだろうなぁ…。
でいきなり七つめのおなく お役・許嫁お光登場。 初めて観た人はイヤホンガイドがナイとこの人は一体何なのかは理解不可能だろう。 松緑さん@船頭長吉と亀治郎さん@女猿廻しお作の踊りは、微笑ましい。 ココでもやっぱり亀治郎さんの踊りに釘付け。

そして…待ってました!のお六の大立ち廻り。福助さんは家紋の首抜きで成駒屋と染められた着物で粋~。絡む船頭たちの手には“なりこまや”と書かれた番傘。舞台いっぱい広げられるととっても華やかでした。切口上で 「まず今日は…」でどうしても笑いが起こってしまう博多座でした~。

福助(油屋娘お染・丁稚久松・許嫁お光・芸者小糸・奥女中竹川・土手のお六・後家貞昌)
/愛之助(鬼門の喜兵衛)/亀蔵 (百姓久作)/亀三郎(山家屋清兵衛)/亀寿(髪結亀吉)/高麗蔵(油屋多三郎)/錦吾(鈴木弥忠太)/橘太郎(番頭善六)/松緑(船頭長吉)/亀治郎(女猿廻しお作)

関連記事

博多座おぼえ書き

三国一夜譚【博多座】

通し狂言【三国一夜譚】は3年前の平成14年9月、大阪松竹座で初演された新作歌舞伎。染五郎さんが題材を

記事を読む

博多座おぼえ書き

風と共に去りぬ【博多座】

1987年からスカーレットを舞台で演じている大地真央さん。 2001年にミュージカル版なってからも引

記事を読む

博多座おぼえ書き

エリザベート(キャスト感想-1/2)【博多座】

私、2010年の城田優さん@トートがデビューした帝劇公演は、ギリギリまで遠征スケジュール調整に足掻い

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・夜の部【博多座】

もはや毎年年末恒例となった【博多座文楽公演】。 今年も行って参りました♪ 今回、大夫と三味線が演じ

記事を読む

船乗り込み

平成22年・博多座船乗り込み

昨年は悪天候(強風?)で中止となり記念式典のみでしたが、今年は2年分のお天気を取り返すような(←日本

記事を読む

博多座おぼえ書き

おもろい女【博多座】

過去に代表作【放浪記】で二回の博多座公演をされた森光子さんが、今回はそれと並ぶ代表作【おもろい女】で

記事を読む

博多座おぼえ書き

キレイ〜神様と待ち合わせした女〜【博多座】

2000年、2005年、2014年に続いて4度目の再演だそうですが、松尾スズキさんの作・演出の舞台

記事を読む

博多座おぼえ書き

魔界転生【博多座】

私は映画も含めて【舞台・真田十勇士】を観ていないので、今作品が【マキノノゾミ脚本×堤幸彦演出】という

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座【2000年公演】観劇記録

博多座での歌舞伎公演に関しては開場当初から、観劇記録を自分のサーバ内に残していたものの、その他の公演

記事を読む

博多座おぼえ書き

ブラッド・ブラザーズ【博多座】

4月1~18日は【三婆】、4月22~28日【ブラッド・ブラザーズ】が計11公演という博多座では初の試

記事を読む

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 蜜蜂と遠雷(1〜3日)

    ●昼の部/12:00~14:50
    ●夜の部/17:00~19:50

    Après Toi(15・16日)

    ●昼の部/12:00~14:10
    ●夜の部/16:30~18:40

    VOICARION(22・23日)

    ●昼の部/
     22日=13:30~16:20
     23日=11:00~13:50
    ●夜の部/18:30~21:20

    北島三郎(28〜30日)

    ●開演/14:00~

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑