博多ざ・んまい博多ざ・んまい博多ざ・んまい

新・三国志II【博多座】

前回のPart1は“大千穐楽”という事もあって、遠征組も多く、熾烈なチケット争奪戦のうえ、補助席、立見席…と観客も興行主も大変な騒ぎでした~。 今回は翌4~5月に新橋演舞場にて2ヶ月の凱旋公演が控えていましたので、パニックにはならなかったようですが…それでも、連日大入りのようでした。 昨年末より体調を崩されていた段四郎さんの代役で金田龍之介さんが登場。 戦う女形・武旦はこの公演よりWキャストとなりました♪
平成15年には新橋演舞場でPart3が2ヶ月間上演され、その後すぐに博多座へ登場します! なんか… スゴイぞ博多座!

一幕

新橋演舞場で5月に観ていたのですが、その後、御園座~松竹座と経て、かなり演出が変わっていて楽しめました♪ 特に初見では今イチそのキャラクターに馴染めなかった笑三郎さん@ 祝融は“恋する乙女”色が強くなって、かわいらしくなっていた事に驚きました! 寝所で孔明に拒否されて、ふくれっつらで足をブラブラさせるだなんて(*o*) 博多座公演では、祝融に対する客席の反応ってスゴク良かったと思います。 九州女と気質が似ているのでしょうか♪ 戦う女形・武旦は今公演から沙立金くんに加えて馬笑くんがWキャストとして加わりました。 シャープな沙くんと柔らかい感じの馬くん、さすがの立ち廻りで圧倒されました! !

二幕

『泣いて馬謖を斬る』にふさわしい、孔明の愛弟子・馬謖の演出になっていました♪ 功を急ぐあまりに惨敗する前は、特に目立った活躍もなく「そこまで号泣しながら斬るような武将なの?」と疑問を感じていましたがこれにて解決! 一幕でも、敵軍や戦法を孔明に進言する場面 が増え、孔明との師弟関係も解りやすくなっていました。 初めての大役を立派に果そうと、一人いきがる様子は◎だったけど、猿也さん@王平とは、ただ仲が悪いようにしか見えなかったのは残念! 処刑のシーンは特に変化はなかったけれど、処刑台に立って振り返りセリ上がって行く所の表情は◎ “星になる”にふさわしい、まるで悟りを開いた僧のような感じでした。
そして…馬謖を失った猿之助さん@孔明の心の痛み・苦しみがとても増していて、心を打たれました。

三幕

歌六さん@関平の、死を覚悟したセリフに泣けました…(T-T)  今年2月の松竹座から私の中で歌六さん、赤丸急上昇!なんです(*^-^*)  天水城での本水を使っての立ち廻りも、全身全霊の気迫がスゴクて感動しました! でも、亀治郎さん@安仁は気合いが入っている時とそうでナイ時の差が激しくて、観ていてとても残念だったな…。 孔明の命がつきる“五丈原”での夕日 ~夕暮れは「博多座が一番キレイ!」でしょう、多分!と思うほど♪ バックスクリーンに映し出されたその鮮やかな色から日の落ちる様までの色の変化がなんとも自然で美しかったです。

関連記事

博多座おぼえ書き

天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~【博多座】

映画は2まで観てる好きな作品だれど、2014年のミュージカル舞台日本初演の時はワイドショーでに「モリ

記事を読む

博多座おぼえ書き

女たちの忠臣蔵【博多座】

橋田壽賀子と石井ふく子! この二人の強力タッグは“日本人のDNAに訴える何か強大な技”を持っているに

記事を読む

博多座おぼえ書き

マリー・アントワネット【博多座】

2006年の初演時『東宝製作の新作ミュージカルをミヒャエル・クンツェ×シルヴェスター・リーヴァイで!

記事を読む

博多座おぼえ書き

レ・ミゼラブル(吉原×川口)【博多座】

博多座でのレミゼ公演は2004年、2007年、そして今年で3回目。 新演出の上演は初めてです。 映

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・仮名手本忠臣蔵(昼の部)【博多座】

博多座文楽公演は今年で3回目となり、公演数も1日増えて3日間。 初の昼夜通し上演という試みで、浄瑠璃

記事を読む

博多座おぼえ書き

熱血!ブラバン少女。【博多座】

博多座版「めんたいぴりり」は残念ながら観劇出来なかったので(TVドラマも未)、私、今舞台が博多華丸さ

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座文楽公演・昼の部【博多座】

公演3日目。 この後の夜の部で早くも千穐楽となった博多座文楽公演。 今回のトータルの入りは…どうだっ

記事を読む

博多座おぼえ書き

博多座【2000年公演】観劇記録

博多座での歌舞伎公演に関しては開場当初から、観劇記録を自分のサーバ内に残していたものの、その他の公演

記事を読む

博多座おぼえ書き

二月大歌舞伎・夜の部【博多座】

良弁杉由来 またまた人間国宝に対して大変失礼ながら「鴈治郎さん、ウマイっ!」そう言わずにはいられま

記事を読む

博多座おぼえ書き

六月博多座大歌舞伎・昼の部【博多座】

双蝶々曲輪日記 角力場です。 染五郎さん@濡髪長五郎vs愛之助さん@山崎屋与五郎/放駒長吉。 線の

記事を読む

    • 2020 (3)
    • 2019 (11)
    • 2018 (18)
    • 2017 (36)
    • 2016 (21)
    • 2015 (19)
    • 2014 (59)
    • 2013 (19)
    • 2012 (27)
    • 2011 (30)
    • 2010 (32)
    • 2009 (28)
    • 2008 (64)
    • 2007 (71)
    • 2006 (49)
    • 2005 (59)
    • 2004 (47)
    • 2003 (10)
    • 2002 (18)
    • 2001 (15)
    • 2000 (4)
    • 1999 (1)
  • 博多座文楽公演(3・4日)

    ●昼の部/11:00〜13:40
    ●夜の部/16:00〜18:10

  • akko-3(あっこさん)
    歌舞伎・ミュージカルを中心に舞台観劇好きな福岡市民でリゾートダイバー
    詳細はコチラ
PAGE TOP ↑